【もてぎ花火大会】夏冬の日程と渋滞・口コミ情報


もてぎ」の花火大会!

花火というと夏の風物詩ですが、ここ近年はすごーく早く始まったり、冬に開催されたりと花火にも季節感がなくなってきました。


 
【ツインリンクもてぎ】では今年は夏と冬にビックな【花火の祭典】が開催されます。

全国各地の花火大会で入賞歴を持つ老舗煙火店「菊屋小幡花火店」というエリート花火屋さんが土浦全国花火競技大会で内閣総理大臣賞に輝いた地元の名門野村花火工業が織りだす花火
一言で言うと「劇場にいるような迫力と一体感」(どんなのだぁっ?)

管理人もレース場での花火大会に言った事がありますが、本当に真上で花火が降ってくるのです。

絶対見逃す事がない大輪の花ですので、スゴイ事スゴイ事。上ばかり見て首が間違いなく痛くなるほど釘づけになります。花火以外にもイベントが沢山ありますので、お近くの方はぜひ行きたいのがもてぎの【花火の祭典】なのです。

こちらでは
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【もてぎ花火の祭典】2016夏・冬の日程
【もてぎ花火の祭典】見どころとは?
【ツインリンクもてぎ】渋滞は覚悟?対策はどうする?
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
をご紹介します。

Sponsored Link

【もてぎ花火の祭典】2016夏・冬の日程

花火の祭典“夏”
2016年8月14日(日)19:30~20:15
前売券販売開始日5月21日(土)~8月13日(土)


 
花火の祭典“冬”
2017年1月2日(月・振替休日)
前売券販売開始日10月24日ごろ 
 


 

入場・駐車料
前売り券(自由席):大人2600円、子供700円
当日券:大人~高校生3100円、中学生以下700円
駐車料:車2000円、2F500円 などその他指定席チケット情報

※イベント・レース開催期間中レースを観戦されない方は、1台分の駐車料金で乗車定員人数までご入場いただけます。
※花火の祭典の開催期間は「駐車料+花火観覧券」が必要になります。
 
ツインクルリンクもてぎはとても広いので指定席もたくさんあります。高額でも人気の場所は早く売り切れたりしますが、割と高額なので残チケットもぎりぎりまであります。

Sponsored Link

【もてぎ花火の祭典】見どころとは?


 

【ツインリンクもてぎ】はレーシングカーレースなどが行われるサーキット場です。

花火大会で有料はちょっと・・・と思うものの【ツインリンクもてぎ】で花火を見た方は皆さんかなりの好感触!
・花火が滅茶苦茶近い。
・ここを見てからは他がつまらなくなってしまいました
・サーキット内で打ち上げる花火を座席から間近で見上げる迫力は他にない
・無駄なアナウンスや間隔もなく、選曲もなかなか素敵。
・お金はかかるケド、その数十倍の価値がある花火大会だと思います♪
・北関東の中でもトップクラスの花火です!

と、まるで仕込みの人が書いたような高レビューばかりです。花火開始までサーキット内で様々なイベントや広大なサーキット場を中心に子供が遊べる森やオートキャンプ場、遊園地のようなエリア、と大人も楽しめるホンダコレクションホールなどがありますので飽きずに待てるのも嬉しいです。ご家族連れやカップルの方は丸一日楽しめます。

また、管理人が行ったレース場での花火大会は本当に真下すぎて花火の灰が降ってきました。汚れると言うほどでもありませんが結構な量でしたので、気になる方はウエットテッシュ持参でも良いかもしれません。
 
 

【ツインリンクもてぎ】渋滞は覚悟?対策はどうする?


 
この花火の祭典・・・一番の問題は行き帰りの車の渋滞です。

花火の昨年の人出は1万1千人ですからかなりの数の車。一般道へ出るだけで小一時間はスムーズな方だと言われます。

 
対策として・・・

ループバスは利用する
駐車場が沢山あるツインリンクもてぎですが、会場が広いので「場内無料ループバス」が各駐車場から会場まで行く(無料)のバスがあります。イベント日は10分間隔で運行です。とは言っても駐車場自体が広大ですからご自分の車を止めた所からループバスまでも10分くらいかかるというのもザラです。
「バスに乗っているよりバスの順番待ちの方が時間がかかる」と一見思われますがループバスは並んででもやはり乗った方が早く駐車場に帰れます。
なぜならば「歩いた方早い」と徒歩の人は人の渋滞で道を思ったように早く進めないからです。

どの道で行くかを決めておく
【ツインリンクもてぎ】隣接の駐車場から公道へ出るまで(会場→バス→自家用車→公道)でスムーズに行くと1時間弱です。それから「どの道を通って帰るか?」も事前に決めておくとよりスムーズです。
帰路ルートは、公式HPでも幾つかルートが紹介されていますのでお勧めします。

さすがモータースポーツのもてぎサン!おすすめルートは前に車が走っていないと暗すぎて恐ろしいほど空いている道もあるそうで、帰る方向によっては「結構大丈夫だった」という幸運に恵まれるかも?です。
HPに乗っていなくても、もてぎのインフォメーションに相談したら良いルートや渋滞回避の裏ワザを教えてもらえるかもしれませんよ!?

もしくは帰りを急がないならサーキット内の売店(お土産)が深夜まで営業してると思いますので売店巡りをして帰りの時間調整もいいかと思います。それでも渋滞はしますが、時間に余裕があるのならオススメです。

違反報告

【バスなら・・】

JR宇都宮駅からJRバス関東ツインリンクもてぎ行きで1時間30分、終点下車すぐ

みなさん楽しんできて下さいね(^∇^)


餅は餅屋 道は車屋


Sponsored Link


関連記事&特集記事


関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ