【魔法の美術館】2015夏休みイベント・混雑と口コミ感想


魔法の美術館 
光と遊ぶ超体感型ミュージアム

「光と遊ぶ」というと影絵や影踏み、虫めがねで髪を燃やして遊ぶなど昔は古典的な遊びでしたが、現代は“科学とアート”がその遊びをより美しく楽しく遊べる時代になりました。

「見て、触って、遊ぶ」をキーワードの超体感型ミュージアム「魔法の美術館」です。すでに全国巡回している「魔法の美術館」ですが今年の巡回も決まっております。

こちらでは
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【魔法の美術館】概要と巡回スケジュール
【魔法の美術館】混雑状況と口コミ感想
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
をご紹介します。

Sponsored Link

【魔法の美術館】概要と巡回スケジュール

—————————-
 
■会 場新潟市新津美術館 
■魔法の美術館~ようこそ光のワンダーランドへ~
■会 期
2015年6月20日(土)~8月23日(日)
休館日:月曜日(但し7月20日、7月27日、8月17日は開館)、7月21日
■開館時間
10:00~17:00(観覧券販売は16:30まで)
■観覧料
一般1,000円、大学・高校生800円、中学生以下無料
■イベント
ワークショップ「魔法の万華鏡をつくろう」
7月20日(月曜・祝日) 午前11時~、午後2時~午後3時
参加費500円、定員各回20名
※事前申し込みが必要、応募多数の場合抽選~往復ハガキかFAXにて、以下を明記の上7月6日(月曜)必着でお申込みください。
 
—————————-
 
■会 場さいたまスーパーアリーナTOIRO
■魔法の美術館-Art in Wonderland 光と遊ぶ超体感型ミュージアム
魔法の美術館Twitter
■会 期
2015/7/17(金)~2015/8/31(月)
■開館時間
10:00~18:00(観覧券販売は30分前まで)
■観覧料
一般・大学生1300円(前売り1100円)
中・高校生700円(前売り500円)
3歳~小学生500円(前売券300円)
親子ペア券(当日券のみ)1500円
 
—————————-
 
■会 場あべのハルカス美術館 
■光のワンダーランド 魔法の美術館
■会 期
2015年12月12日(土)~ 2016年 1月27日(水)
■休館日
12月30日、12月31日、1月1日
※本展は月曜日も開館いたします。※開館時間/10:00~18:00
■開館時間
火~金 / 10:00~20:00
土日祝 / 10:00~18:00
■観覧料
未定

Sponsored Link

【魔法の美術館】混雑状況と口コミ感想

 


 
作品に触れたり、体を動かしたりすると、人の動きに合わせて反応する作品や、視覚に訴える変化があったりと参加者は直感的に作品と一体になることができます。

行かれた方の感想としては「子供たちは大喜び」ということで一貫しているようです。

魔法の美術展の口コミ感想は?
・「お客さんの大半は子ども連れ」
・やっぱり幼児がワクワクするようなものが多い。
・デートには、ちょっと賑やかな雰囲気が無邪気すぎる
・飽きっぽい子だけど、この展示はガッツリ遊んでましたねー。
・子どもでも、パッと見て遊び かたを理解でき自分で動かせるのが良かったようです。
・子供達は熱狂、興奮状態でした

 
科学とアートの展示会ですが、受けがいいのは低年齢のお子さんのようです。ですが子供たちだけではなく、大人が美しいと思う作品ももちろんあります。やはりキラキラするものを観てキラキラするわが子を観るのはうれしいものです。カメラもムービーも撮影OKですからデジカメ持参で行きましょう。
 

会場の混雑具合は?
・館内はそこそこ混んでいる
・さすがに長時間遊ばせることはできなかったんですけど、空いていたら1日中でも遊んでいたような気がします。
・朝一で行く分には入場も10分くらいで入れた。
・滞在時間は子供次第で長くもなりそうなので早めに行くのがイイと思う

 
『魔法の美術館』混雑状況は?
夏休みや冬休みと長期の休みに会期も当たっています。意外とみなさん出足が遅めで「朝一で行こう」と張り切る人が少ないのが逆にミソです。お子さん次第ですが、ゆっくり見るなら滞在時間は半日は必要になります。特に祝日や休日のお休みの日はやはり“朝一”で行くのが無難のようです。


 
「魔法の美術館」の嬉しい効果
「うちの娘は館内ではしゃぎすぎて、お昼過ぎに帰宅するなりお昼寝モード、夜も早く寝てました。」
これは親子共に嬉しい副作用があるようです。子供たちには遊び疲れるくらい楽しいという事ですので、特に小さいお子さんなら連れて行き涯のある展示会です。


Sponsored Link


関連記事と広告


関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ