【生理前の食欲増加】対策決定版!


metabolic_woman
 
生理前になるととにかく食べたくなるという女性も沢山いるでしょう。
甘いものや辛いもの・ジャンクフードなど日頃そんなに食べないものから、ごはんまでモリモリと。

そしてハッと我に帰るのです「なんかすっごい食べてる」

毎月生理前になると食欲増加して食べるのが止まらなくなることはよくあります。
また逆に生理前になると食欲不振になり体調が悪くなるという人もいます。

食べ過ぎて太るのも困りますが、食べれなくて体調が悪くなるのも困ります。

こちらでは
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
生理前の食欲増加の理由とは?
生理前の食欲を押さえる決定打とは
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
をご紹介します

Sponsored Link

生理前の食欲増加の理由とは?

 
syokuji_tabesugi_woman
 
生理前になると人それぞれですが、無性にある特定のモノが食べたくなったりします。
「あ、~食べたい」と思い浮かび始めるのが生理の2週間前と言われます。食欲増進は生理の1週間前の数日間がピークとなりますが、PMS(月経前症候群)や黄体ホルモンの影響をどれだけ受けるかによって食欲が増える日数は違います。

原因は生理前のホルモンの影響です。排卵が起こると妊娠するために必要な黄体ホルモンが増え始め「妊娠しやすい体」へと体が切り替えようとする時期なのです。
 

黄体ホルモンの影響とは・・・
・食欲増加
・むくみ、肌荒れ、便秘
・代謝が悪くなる
・イライラする など

 
この生理前の2週間は「赤ちゃんを産みやすい体」作りをするために普段より1~2割ほど多く栄養素が必要になるのです。そのために体が「これでは足りない!」といつもよりたくさんの栄養を求めて食べてしまうのです。

ところがその食べる内容が問題でもともとむくみやすい生理前なのに・・・
・塩分の強いもので余計むくむ
・甘いもので血糖値の低下、更に食べてしまったり
と必要な栄養素を取るどころか食べるモノの内容によって疲労感や体調不良を招いてしまう事に・・・。

生理前は、食事の内容をいつも以上に栄養バランスを意識する必要があるのです。

「人体の神秘」なので仕方がないのですが、この時期に食べ過ぎで太ってしまっては、日頃のダイエットも水の泡です。この時期の止まらない食欲にどう対処したら良いのでしょう?

Sponsored Link

生理前の食欲を押さえる決定打とは

 

2週間は続く生理前の憂鬱な症状。ですが生理2週間前から食欲が増すという事は月の半分は「よく食べている」ということになります。体のせいだとしても何としても食欲はコントロールせねばなりません。

また眠気やイライラなど食欲以外にも困る症状が様々あります。こんな状態を改善するには?

1.あっ「いま、生理前だ!」と気がつく事
 

 
ガムシャラ食べ過ぎる自分がいても「あ!もうすぐ生理だからだ!」と気が付くかどうかだけでも食欲や気持ちの持ち方は全く違ってきます。自分の不自然な行動や気持ちもその理由がわかると安心し自制心がきくようになるからです。特に毎月生理前に食欲や気持ちのコントロールしたいという方は“基礎体温を測る”“カレンダーにつけておく”など生理が来る目安を把握するようにしましょう

2.生理前をダイエットチャンスと捉える
 

 
生理1週間前に豆乳を飲むだけでダイエットになります。生理前の1週間から10日前から食前または間食代わりに毎日無調整豆乳を1パック(200ml)~2パック飲むと人によっては2,3㎏生理が終わったころには痩せるのです。生理が始まったらやめても良いそうです。

豆乳のダイエット効果の理由とは・・・
・大豆サポニンが“脂肪吸収を抑制”
・“コレステロールを洗い流し効果”
・“通じをよくする”などの効果があるためです。

 
ただし飲み過ぎには注意で豆乳に含まれる大豆イソフラボンはエストロゲンと似ているので「生理前の負担が減少される」のですが、飲み過ぎると過剰摂取という事で「生理が止まる」「女性ホルモンのバランスが崩れ骨がもろくなる」「妊娠中は子供に大豆アレルギーの影響が」とも言われています。

飲む量を注意して「痩せるチャンス」と捉えれば生理前が楽しみにもなるでしょう。

3.間食するなら体の声を聞いてみる
 

 
生理前に「無性に食べたい何か」はその時に体に必要な栄養素の代わりになるものを求めているのかもしれません。

例えば・・・
チョコレートなら“マグネシウム”不足
しょっぱいスナック菓子なら“カルシウム”“カリウム”“鉄分”
ごはんやパンなら“ビタミンB群”
【痩せたい!でも食欲が止まらない】原因は栄養不足かも?

などチョコレートそのものよりマグネシウムを補給できるナッツやほうれん草を食べるほうが不調を改善できる近道になります。

管理人個人は「甘くてカリカリしたもの食べたい」と思うのですが、レバーを食べるとビタミンB2の補給なり食べたい気持ちが落ち着きます。人それぞれ食べたくなるものは違うものですが、体が求める栄養素を上手に取り入れたら生理前の食べ過ぎをコントロールすることができます。


Sponsored Link


関連記事と広告


関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ