【土浦花火大会】桟敷席チケットとヤフオク・場所取り時間は


hanabi-650
第85回土浦全国花火競技大会
平成28年10月1日(土)18時~20時30分頃
JR常磐線土浦駅下車・桜川畔(学園大橋付近)
hanabi-650

日本の三大花火大会の1つと言われる土浦花火大会
今年でナント85回目を迎えます。
土浦花火大会は「花火の競技大会」であること。全国の花火師たちが技を競い合うだけあって「見事!」の一言に尽きます。そしてそれを観覧しに全国の花火マニアがやってくるのが「土浦花火大会」です。良い席(桟敷席)は競争率が高くチケットも抽選制ですのでなかなか「ハードルが高い!でも見たい!」花火大会です。

こちらでは
————————————————————
【土浦花火大会】概要と桟敷席の倍率とチケット購入の仕方
土浦花火大会が見えるのバスツアー・レストラン・ホテルは?
土浦花火大会の場所取りの時間は?
————————————————————
をご紹介します。

Sponsored Link

【土浦花火大会】概要と桟敷席の倍率とチケット購入の仕方

 


 

第84回土浦全国花火競技大会

日  時:平成28年10月1日(土)18時~20時30分頃
※※荒天の場合,10月2日(日),8日(土),9日(日),10日(月・祝)のいずれかに延期
開  場: JR常磐線土浦駅下車・桜川畔(学園大橋付近)
来場者数:7,80万人
打ち上げ数:2万発
露  店:約1000店
その他:花火グッズ、花火弁当予約販売
 

有料観覧席(桟敷席)チケット購入の仕方

※画像をクリックすると大きく表示されます。
tuchiura-seki

桟敷席のチケット購入の仕方は「申し込み+抽選」になります。桟敷席倍率は10~15倍とも言われており、どうしても桟敷席で観覧されたい方は以下の方法があります。
 

【桟敷席の詳細】
    全マス(約1.7m×約1.7m,6人まで)・・・2万2,000円
    半マス(約1.7m×約0.85m,3人まで)・・・1万1,000円
    ❑全国販売(全マス,半マス販売)
    申込受付期間/7月23日(木)正午から7月30日(木)午後11時まで 

    ・購入できる桟敷席券数/1人1マスまで

 

桟敷席購入方法はローソンチケット/電話/インターネットにて各申込後、抽選になります。
 
・当選確認期間/8月3日(月)~8月10日(月)ゆうちょ銀行の営業時間内

【ローソンチケット(インターネット)】登録メールアドレスに、当落案内メールを配信
アドレス・・・http://l-tike.com/tsuchiura-hanabi
支払方法・・・クレジット決済のみ

【電話申込】・・・電話番号…0570-084-671(音声ガイダンス、1つの電話番号につき1回限り。当選確認も同じ番号)
支払期限…8月3日(月)~8月10日(月) 
 
【窓口販売(全マスのみ販売)】 
と き/9月1日(木)午前8時抽選
ところ/水郷体育館(大岩田1051)
購入できる桟敷席券数/1人2枚まで
販売方法/抽選(抽選用の番号札を午前8時までに並んだ方に配布します。)

この抽選の番号札をもらうために「1週間くらい前から並ぶ」という話もありますが、販売方法が毎年変わるので花火大会事務局に直接電話問い合わせをしてみても良いでしょう。

【キャンセル分販売】
※当選者にキャンセル等が発生した場合,ローソンチケットのインターネット販売でキャンセル分販売を行う場合がございます。(9月3日予定)

【ヤフーオークション販売】
ヤフオクに関してですが、相場が1マス正規の金額の1.5~2倍程度が相場のようです。アラート機能などで出品情報を確実に押さえるのが買いそびれないコツになります。

【桟敷席付きバスツアー】
「東京発1名¥13390~日帰り」など桟敷席付きと自由見学のツアーがあります
 

Sponsored Link

 

土浦花火大会が見えるのバスツアー・レストラン・ホテルは?

  


 
一番ド迫力、大音量で花火大会を楽しめるのが桟敷席ではありますが、屋外ですので環境にも左右されます。

桟敷席のメリット・デメリット
【メリット】
・やぐらを組んだ桟敷ですので,音が下から響いて格別・真正面で圧感
・10号玉の空気が震えるような音と迫力
・桟敷から観ないと何だかわからない花火もある
【デメリット】
・桟敷席は風向き次第で火の粉が飛んでくる
・席がトイレより後方だと「臭い;」という噂
・全マスでも畳2帖分の広さで大人6人だとすし詰めで体育座りになる
 
一番ネックなのが「結構狭い」ということです。桟敷席チケットを購入の際は少なめの人数で利用した方が良さそうです。

【観覧自由バスツアー】はどうなの? 

旅行会社から販売される花火大会のバスツアーがありますが「桟敷席付き」「観覧自由」のツアーは「席が有るか無いか」で大きく違います。「観覧自由」は花火会場で座って観覧したい場合、観覧場所を自分で確保するということです。「座るための場所取り」「観覧場所選び」「花火観覧の持参物」も用意しなければなりません。バスはあくまで「現地までの足」です。電車や自家用車での混雑・渋滞は回避できますが、到着時間次第では場所取りが厳しい時間である場合も想定できます。「観覧自由」ツアーの場合は「到着時間」「駐車場の位置」「自由観覧席はどの辺が取れそうか?」など疑問点があれば質問しておく方が良いでしょう。

【レストランやホテルは?】
花火が見えるレストランやホテルは花火大会の1年前から予約が始まります。今年利用したい場合はキャンセル待ちの問い合わせになります。来年の為に良く見えるレストランやホテルを研究する所から始めるモノのようです。なお公式HPでは「部屋から花火が見えるホテル・旅館はありません。」という情報ですので「ホテルのレストランや屋上から見えるか?」という条件で探すと良いでしょう。
  

土浦花火大会の場所取りの時間は?

土浦花火大会の場所取り解禁は・・・花火大会前日の12時からになります。
  

桟敷席周辺に一般観覧席を設けていますが、場所取り解禁以前の場所取り(シートやロープ、看板の設置など)は禁止しています。見つけた場合は直ちに撤去されるそうです。また花火大家当日は午後からすぐに混雑が始まります。土浦の大きなお祭りですので、自由席での場所取りするなら午前中から行く方が良いでしょう。席が取れない場合は、河川に沿って1000店余りの露店が出ます。露店を楽しみながらの花火という方法にするようです。
 

 
大変な混雑の土浦花火大会です。混雑を覚悟で来場しましょう。


Sponsored Link


関連記事&特集記事


関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ