ズワイガニの旬おいしい【食べ方】タレ料理法紹介


「カニっカニっズワイガニぃ~カニッカニッカニィ~♪」と某ピザメーカーなどでもズワイガニ使用のピザが発売されたり「動くカニ看板」でおなじみのカニ道楽もズワイガニ。 上品で甘みがある肉質と身入り・味共に良いカニと言うと最も口にする機会が多いカニがズワイガニです。

【日本エレキテル連合】ズワイガニの食べ方 カニスプーン代りにアレを使う!

年末年始にズワイガニを食べたい方が一番おいしくズワイガニを頂けるように

・【ズワイガニ】の旬はいつ?通販、お店、おいしいカニの買い方・選び方は?
・ズワイガニのゆで方・解凍の仕方

をご紹介します

Sponsored Link

【ズワイガニ】の旬はいつ?通販、お店、おいしいカニの買い方・選び方は?

おいしいズワイガニを買うなら少しズワイガニの事を知らなければいけません

漁地・・・日本海側
季節・・・10月1日~翌年5月31日(新潟県以北)
11月6日~翌年1月10日(雌・富山県以西)11月6日~翌年3月20日(雄)
4~5月(北海道、オホーツク海)

漁地が広いズワイガニは嬉しい事に産地を変えれば夏場をのぞく3シーズン旬と言えます。各地域でズワイガニはとれ「松葉ガニ」「越前ガニ」「間人ガニ」と呼び名が変わります、が!これら全て同じズワイガニで【高級ブランドガニ】として珍重されています。 同じズワイガニでも【生まれ育ちが違います】ということで差別化をはかるタメでしょう。

ちなみにズワイガニの漁獲高は

第1位 – 境漁港(鳥取県)・・・松葉ガニ
第2位 – 香住漁港(兵庫県)・・・松葉ガニ
第3位 – 岩崎漁港(青森県)
第4位 – 能生漁港(新潟県)
第5位 – 越前漁港(福井県)・・・越前ガニ、せいこがに

大人のオスをズワイガニと呼び、 メスはセコガニ 、セイコガニ、コウバクガニ、コウバコガニなどと呼ばれます。北海道では「ズワイガニのメス」と単純に呼びます。
オスは甲幅約15センチ程度、メスは約8センチ程度です。

鳥取県はズワイガニの旬に合わせて「最盛期を迎える来年2月まで蟹鳥県に改名だ」とPRしていましたが「県民にドン引きされています」という噂もチラホラありました。 ちなみに著者は10月に島根旅行に行き宿で松葉ガニを頂きましたが、昨年の冷凍ものだったのか?あまり美味しくはありませんでした。

140930_1833
カニ脚のみパサパサで美味しくなくされて、カニかわいそう;と思いつつ完食

ズワイガニの選び方

身入りの良し悪し重みがあり、腹と甲羅の幅が広く厚みがある(胸板が厚い)甲羅が硬い→柔らかく弾力があると脱皮後で身が痩せていることもある

カニの色→腹の色が、あめ色・茶色は身の詰まったカニで、腹が白いのは見た目は良くとも、身がつまっていない事が多いです。

爪が大きい!→爪が大きいカニは、成長しきったカニで、これ以上脱皮はしません。身が詰まってます。

国産は脚長、輸入物は短脚→日本海で獲れるものは脚が長く黄褐色。オスの脚を広げると70~80㎝もの大きさになります。輸入モノも悪くはありませんが国産にこだわるなら覚えておいた方が良いかもしれません。

爪の大きいカニを選ぶ→爪が大きいカニは、成長しきったカニで身が詰まってます。

黒いツブツブがついたカニ→甲羅によく付着している黒いつぶつぶはカニビルの卵で、ヒルの一種でカニに対しては硬い甲羅の上を産卵場所にしているのです(カニそのものには寄生しないので品質に問題はないです)逆にこれが付着しているカニは脱皮後の時間が長い「元気なカニ」で、たっぷり身入りしている目安になります。キモチ悪いですがこれが付いたものを選ぶと良いです。日本海産のものには沢山付いていることが多く、ロシア産などにはあまりついていない傾向にあります。
 

紅ズワイガニやセコガ二(メス)と間違えない

紅ズワイガニ・・・松葉がにと似ていても「見た目も小型で身の入り方がスワイガニにより少なく、水分が多い」のが特徴で茹でる前から色が赤っぽい事から“紅ずわい”と呼ばれています。(紅くて小さいズワイガニだけど違う!)身が少ないので値段も安いのです。
食べ比べてしてみると「甘さ、身の締り、水っぽさ、パサパサ感」で味の差を感じるといいます。また紅ズワイガニのカニみそは固まりにくいので茹でた際、流れ出てしまうとか。(贈答用に向かない)シーズンに海産物土産店などで、茹で蟹が安く売られているのは紅ズワイガニが多いです。
ところが!ズワイガニと紅ズワイガニの両方の特徴を持った「ハイブリット種」カニがロシアでも日本海にも水揚げされています。見た目には、形はズワイカニで、色は紅ズワイガニと同じように紅色で非常に美味しいらしいです。

Sponsored Link

ズワイガニの美味しい食べ方・解凍の仕方

ズワイガニは身がしっかりしまって繊細かつ味わいも深く、とても美味しいカニです。 ボイルだけじゃなくしゃぶしゃぶ用にカットされていたりもしますが、冒頭にも「カニピザ」の例がある通りズワイガニは他の種類のカニより料理の具材として幅広く使えるカニなのです。 一般的な「カニクリームコロッケ」もズワイガニ。他サラダ、パスタ、グラタン、シューマイ、チャーハン、チラシ寿司など食べ方のバリエーション豊富なカニだとも言えます。
英語でタラバガニはキングクラブ、ズワイガニはクイーンクラブと呼ばれるのも納得いきます。

酢醤油がポン酢以外のタレは?
カニ酢・・・砂糖・酢・醤油・みりん・酒・昆布だしを沸騰させたものです。
カニ酢+柚子胡椒や柑橘系の皮
ほかポン酢やレモン汁少々ゆず胡椒、塩のみ
「土佐酢・すし酢」濃すぎるなら水とレモン汁で少し薄める。

基本味がしっかりしているズワイガニなので「ちょっとサッパリ」が適当なのでしょうが、料理の幅が広いズワイガニは「ねぎ味噌にラー油」「ゴマダレ」「マヨネーズ」「コチュジャン」などいろいろ冒険できるカニです。
カニみそ自体をカニの身のタレとして使うのも良いでしょう。カニみそに酒や味噌を少し加えて煮詰めて、カニタレとしてもそのまま酒の肴にもイケます。


カニしゃぶのダシとタレ

そしてズワイガニの場合、もし「訳ありズワイガニ」で「確かにワケありだった・・・;」というお味でも料理の一つの材料として十分使えます。

ズワイガニのおいしい食べかた
カニてんぷら・・・衣を薄めに温度は高めにサッと揚げる(風味を損ないにくい)
焼きガニ・・・殻を一部つけたまま身をサッと焼く。醤油、バター焼き(カニとバターは最高の組み合わせです)
カニみそ・・・殻に入った状態でかにみそに溶けるチーズを乗せてオーブンやトースターで焼けば濃厚グラタン風にできます。
爪先や細い部分・・・殻をむいて食べるのがむずかしい場所は「鍋物や汁物の出汁」として使いましょう。カニ鍋のシメのおじやはサイコーと言いますが鍋にせずともスープを撮って食べ切りましょう。
カニの刺身 ・・・生冷凍のカニで刺身もありますが「食あたりの可能性」もぬぐいきれませんのでカニの素人ならやめたほうが無難です。ネット通販ではなかなか流通が大変なので「活カニ」はほとんど売られていません。 一般にも、カニ刺し用カニはスーパーや百貨店、ネット販売でも売られていないのが現状です。

カニの解凍の仕方
毛ガニのゆで方・解凍の仕方・おいしい食べ方

基本的には冷蔵庫でゆっくり解凍で、他の種類のカニと同様です。解凍の際あまりとけ過ぎてしまうと出て来た水分の中にカニのうま味も溶けだしてしまいますからそのままカニ酢などで頂くなら、半解凍くらいで食べても良いでしょう。

北から南といろんなズワイガニはいても、みんな同じズワイガニ


Sponsored Link


関連記事&特集記事


関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ