母の日のプレゼント【70代】お母さんが欲しいモノは?


お母さんが70代ともなると、子供も結構な大人ですし親の健康も気になりだしてくる頃
そんなお母さんにこそ感謝の気持ちで母の日のプレゼントをすると「やりごたえがある」反応が返ってきやすいのが70代のお母さんです。

 
ここ数年高齢ともなると考えるようになるのが【終活】もう物欲もなくなり「そろそろ人生の後始末でも・・・」と考え準備もし出す年ごろになります。だからこそ「子供の優しさがうれしい」と深く感じ取るのが70代のお母さんです。

こちらでは
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
70代の母の日にお母さんが欲しいモノとは?
70代のお母さんへ伝えるべき気持ちとは?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
をご紹介します
 

Sponsored Link

70代の母の日にお母さんが欲しいモノとは?

 

魚が好きでもたまには高級カレーでも

手間いらずの高級食材・・・主婦歴ウン十年、もうなんでも出来て当たり前だけど、その面倒臭さも十分承知「手間暇かからず買った方が早いし楽」と割り切っている世代です。したがってくれるなら「開けたらすぐ使える」「すぐ食べれる」など手間暇を省略できるモノが喜ばれます。
例:高級缶詰、高級レトルト食品、切ってある新巻鮭やカニ、ちょっとリッチな梅干しや塩昆布


70代こそ似合うラベンダー色

日常使いのあったかい小物など
70代くらいの女性になると何かにつけて冷えのお悩みが増えてきますから「あったかくしていれば安心」という気持ちも深まります。お母さんのオシャレ度合いにもよりますが、無難な所ではショールやストール、靴下などは沢山あっても邪魔にはなりません。また、家で過ごす時にちょっと1枚羽織りたい時用の高機能なベストなども


必殺1孫の写真

孫がかわいいなら孫からのプレゼント

祖父母と孫の関係性にもよりますが、お母さんが孫であるお子さんの事を可愛がってくれているなら
・孫から電話をかけさせる
・孫から「ボク・ワタシが選んだもの!」をプレゼントする。この場合どんなものでも「孫が選んでくれた♪」と自慢アイテムになります。
・フォトフレームやメールでも孫の写真をプレゼントする
 は王道でしょう。

一緒に食事や旅行

実の所、親自身が出歩く事を好むのは人により70代までです。よほどバイタリティや元気がないと体力的に自信がなくなるので、あまり遠方への旅行は正直行きたがらなくなります。近場の温泉に1泊2日で旅行や、ちょっとイイ料理屋さんで食事会など要は【思い出に残る事】ですがそれがとても親は嬉しいモノです。

70代のお母さんに伝えるべき気持ちとは?

「母さん朝から押してないー♪」
「忘れたのかい?今日は墓参りぃ~♪」

という歌のCMなんとなく目にした事があるでしょう。水戸黄門の時間帯にやっていたあのポットのCM、正式な名前は象印「みまもりほっとライン i-PoT」です。

親は「大丈夫!一人が気楽」とは言っても高齢の親と離れて住んでいるとやはり親の安否が気になるものです。「何かあった時用にこれを使ってみない?」とお母さんに提案してみるのはいかがでしょうか?

「ポットを使ったら、こちらにお知らせが入る」という概要はなんとなくCMで知っている人も多いと思います。実はこちらレンタルのポットなのです。初期契約料5,000円(税別)、月々3,000円(税別)の利用料と少々お高めではありますがこれの優れている所は
・ポットが日本で使用なら海外でもお知らせを受け取れる
・最大3名までお知らせを受け取れる(オプション+100円)

あくまでも親の安否を「さりげなく確認」するためのものですので実際何かあった時の緊急対策は考えておかなければなりません。ですがこのポットの存在自体が「子供が自分の事を心配してくれている」という物証になります。例え「メンドクサイわぁ」と言われても嬉しくないお母さんはいないと思います。
こちらの商品の話題をするだけでもお母さんは喜んでくれると思いますよ。

Sponsored Link

 

親へのプレゼントは、感覚の違いから「何が欲しいかわからない」迷宮におちいるモノです。
成功例として、姉が実母が好きな冬季限定ラミーチョコレートを箱買い3ダースプレゼントした所大喜び。自分も好きだけど友達の多い母は「人にも配れる」と喜んで管理人宅にも送ってきました(?_?;)
お母さんでも義母さんでも「人となり」を観察していたら高価なものじゃなくても大喜びしてくれる事もあります。日頃のコミュニケーションがやはり一番の感謝の気持ちにつながるという事ですね。

「モノより思い出・思いやり」


Sponsored Link


関連記事と広告


関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ