新宿御苑お花見【攻略法】お酒・飲食・お弁当は?


都内でお花見で【一番アクセスが良い】のが
今回紹介する 新宿御苑 です!

都内最大級の規模1100本の桜、毎年沢山の花見客が訪れます。

また新宿御苑は当初、皇室の庭園として造られた環境省管轄の国立公園です。諸々の禁止事項がありますがそれが故に安全で穏やかに桜をめでることのできる優良なお花見会場が新宿御苑です。しかし、それゆえ・・

規制が厳しいことでも有名!

Σ(゚Д゚;) エッ!

知識不足が原因で、残念なお花見になる方も多いのです。
そのため今回こちらでは、新宿御苑でのお花見体験談を踏まえ・・

新宿御苑のお花見を楽しむための【攻略法?】

・・をお伝えいたします。

まずは、外人さんが園内をご案内・・

Sponsored Link

「新宿御苑でお花見」おすすめポイント


①都内最大級の桜の本数【約1100本】

これは立川になる国営昭和記念公園(約1500本)に次ぐ2番目の多さです。つまり何かしらの桜は咲いているので【いつ言ってもほぼハズレなし】なのが最大の魅力です。

②お花見の場所取りに困らない

新宿御苑は場所取りで残念な思いはしません。

土日は一挙に人数が増え、1日に8万人を超える事もありますが、断然都内の他のお花見スポットに比べれば「楽なことこの上ない」です。著者はお昼の11時くらいに行きました入口で並んだぐらいで、中に入れば普通に場所取り出来ました。

なぜならば【広くて清潔】だからです。広さ58.3ha、周囲3.5km東京ドーム12個分です(笑) 「桜の真下」の場所が取れなかったとしてもあちらこちらの桜をめでる事ができますし、ついで言うと【1か所にじっとしているのがもったいない】のです。

著者お勧めは桜以外にも次々に咲き乱れる花たちを見に、花見弁当を食べたら「お花見散策」です。
とても穏やかで気分がイイですよ~♪

③ほぼ手ぶらでOK!【お花見弁当】は近所の百貨店がおすすめ!

新宿御苑は駅で言うと丸ノ内線【新宿御苑前】もしくは都営新宿線【新宿三丁目】下車です。

ここは大都会新宿、名だたる高級百貨店がひしめき合い腕をしのぎあっていますから、なにも手作り弁当は持参する必要はありません。だってすっごくおいしいんですから!!

この季節になると、各百貨店食品売り場も「お花見弁当」を販売しています。著者は新宿伊勢丹の「なだ万弁当」を購入しました。


 
んま~おいしー事おいしー事(●^o^●) 

まさに「美味っ!」という言葉にふさわしい、塩っぱくないのにしっかりお味が染みた上品なお味に幸せになりました。どんなに彼氏の為に早起きしてお弁当作っても素人は絶対叶いませんから、お好きなお弁当を近所の百貨店で購入される事をお勧めします。

ちなみに伊勢丹では華やかな「お花見弁当」も用意されていました。

Sponsored Link

新宿御苑の注意事項

新宿御苑は見方によっては「しばりが厳しい」かもしれない禁止事項が多い公園です。

飲酒の禁止(入園時にチェック)
楽器など演奏禁止
遊具類使用禁止
ペット禁止
禁煙(火気使用禁止) 
他、テント、パラソル、アウトドア用品の設置は禁止(ピクニックシートはOK)

 
・・などです。

お酒好きには持ち込み禁止というのが痛いかもしれませんね。もちろんルールを大幅に破る人など皆無です。(こっそり飲んでるかも?と言う人も?)
だからこそ「安全にゆったりとお花見したい」方には一番お勧めのお花見スポットです。

日焼けと寒さ対策

広すぎて日陰が少ない新宿御苑、お弁当は現地調達でも【日焼け止めと日傘】は女性なら必ず持っていく事をお勧めします。絶対日陰を確保したい方は、開園時間の9時前から並びましょう。

また、16時近くなると結構寒くなりますのでギリギリまでいる予定の方は寒さ対策の服も持参した方が良いでしょう。
トイレは少々混雑しますので「お手洗いが近い方」は事前の確認をお勧めします。

新宿御苑お花見/お出かけ前の注意事項

事前の確認事項
     
    アクセス:丸ノ内線【新宿御苑前】
    都営新宿線【新宿三丁目】下車
    営業時間:9~16時(16:30閉園)
    (3月25日から4月24日までの間は月曜日も開園)
    入場料:大人200円、中学生以下無料
    駐車場:200台(3時間500円以降100円/30分)
    みごろ:桜の種類により異なる
    2月~3月中旬 …カンザクラ、寒緋桜
    3月下旬~4月中旬 …ソメイヨシノ、枝垂れ桜
    ~4月下旬 … 八重桜などが見頃
    ※他にも【計65種の桜】が植えられています。

 
桜では八重桜(個人的には”ボテボテの桜”)が一番好きで4月中旬からが、新宿御苑のベストシーズン。八重桜種の桜たちが満開になりますが、世の中は新入学や就職などで忙しくなるので昼間しか開いていない新宿御苑はお日取り次第ではかなり余裕でお花見できます。

また、土日でもお昼少し前10:30~11:30くらいまでに入るのが良いでしょう。場所取りでそんなに躍起にならなくても「そこそこいい場所」が取れるのがこれくらいの時間です。

入場する時、混雑はします。行く時間帯次第では入口で並ぶ事もありますが、せいぜい10分ぐらいです。

恋の出会いはありません(期待薄)・・(><)

新宿御苑の特徴でしょうか?最寄駅が都営新宿線新宿3丁目だけあり、新宿2丁目のセクシャルマイノリティな人の店の近くです。

勝手なイメージですが「夜に活動する方々」と思っていたのですが2,30人単位の集団でお花見に来ます。

皆さんガチムチだったりガチポ、ぽっちゃりと大きい方が多いイメージでしたが、大きいからか?みなさんぴったりめの服を着ている印象で見たらすぐわかります。芸の方なんかはオシャレな人が多いので「あら男前っ!(*^^*)」と思ってもそちらの方だったりするので「あんだよっチッ」です。

だいたい、カップルや家族単位で来ているので出会いはあまり望めそうになりのが新宿御苑です。

※うっかり持参物の忘れものをなくすために、下記の「お花見の際の持ち物チェック」をしておくとよいでしょう。

お花見の【持ち物】チェックリスト一覧で万全!


お花見を静かに楽しみたい人には
ハズレのない新宿御苑のお花見がおすすめ!


Sponsored Link


関連記事&特集記事


関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ