【ボルドー展】国立西洋美術館・夏休みイベントの混雑状況と感想


home1001-3
 

ボルドー展 
~美と陶酔の都へ~
6月23日(火)~9月23日(水・祝)
国立西洋美術館

ボルドーと聞くと「ワイン!」と連想される方も多いかと思いますが、ボルドーとはフランス南西の港町の名前それが「ボルドー」です。

ボルドーでは、古代ローマ以来「ワインの生産」「海洋貿易」「洗練された都市文化」とパリより100年早く都市整備も整えられていた洗練された最先端の街ですから、あらゆる芸術家や作品が集まるのは必然です。

本展覧会は、ボルドー市の全面協力のもと、先史時代から現代に至るまで数万年に及ぶスケールで、ボルドーとその地域の美術と文化の展開を紐解くものです。街の繁栄を生み出したワイン産業との関わりに目を配りつつ、数々の貴重な美術作品や歴史資料の展示を通じて、古典のエレガンスと、商業と海運の都市ならではのコスモポリタニズムを併せもつ市の魅力を浮彫りにします。総数200点を超える多様な作品・史料とともに、ボルドーの悠久の歴史を旅します。

こちらでは
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【ボルドー展】国立西洋美術館 概要
【ボルドー展】特別イベントとタイアップレストラン
【ボルドー展】お得!招待券情報
【ボルドー展】福岡展の感想と展示作品のネタバレ
【ボルドー展】混雑予測と待ち時間・注意事項
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
をご紹介します

Sponsored Link

【ボルドー展】東京・国立西洋美術館 概要

 
会 場 国立西洋美術館/東京都台東区上野公園7-7 
 
 
アクセス
 
JR上野駅下車(公園口) 徒歩1分
京成電鉄京成上野駅下車 徒歩7分
東京メトロ銀座線・日比谷線上野駅下車 8分
駐車場:なし 
 
会 期
2015年6月23日(火)~9月23日(水・祝)
休館日
月曜日(ただし7月20日、8月10日、9月21日は開館)、7月21日
開館時間
午前9時30分~午後5時30分(金曜日は午後8時まで)
※入館は閉館の30分前まで
観覧料金
一般/1,600円 大学生/1,200円 高校生/800円 ※中学生以下は無料
 

 
・ソムリエ田崎真也さんと共に「美と陶酔の夜」ボルドー展満喫「プレミアムチケット」
開催日:2015年7月7日(火)午後6時~午後9時 ※入場は午後8時30分まで。 
観覧料金:5,500円(無くなり次第終了)~各プレイガイドで発売
・限定300名の夜間特別開館
・音声ガイド、お土産付き
・研究員によるミニ・レクチャー
・田崎真也さんセレクトのボルドーワインを味わっていただき、その魅力を田崎さんご自身に解説いただきます。
 

作品展示数
im_2015bordeaux2 

作品はボルドーの歴史を追う形式で200点
・古代ローマ時代の遺跡、石斧や石像、美しい銀食器や陶器、調度品
・絵画、織物、ワインに関するもの
などなど、ボルドーをまるっと網羅した展示、優雅でありながらまるで映画やゲームの世界に出てきそうなものばかり!

第1章 古代のボルドー・・古代の市民生活をしのばせる《少女の墓碑》や《ボルドー・ワイン用のアンフォラ》など装身具からエジプト由来の神々の小像まで貴重な古代遺物の数々をご紹介
 
第2章 中世から近世のボルドー・・《ボルドー市の紋章》ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ《フランソワ・ド・スルディス枢機卿の胸像》など教会建築等の断片からバロック彫刻まで中世~近世初期にかけてのボルドーの歴史をご紹介
 
d0187477_13404757
 
第3章 18世紀、月の港ボルドー・・ピエール・ナルシス・ゲラン《フェードルとイポリット》ジャック・ユスタン陶器製作所(ボルドー)《銘々用のワイングラス・クーラー(「カルトジオ会修道院」セット)》18世紀ヨーロッパの海洋貿易の光と闇にも目を配りつつ、ボルドーの眺めをはじめワイン商や法服貴族の在りし日の暮らしぶりを伝える絵画や装飾芸術品
 

現代のワインクーラーはこんな感じのも・・

第4章 フランス革命からロマン主義へ・・ドラクロワ晩年の大作《ライオン狩り》とオディロン・ルドンの《ライオン狩り》を中心に、ゴヤの版画、美術館草創期の重要コレクションも交えつつ、革命やブルボン王家に関連する品々から、ロマン主義を中心とするボルドーゆかりの画家たちの作品までをご紹介
 
第5章 ボルドーの肖像-都市、芸術家、ワイン・・レオン・ボナ《ダニエル・ゲスティエ氏の肖像》ゴーロン印刷所
《ワインのエチケット「メドック、サン・ジュリアン」》19世紀末~20世紀初頭にかけてボルドーが輩出した芸術家たちの作品を中心に、市民の肖像や、「月の港」の眺め、そしてワインに関連する作品や資料などの展示。さらに、富裕な美術愛好家ガブリエル・フリゾーが形成した知的サークルにも目を配りつつ、ジャン・デュパやルネ・ビュトーらの作品とともに、20世紀初頭のボルドーで花開いたアール・デコ芸術を紹介します。

エピローグ-今日のボルドー・・ジョルジュ・ルースが制作した一連の写真をご紹介

Sponsored Link

【ボルドー展】特別イベントとタイアップレストラン

全4回の記念講演会が開催!

会場:国立西洋美術館講堂にて無料
定員:当日先着140名(聴講無料。ただし、聴講券と本展の観覧券が必要)
参加方法:当日12:00より、館内インフォメーションにて本展の観覧券をお持ちの方お一人につき一枚聴講券を配付します。会場へは、開演の30分前からご入場いただけます。

・6月23日(火)14:00~15:30 ニコラ・バルベ(ボルドー市立図書館文化遺産課長)※同時通訳付
「『月の港ボルドー』の3つの三日月:モンテーニュ、モンテスキュー、モーリヤックのボルドー」

・7月18日(土)14:00~15:30 陳岡めぐみ(国立西洋美術館主任研究員) 
「ボルドーと画家たち」

・8月22日(土)14:00~15:30 土居義岳(九州大学大学院教授)
「ボルドー:建築をとおして都市の生き残り戦略史を読む」

・9月5日(土)14:00~15:30 赤澤威(国際日本文化研究センター名誉教授)
「角を持つヴィーナス(ローセルのヴィーナス)に刻まれた世界:作者クロマニョンの見たヨーロッパ」

金曜日のスライドトーク 全5回

※本展覧会の見どころや主な作品について、次の金曜日に講堂でスライドを使って解説を行います。

会場:国立西洋美術館講堂にて無料
定員:各回先着140名、展覧会観覧者を対象、直接講堂に集合(開場時間は各日共開演30分前)

日時:7月3日(金)、7月17日(金)、8月7日(金)、 8月21日(金)、9月11日(金) 各回18:00から約30分
解説:鈴木一生(成城大学)

田崎真也レストラン「エス プリュス」のタイアップ

「エス プリュス」田崎真也さんがオーナーのレストランではボルドー展にちなんだワインに合う料理をボルドー展鑑賞された方に特別価格で提供してくれます。詳しいメニューはHPまで
アクセス:東京都港区西新橋3-15-12 西新橋JKビル1F TEL:03-5733-3212
ランチ 3,990円(コース料理のみ)/4,990円(観覧券付き)
ディナー 9,000円(コース料理のみ)/10,000円(観覧券付き)

ボルドー展 お得!招待券情報

ボルドー展会期が過ぎてもまだ招待券プレゼントをしてくれるサイトもあります。ご興味のある方はチャレンジしてみては?

メディア&コミュニケーション 5組10名様
6月22日まで

上野・浅草ガイドネット 5組10名様 
2015年6月25日(木)まで 当選発表は2015年6月29日(月)

インターネットミュージアム 5組10名様 
7月2日まで
 

ボルドー展 福岡展の感想と展示作品のネタバレ

 
福岡で先に行われた「ボルドー展」そちらに行かれた方々の感想は?(ネタバレも含みますのでご注意ください)
 

 
 
・福岡会場では階段が【ボルドー色の絨毯】が引かれて気合が入っていました。
・解説は日本語とフランス語
・最初に2万5000年前のレリーフが出てくる。ボルドー近くのローセル村で1911年に発見された「ローセルのヴィーナス」とも呼ばれる角笛を持った女性像だ。
・「民衆を導く自由の女神」が展示されていました!
・目玉の展示物は、ドラクロワの『ライオン狩り』これはお金を払って観る価値十分!「大きい!」が第一感想
・ドラクロワの『ライオン狩り』とルドンが模写した『ライオン狩り』が向き合うように飾られていて比較する事ができたのが興味深く楽しかった
・ぺルジーノや、ベルニーニの彫刻などもあり鳥肌が立ってしまった
・ついつい 豪華な食器コレクションに目が行きます
・18世紀の物ですがルビーでしょうか色があせていなくてとても綺麗。金彩も細かくため息
・強烈!素敵!あまり美術品に興味がない僕でも想像以上の収穫、楽しむ事ができました。

と、福岡では大好評のうちに幕を閉じたボルドー展でした。もちろん会場が違いますから絵画の同じような配置などないかもしれませんが「見事な作品にため息が出る」というのは期待できそうです。

また、記念の土産グッズには定番のTシャツ、トートバッグ、絵葉書、メモ帳、ガイドブックそしてボルドー展特製のワインが20種類ほどあったそうです。

ボルドー展かなり期待できそうです!

【ボルドー展】混雑予測と待ち時間・注意事項

 

ボルドー展の会期は6月23日(火)~9月23日(水・祝)と夏休み期間にあてていますので首都圏近郊の方が夏休みに大挙して押しかける事が予想できます。待ち時間は当日会場に行って並んだ次第で大きく異なります。『2時間ぐらい作品を見てその前後でお昼(お茶)・・・』という計算で来る方が多く、しかも「チケット購入で場合により1時間」と言う事もありえます。

 

混雑が予想される中でも「少しでもゆとりを持って見たい」かたへの注意点は・・
・前売券、当日券などチケットは必ず持参していく
・朝一で行く
・入場無料の中学生以下、その他の方は念のため証明書等持参
・日よけ、水分補給できるお水など持参
・当日のタイムリーな混雑状況はfacebookTwitterで確認しましょう。1日3回10時前後、正午、16時前後に当日の混雑状況がツイートされます。

ボルドー展 混雑状況予測
     
    ○・・空いている 
    △・・時間帯により空いている 
    ×・・混んでいる
    ☆・・時間延長日
    ★・・館内イベント日 
    ●・・休館日 

    【6月】
    23★△24△25△26☆△27×28×29●30△
    【7月】
    1△2△3☆△4×5×6●7★△8△9△10☆△11×12×13●14△15△16△17☆△18★×19×20×21●22△23△24☆△25×26×27●28×29×30×31☆×
    【8月】
    1×2×3●4×5×6×7☆×8×9×10×11×12×13×14☆×15×16×17●18×19×20×21☆×22★×23×24●25×26×27×28☆×29×30×31●
    【9月】
    1○2○3○4☆△5★×6×7●8△9△10△11☆×12×13×14●15△16△17×18☆×19×20×21×22×23×

人気のある美術展では、開館の2時間前から並ぶ場合もあります。また土日祝や夏休みは混雑しますが、平日でも館内イベントのある日そのイベントが当たれば混雑することがあります。ボルドー展は6,7月早々にイベントを開始しますから、夏休み前の集客増大を狙ってのイベントと思われます。これは内容に人気がなければ混雑に支障が出ない可能性もありえます。
逆に休館日の翌日や都内で花火など大きなイベントが他にある日などは空いているなんて言う日もあります。

これからの熱い季節に向けては基本は時間と体力に余裕を持ってマイペースで観賞できる心構えで行かれる事をお勧めします。

ボルドー展の後はワイン展

ボルドー展が9月23日で終了すると、同じく上野公園内にある国立科学博物館で「ワイン展―ぶどうから生まれた奇跡―」が開催されます。
空きが過ぎ冬の足音が聞こえるこの季節、1月の第3木曜日はボジョレーヌーヴォー解禁の日です。2015年今年のボジョレーの日は11月19日(木)です。またクリスマスやバレンタインデーにも会期がまたがっています。ワイン展では間違いなく何かイベントが開催されるでしょうから、ワイン好きの方はワイン展もお楽しみに!


Sponsored Link


関連記事&特集記事


関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ