母の日のプレゼント【50代】お母さんが本当に欲しいモノ・おすすめは?


50代のお母さんと言うと昭和31年~昭和40年産まれです。
50代後半の方と半ば、前半の方で感覚に大差が出やすいのが50代です。

50dai

バブル世代とは言われますが、たっぷり恩恵を受けた方もいれば、そうでない方もいますしプレゼントする側の子供の年齢の幅も学生からもう孫がいるお母さんもいるでしょう。

日頃よく知っているつもりのお母さんですが、いざプレゼントとなると難しいもの。

こちらでは・・

~~目次~~~~~~~~~~~~~~~
50代お母さんの「母の日」プレゼント本音とは?
50代のお母さんが喜んでくれそうな母の日のプレゼント
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Sponsored Link

50代お母さんの「母の日」プレゼント本音とは?

50代になり共通しているのは「余裕がある」という事

自分の時間を楽しんだり、金銭的・物質的にも余裕ができています。ですが少しずつ体調の変化も気になりだす年ごろです。つまり・・

「趣味や好みが確定している」
「体にガタがきている」
「忙しい」
という点です。

お母さんって何かしてあげても、それに対して「更に上回るお返しをしてくる」特徴があります。
「気持ちが一番うれしいのよ」というのが100%本音とも思えないとあるご意見では

もらうなら、美味しいお菓子や果物が良いです
美味しいコーヒー豆か紅茶か緑茶
いつも使っているSK2の化粧品なら間違いなく嬉しい
ストッキング、タイツなど消耗品系で高級感のあるもの
50代ですから若い人の流行と一緒にはなりませんが、他の50代とは異なる個性的な装いをしたい
まつげエクステとかチャレンジしたい
最近できたおいしいお店で料理とか
仕事で一日中パソコン見てるので、目の疲れを癒すもの、アイマスクとか、上質ブルーベリー。
ババくさくないモノ

 
また、次のようなご意見もきかれます・・

【50代の兼業主婦なら大抵のものはあります。】
【正直5,000円位の物で嬉しい物って見いだせない…】

Σ(゚д゚lll) ガーン!

『お金もあるし、好みも決まっているから中途半端なものをもらってもね・・・』
という心の声があるようです。

確かに、母の日のプレゼントの予算は平均3000~5000円

プレゼントする側がもう働いていたら1万前後のプレゼントもあり得るでしょうが、それにしてもつまらないモノでは差ほど喜んでもいないという現実がかいま見れました。

だからギフト屋さんでの母の日のプレゼントはお菓子やカーネーションの花かご押しだったり「家族みんなで食事がうれしい」という気持ちや行動など「一緒に過ごす時間」の方が嬉しいということなのかもしれません。。

Sponsored Link

50代のお母さんが喜んでくれそうな母の日のプレゼント

共に過ごす時間がないなら、やはり気持ちを伝えるためにもなにかプレゼントを用意したいものです。
予算が限られているなら、その価格で買える【上質なモノ】がお勧めです。

日常使いでは1000円しないストッキング。でも消耗品だからそう高い値段のモノも買いません。ですがプレゼントでいつもの倍の値段の高級ストッキングなら「あら!ちょっとイイもの頂いたわ(^∇^)」となります。

スイーツやお惣菜、お酒「ちょっとイイもの」路線で
「高級食材をふんだんに使ったお惣菜」「超高級のパン」「一流パティシエのスイーツ」「高級コーヒー」「高いワイン」など

美容健康系グッズ
目が疲れる、肩がこる、腰が痛いなど、40代後半から50代前半は更年期障害も発生しやすい年頃ですので何かと体調を崩しやすいという点があります。
バリバリの健康グッズだと上記にもある「ババ臭いもの」にあたりますので、美容的要素の強い健康グッズはいかがでしょうか?

便利な小物
若い人の方が先取して使う便利ですぐ使える小物は重宝がられます。またスマホやパソコンはそこそこ使いこなせても便利グッズまでは手を出さない人は多いでしょう。
メガネケースかさばらない化粧ポーチエプロン

家にあるモノを新品に入れ替える
家にある小物で「そろそろくたびれて来た」「古くなってきた」物は使用している当人はあまり気がつかないモノです。「コレがあれば便利なのに」「もっとキレイなもの使えばいいのに」と思っても壊れている訳じゃないから取り買えていない物をプレゼントしてはいかがでしょうか?
例 お風呂グッズ、ゴミ箱、鍋やフライパン・やかんなど調理器具など

義母さんの好みがわからない人には・・・

離れて暮らしている、義母さんなどは好みがわからず結局無難に終わるモノです。それでも良いのでしょうがやはり渡したプレゼントに喜んでくれたらこちらも嬉しいモノです。
義母さんには「これを渡したら失礼にあたるかも?」「何が喜んでくれるかわからない」と考え過ぎて迷宮にはまりがちです。

50代の女性は「まだまだ新しい情報や社会と繋がりたい」意識が前後の40代・60代より強い傾向があります。ですので最新スイーツを食べられるお店や20代の子が当たり前にしている美容(まつ毛エクステ、ネイル)など「やってみたいけど(年齢的な)敷居が高くて・・・」という方も多いモノです。
日頃の会話からどんな事に興味があるのか?を知り体験型で誘って観るというのも喜ばれます。

以上の事から【ちょっと高価なモノ】【趣味・好み・健康美容系】【便利ですぐに使えるモノ】が単純に喜ばれるものではないか?思われます。


50代のお母さんには高級志向でプライドをくすぐるモノ


Sponsored Link


関連記事と広告


関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ