【熱海海上花火大会】場所&ホテルと注意点


観光シーズンが始まると「少し足を延ばして近場の 温泉 でも」と人気なのは昔から熱海です。

しかし、そんな温泉街のイメージのある熱海ですが、花火大会の年間スケジュール も発表されました!

春夏秋冬あわせて
年間14回!

「温泉か花火か?」と言っても過言じゃない熱海


 

会場の熱海湾は、3面を山に囲まれた「すり鉢」状の地形のため、海で上げる花火の音が反響してとにかく音がすっごい!大迫力!
海の上だから、空気も澄んでて、花火自体も超綺麗! なので、都会で見る花火とは一味違うのです。
 
「どうせ行くなら温泉も兼ねたい」
「日帰りでも良い場所で見たい」

そして最大の魅力は”花火会場としてのスペックが高い”それが熱海海上花火大会になります。

いろんなケースはあるでしょうが、今回こちらでは熱海海上花火大会スケジュールを中心に・・
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
熱海海上花火大会スケジュール日程・場所・詳細
熱海の花火の穴場
熱海の花火が見れるホテル
日帰りで熱海の花火
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
・・などご紹介します。

Sponsored Link

熱海海上花火大会スケジュール日程・場所・詳細

打ち上げ場所:熱海港7.5m岸壁~海釣り施設 地図中の赤い線の部分

※雨天決行
※開催日当日、熱海港海釣り施設は休場となります。

観覧場所:サンビーチ海水浴場~熱海港まで海岸線一帯

「夏」の花火大会各開催日のみ「渚親水公園第3工区の一部」に 宿泊者専用観覧席(地図中のピンの場所)を設置します。  

アクセス:熱海駅から、サンビーチまで徒歩約15分 →親水公園第1工区まで徒歩約20分

※花火大会開催日、親水公園第一工区は場所取り禁止となります。シート等で場所取りされている場合、撤去・没収しますので、ご了承お願いいたします。
 

花火大会スケジュール

    --20:20~20:45
     4/9(土)・5/14(土)

    --20:20~20:50
     7/24(日)・7/29(金)
     8/5(金)・8/8(月)・8/18(木)・8/21(日)・8/26(金)

    --20:20~20:45
     9/19(月祝)

    --20:20~20:45
     12/4(日)・12/11(日)・12/18(日)

 
※夏季以外は、宿泊者専用観覧席及び有料観覧席の設置はございません。
 

熱海海上花火大会:観覧の【穴場】は?

穴場というより、ちょっと離れたおすすめポイントといった感じですが3か所ご紹介いたします。

サンレモ公園

 
熱海城

 
MOA美術館の駐車場

 

Sponsored Link

熱海の花火を見るためのホテルの予約は?

ホテルの予約受付開始日は・・

なんと!多くのホテルでは花火大会開催日の1年前の朝9時より始まっています!!【特定期間を除く】。

Σ(゚Д゚;) エッ!

※ホテルの予約は、基本1年前からOKなのだ。

例:平成27年12月23日をご希望の場合 → 平成26年12月23日の朝9時~受付

特に祝日や夏季は人気が集中しますが「1年前の朝イチ予約作戦」でチャレンジする価値はあります。  
 

花火大会を見に来る観光客のために「熱海温泉ホテル旅館協同組合主」のホテルに宿泊している人は、特別な観覧席が用意されています。

そのため、せっかく行って「良い場所がとれなかった・・」ということにならないように、ホテルの予約の際は「花火大会の観覧席」の特典がついているかを確認すべきです。
 

落とし穴
     
    ホテルで予約を取る際に、もし、部屋の窓から花火を見るのが目的の場合は、必ず「部屋の窓から花火を見ることが目的である」ことを伝えないと、当然「悲惨な予約」になりかねません。

    必ず「“その部屋の中からの”眺めの良し悪し」も確認して下さい!

  
以下は、お値段の安い順に花火大会の会場近くのホテルを紹介。
 

熱海温泉 ホテルサンミ倶楽部 別館

atami01


熱海温泉夏季海上花火大会プラン有り!~迫力のサウンドを体感~

本当に目の前で上がる!お部屋が最高の特等席
お部屋と打上会場の間を遮る建物がないため花火を満喫できる。
打上の音もほぼ同時に聞こえ迫力満点

ホテルサンミ倶楽部 別館
 

熱海温泉 ホテルサンミ倶楽部

atami-sanmi


二間の広いお部屋が自慢。伊豆の新鮮な海の幸をお得に堪能できる宿

打ち上げ会場は間近で迫力満点。山間にこだまする独特な熱海ならでは響きをお楽しみ下さい♪

ホテルサンミ倶楽部
 

熱海温泉 湯宿一番地 (志ほみや旅館 改め)

atami-ichiban


H25年7月オープン。熱海駅徒歩2分に懐かしの湯宿が誕生!

【展望席から花火大会を楽しむ】熱海温泉 海上花火大会 専用プランあり

熱海の空いっぱいに広がるスターマイン
怒涛の大迫力 空中ナイアガラを 花火観覧席から観賞頂くプラン

熱海温泉 湯宿一番地
 

熱海温泉 大月ホテル和風館

atami-ootsuki


和の風情に癒される、本格会席と高野槇露天風呂が自慢の宿
鑑賞スポットの熱海サンビーチまでは徒歩で約2分

※海岸より一本路地に入っている為、部屋の中からは花火は見れません。静寂と寛ぎを味わいつつ、心やすらぐ和の空間を楽しみたい方へ。

大月ホテル和風館
 

その他の花火の見れるホテル一覧
 

日帰りで熱海の花火

平日に日帰りで熱海の花火大会に行く!

えーそれはちょっと疲れるんじゃない?とも思えますが、東京から熱海まで新幹線こだまなら43分、熱海駅から花火会場までは徒歩15分ですから、会場に着くまでの時間は都内のどこかの会場で花火を見るのと同じくらいです。

例~新幹線片道自由席は3570円、指定でも3880円
16:00~東京出発
17時ごろ~熱海到着、温泉、食事で時間をつぶす
20:00~花火観覧
21:00~熱海出発
22:00~東京着

 
駅から会場までは15分ですが、浴衣だったりヒールだと30分かかるかもしれません。また海岸までの行きは下り坂ですが、帰りの上り坂は結構キツイとはされています。呑み過ぎと足元に注意です。場所にこだわるなら、1時間前位について花火を待つのが順当でしょう。
始発は4時台からあり、一泊してまっすぐお仕事でも遅刻はあり得ません( ^ ^ )

お住まいのお近くの有名花火大会もお祭りムードで楽しいですが、優雅に「温泉と肴と花火」は最高です。時間にゆとりがあるならば足を延ばしてみるのも大人の花火大会といった感じで素敵ですね。


これからは・・熱海といえば「温泉」+「花火」を連想すべし


Sponsored Link


関連記事と広告


関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ