花咲ガニ旬は?ネット・通販・お店どこがお得


生きている時は真っ黒だけど、茹でたら「鮮やかな朱色」に変わる事から【花咲】とかわいい名が付いているのが花咲ガニです。
甲羅は逆ハート型で、かなりトゲトゲしています。「カニ」ですけど本当は「ヤドカリ科」の仲間に分類されます。
花咲ガニは希少なカニで全体の数割しかとれません。北海道のえりも岬から納沙布岬にかけての太平洋と根室半島北側のオホーツク海に分布し、沿岸近くの浅みに生息しますがロシアからの輸入物も入ってきます。

北海道の端っこの端っこ、最東端にあたる地ですので花咲ガニに対する思いは熱いです。

「根室カニ祭り」という市をあげてのカニ祭りもあり、本当においしい旬の花咲ガニはこのような機会に行くのが良いのでしょうがなかなかそれも難しいですのでこちらでは

【花咲ガニ】の旬はいつ?おいしいカニの選び方は?
【花咲ガニ】の選び方、通販、お店、どこで買う?

Sponsored Link

【花咲ガニ】の旬はいつ?おいしいカニの選び方は?

漁地/旬(漁期)・・・釧路/3月15から7月31日、根室/7月から9月
タラバガニ科/全長 雄:甲長8cm以上、雌:11.5cm以上
(※漁獲サイズ)

花咲ガニは基本販売数量が少ない「まぼろしのカニ」花咲蟹を食べるツアーがあるほど人気の蟹です!
というのはかつての乱獲により激減してしまったので捕獲制限がかかり漁ができる期間も限定されました。また【甲長8cmを越えるオスのみ】の漁です。通販などで売られているメスの【子持ち花咲ガニ】の存在は謎です。身自体はオスの方が美味しいと言われています。花咲ガニ雌「子持ち 内子 外子付き」とうたっているものも沢山ありますが、基本メスは産卵のため卵に栄養がとられ身が痩せますので、卵重視ならメスが良いでしょうがオスメス食べ比べると違いが良く分かると言われます。
年末年始は残念ながら花咲ガニは旬の季節ではないので、購入するにしても冷凍ものになるか、ロシアから輸入された物です。やはり絶対数が少ないので価格はお高めです。

花咲ガニは昆布やサンゴ藻科のピリヒバを食べていると考えられるベジタリアン、雑食じゃないところが安心かつ高感度の高いカニです。地方では別名コンブガニ、イソガニとも言われます。その割に花咲ガニ自体の味は、身の濃厚で油分がありエビのような独特な風味も感じます(ヤドカリ科ですので)脚の肉が太く身も多く食べごたえはたっぷりです。刺身など生で食べる場合は油分に加え、独特の甘い香気があるため大振りの花咲ガニをいただくなら、加熱した塩焼、塩茹、脚のぶつ切りを味噌汁に入れた「鉄砲汁」などのほうが飽きずに間食することができるといわれます。

Sponsored Link

花咲ガニの選び方、通販、お店、どこで買う?

ネットショッピングで花咲ガニを購入する際、チェックするポイントは【重さと値段の比較】です。

「わけあり商品」として安さをうたっているお店は沢山ありますが、価格重視なら「単なる見た目の問題」は気にならないという方も多いでしょう。一番重要なのは味です。花咲ガニはなかなか手に入りにくいカニですから、旬じゃない時期なら冷凍解凍を繰り返した可能性もあります。ネットショップ各店を比べて「メカタの割に安い」お店は著者個人は避けたいと判断します。
とはいっても、どんなカニでも甲羅の重さも含めて「~㎏」で販売されているのですから、実際食べられる量は表示されている重さよりも少ないという事を考えると、食べたい量を考えるとある程度の金額がかかることは覚悟が必要です。

【購入者レビュー】良い内容のレビューとリピーターが多い
【漁地に店舗がある】店舗を構えていて、尚且つ通販を行っていればルートのしっかりしたカニが期待できます
【入荷時期】鮮度が分かる入荷時期も記載されていれば良店でしょう
【重さ】「ボイル済み急速冷凍発送」が多いですが、カニはボイルすると1割~3割ほど軽くなります。良心的なショップは「ボイル済み後計測」と表記しています。

テレビショッピングで紹介したカニは?

家電製品などは「今ならお買い得!」と元気よく宣伝しているテレビショッピングですが、テレビショッピングで売っているものは大抵ネット通販でも買うことができ、家電においては下手したら昨シーズンの商品だったりします。ですが食品に関してはさすがに古い商品などの粗悪な商品は出せません。何より信頼を失うわけにはいきませんから、そういった意味での安心感はありますよね。

店頭なら?

北海道観光土産でもらった花咲ガニが「しょっぱすぎて猫も食べない♯」
猫にカニは厳禁ですが、食べてがっかりなんてことも時にはあります。観光地や店頭で「カニを購入したい」と思われるならある程度はカニの善し悪しは知っておくのが賢い買い方です。

港や市場などの鮮魚店でも「業者を通す」などしないと良いカニが仕入れられず、サイズや種類なども限られてしまいます。蟹専門店か蟹をメインで扱っている店、そして営業年数が長いお店が安心できます。

【蟹の産地が表記】・・・雄雌の表記もあれば尚良いです
【蟹を自分で選べる」・・・重さが表記されていないなら身の詰まっている重たいカニを選びましょう。またカニ専門店なら「腹側を見せて」並べています(ミソが台無しにならないため)
【蟹の腹を見せて並べている店】・・・ 通常蟹のお腹は白ではなく黄ばんでいます
【甲羅の突起が尖っている】・・・身がぎっしり詰まっている可能性が高いと言われています

安くておいしい花咲ガニが欲しいのが消費者心ですが、よい花咲ガニはやはりそれなりにお値段も付く心構えが必要かもしれませんね

貴重な花咲ガニには思い切りが必要


Sponsored Link


関連記事&特集記事


関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ