【ふじさわ江の島花火大会】混雑・穴場・場所取り情報


hanabi-650
ふじさわ江の島花火大会
2016年10月15日(土)18:00~18:45
片瀬海岸西浜
hanabi-650


 


 
10月秋の花火大会は澄んだ空気の夜空で打ち上がる湘南海岸で唯一といわれる大変ロケーションのよい花火大会です。
直径約480mにも及ぶダイナミックな2尺玉が最大の特徴。また片瀬西浜の沖に浮かぶ船上と片瀬漁港の二か所から打ち上げているため、遠近感を覚えることができる花火が見られるのも特徴です。
人も沢山に過ぎず、花火もひとつひとつゆっくりと見せる感じと澄んだ夜空に湘南エリアでは唯一の特大2尺玉大輪の花火は必見です。

こちらでは
————————————————————
【ふじさわ江の島花火大会】日程や混雑状況は?
【ふじさわ江の島花火大会】の穴場は?
————————————————————
をご紹介します

Sponsored Link

  

【ふじさわ江の島花火大会】日程や混雑状況は?

 
【ふじさわ江の島花火大会】

日 時:2016年10月15日(土)18:00~18:45
※雨天・荒天などの順延日:10月16日(日)※16日(日)も雨天・荒天の場合は中止
※小雨決行
打上場所:片瀬海岸西浜
haitizu2015
打上数:3,000発(2尺玉を含む)
来場者数:6万人
有料観覧指定:境川河口左岸(東側)パイプイス席(1人)2,500円
※有料観覧指定席は席番号が決まっております
チケット販売:2016年9月●日(火)8:30~より
・藤沢市観光センター・ 藤沢市役所観光課(湘南NDビル6階)
・チケットぴあ・ローソンチケット
アクセス:小田急片瀬江ノ島駅から徒歩2分、江ノ島電鉄江ノ島駅から徒歩5分、湘南モノレール湘南江の島駅から徒歩7分
小田急片瀬江ノ島駅の目の前が会場になります。アクセスが便利ですので電車の混雑は間違いなし。余裕を持って行きましょう。
駐車場:あり  1636台 400円/60分~

花火会場周辺駐車場図
駐車場は臨時駐車場から有料パーキングまで数か所あるのですが、早くいかないと駐車場難民になる方が多数いるようです。確実に停めることを意識するなら午前中に現地入りして停めることがベスト、お昼すぎにはすでに駐車場探しに困る方が出没し始めます。

屋 台:屋台は片瀬を中心に出ます。ご当地グルメ(もつ煮や鳥皮餃子など)屋台も多く立ち並びます。

Sponsored Link

【ふじさわ江の島花火大会】の穴場は?

片瀬漁港駐車場周辺~小田急線江ノ島駅から徒歩5分

メインの「第一打ち上げ場所」の正面に「第二打ち上げ場所」の片瀬漁港を見渡すことができます。また片瀬漁港駐車場周辺になりベストの場所です。打ち上げられる花火をほぼ真下から見上げる大迫力・好条件の場所で、撮影するのにもベスト。朝から場所取りをしなければいけない穴場です。

新江ノ島水族館周辺~小田急線片瀬江ノ島駅から徒歩8分

第一打ち上げ場所から200m近く離れて、花火を左手に見る場所ですがまだまだ大迫力の穴場です。割と混雑するエリアになり、早めに行けば芝生にシートを敷いて楽しむことも出来ます。湘南海岸公園からは角度的に江の島を背景にして花火が観えるため、良い写真を撮りたい方にも大変おすすめのスポット。

岩本楼前の海岸~小田急線片瀬江ノ島駅から徒歩15分
 


老舗旅館「岩本楼」の前にある小路を右に曲がって100mほど進んだ場所にある小さなビーチです。境川河口を挟んで、片瀬漁港を正面に見ることができる絶景穴場スポットです。駐車スペースは駅方面になりますので駅から歩ける方向けです。

湘南海岸公園~片瀬江ノ島駅からも徒歩10分

会場から少し離れるものの、まだまだ花火の大きさや振動はそのままに感じることができる絶好のスポットです。広い公園なので、混雑を避ける事もでき、花火大会開始間際でもレジャーシートを広げて観賞することができるので、お子様連れの方にもお勧め穴場スポットです。

七里ガ浜周辺~江ノ電七里ヶ浜駅から徒歩3分

「ゆったりと観賞したい」「人込みを避けたい」方には七里ガ浜周辺からドライブがてらの花火観賞も良いです。江の島から離れてしまうため、花火の爆音や花火のBGMは聞こえません。

湘南モールフィル~神奈川県藤沢市辻堂新町4丁目1−1

毎年屋上駐車場を解放してくれるショッピングモールです。無料駐車場も2100台あります。地元の人は知っている穴場です。屋上に入場するには条件があるかもしれませんので要問合せされた方が良いでしょう。
 

「早くいかないとあっという間に場所取りされる」というご意見もありますが、ふじさわ江の島花火大会の場所取りや駐車場に関しては「地元の人に適わない」のが覿面なようです。分かっている人は「17時頃までには水族館あたりにいれば普通に見れる事ができます」「多分駐車場もそれぐらいの時間ならいけるはず」とのご意見です。
少人数ならば人気の穴場片瀬漁港駐車場周辺にもスペースを見つけることができそうですが、土地勘がなかったり、押しの弱い方や数名のグループの方などはやはり早めに着て「昼間は江の島観光、夜には花火大会」で丸一日江の島を楽しむのが良さそうです。


Sponsored Link


関連記事&特集記事


関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ