【赤いホクロ】ができる原因・除去費用と予防法・占いの意味は?【画像】


「ホクロ占い」というものがありますが、フと気が付くと【赤いホクロ】が!血ホクロとも言われますが怪我したワケでもないのにいつの間にか出来ている事があります。

CIMG1517
管理人の内モモにある赤いホクロ、更に毛も生えていて軽く死にたい気分

管理人も気が付いたらチョコチョコと【赤いホクロ】ができる体質で父も出来ていたので「これは遺伝か?」と諦めつつも、これ以上増えてほしくないと願っているのですが・・・。

取れるなら取り除きたい【赤いほくろ】どんな方法があるのか?せめてこれ以上増えないように予防法はないものなのでしょうか?

こちらでは
————————————————————
【赤いホクロ】のできる原因
【赤いホクロ】の除去方法と費用は?
【赤いホクロ】の予防方法
【赤いホクロ】ホクロ占い的な意味は?
————————————————————
をご紹介します。

Sponsored Link

【赤いホクロ】のできる原因

 

赤いホクロは、できてるその周りの皮膚をつまんでみると、色が消えて、肌の色と同じになります。つまんだ手を離すと、血流が戻り、再び赤くなります。できやすい場所は顔や胸、背中などとも言われますが稀に唇にできるケースもあり、その場合黒っぽく見えます。

つまり赤いホクロは「ホクロであってホクロではない」毛細血管の塊ということです。
 
CIMG1518
管理人の赤いホクロは2㎜だいたいこれくらいの大きさです

「老化説」
赤いホクロは別名「老人性血管腫」と呼ばれます。つまり“内側からの血管の老化”です。
皮膚組織の中で「毛細血管が増殖した」ものが、皮膚の上に現れて表面にホクロのように浮かび上がってしまうのです。なにかの病気という訳ではなく毛細血管が伸びて枝分かれ。表皮を突き破るように表面に出てきてしまったものなのです。早い人だと思春期辺りから出来る事もありますので「老人性」とは言っても20代でもできるものですので年齢は関係ありません。

普通の黒いホクロはメラニン組織の塊です。(一般的なホクロは色素性母斑)赤いホクロはその組織そのものが違うものです。
 
「エストロゲン説」
エストロゲンとは女性ホルモンのひとつです。
加齢によりホルモンのバランスが崩れてしまうことによって、エストロゲンが正常に分泌されなくなったり、働かなくなってしまうことによって、赤いほくろが生成され出現すると言われています。
ですが、男性でも赤いホクロができる方も沢山いますし(男性の場合はテストステロン(男性ホルモンの一種)を元にエストロゲンが作られて分泌されますが量は更年期の女性と同程度)、妊娠中のホルモンのバランスに変化がある時期に赤いホクロができやすいという立証もありません。

「遺伝説」
遺伝とは「ほくろができやすい体質」が遺伝するということです。管理人個人♀ですが父が赤いホクロができやすい体質でした。

「皮膚の炎症説」
下着による締め付けや入浴時の体の洗い方など。

はっきりとは原因が解明されていない赤いホクロですが、もし取り除く除去手術をするとしたらどのような方法で費用はいくらなのでしょうか?

Sponsored Link

【赤いホクロ】の除去方法と費用は?

 

一般的には皮膚科で切り取る方法・液体窒素で凍らせて取る方法・レーザー治療があります。
赤いホクロの場合、大きなものでなければレーザーなどで皮膚表面の赤いホクロ(糸みみず状毛細血管)を熱で壊して切除する方法が多いようです。

【赤いホクロ】の除去方法

凍結療法~液体窒素で血管腫を液体窒素で凍結させて患部を取り除きます。1週間ほどでかさぶたとなり、はがれ落ちていきます。簡単な治療ですが、色素沈着や傷が残る可能性が高いのがデメリットです。
炭酸ガスレーザー~炭酸ガスレーザーは水に吸収される性質があり、水分を含んだ皮膚に効果的です。治療中の痛みもほとんどなく、跡を残さないのがメリットです。
メスでの切除~血ホクロはほとんど約4mm以下の大きさでレーザー治療で除去になります。ですが、大きなものになると手術で切除する事になります。除去方法はお医者さんとよく相談した方が良いでしょう。

【費 用】:除去の方法やレーザーの種類や回数、医療機関により異なりますが、1個で小さなものであれば千円前後から、直径7㎜程度以上に達する大きなものであれば5千円以上。それに加え初診料やその他の費用もかかります。1万5千円程は見ておいた方が良いでしょう。

【保 険】:健康保険の適応になるという事は悪性の疑いや危険性があるという事です。つまり「治療の必要がある」ということです。大きさや形状、本人が「治療目的」か「美容目的」か?などの総合的な判断になります。また稀に「ほぼ全てを保険診療にする」と判断するところもあるようです。但し、レーザーに関しては保険診療を認める施設は少数です。

【治療時間】:約5~30分(赤いホクロの数や範囲により差があります)

【入 浴】:当日から可能です

【メイク】:切除部位は術後10日後から

【麻 酔】:麻酔する場合は局所麻酔もしくは冷却

【切除後の経過】:術後は「濃い茶色」の状態ですが、徐々にカサブタとなります。 かさぶたが取れると再生した表皮(ピンク色)が現れ徐々に色素沈着が起こり、茶色に変化します。 個人差はありますが、この色素沈着は治療後1~2ヶ月目にピークとなり、その後は徐々に薄れ3~6ヶ月後に周囲と同じ肌色になります。

【手術痕のケアの仕方は?】
赤いホクロの除去手術自体は短時間で済みますが、その後普通の肌色に戻るまでが要注意です。手術で取り除くという事は多少なりとも傷が付く事ですから術後のその部位に紫外線が当たるとシミになる可能性もあります。病院によっては「傷はすぐ乾く」「メイクも大丈夫」と言われることもありますが傷の完治には個人差があります。手術痕の状態を見て出血や汁が出るなど心配事があれば病院に問い合わせましょう。また除去手術した部位はなるべく直射日光は避けるように過ごした方が良さそうです。取り除く事自体は簡単ですがアフターケアは自分次第にもなりそうなので、手術前によく医師の話を聞くことも大切です。

【自分で取るのはどうなの?】
「ホクロ除去クリーム」というものもありますが、「安全で確実である」とは言い切れないようですので使用はおすすめきません。

「ホクロ除去クリーム」を使っての感想

成功例 〉クリームを塗った2日後あたりに、ホクロが濃くなり焦りましたが
約1週間ちょいでカサブタになりポロリと落ちました。
失敗例 〉やけど跡のようになってしまいました…病院で診てもらったところ、化学熱傷という症状らしく、現在薬で治療しています。

・・・など、普通の黒いホクロでは「もぐさ」や「引きちぎった」なんてワイルドな方もいて、引きちぎった方は「12時間出血が止まらなかった」なんてケースも;素人判断は絶対止めましょう。
  

【赤いホクロ】の予防方法

一般的に普通の黒いホクロがいつのまにかできる後天的原因は【ストレス、紫外線、衣類などによる締め付け、ケガ、化学薬品】などと言われています。ですが赤いホクロ“老人性血管腫”ができる原因は、はっきりと分かっていません。
生活習慣が不規則な方や皮膚の炎症を起こしている方にもできやすいと言われています。

ひとまず気をつける事は通常のホクロと一緒の考え方として・・・
     
    ・睡眠、食事、運動など健康的な生活。
    ・紫外線にあたりすぎない
    ・入浴時に体は優しく洗う
    ・過剰な締め付けのある服は避ける

 
「色白の人ができやすい」「体の柔らかい所にできやすい」「背中にできやすい」「体幹にできやすい」とこれも諸説あります。ですがこの説も断言できるものでもなさそうです。ですが顔など見える場所でどうしても気になる場合は、メイクや髪型、除去手術など考慮しても良いのかもしれませんね。
  

【赤いホクロ】ホクロ占い的な意味は?

 

 
よくホクロについては黒くて艶があるものを「生きホクロ」色が薄くて茶褐色のものは『死にボクロ』などと言われ吉凶ある風に言われますが、血ホクロについてはどうなのでしょう?

占いの分野では残念ながら赤いホクロについて特に解説はないのですがホクロとの扱いではなく「傷やアザ」と同等で考えると・・・

 傷 ・・傷跡が赤くなったり痒くなったとき注意信号! 災いを自分で招く傾向あり
ホクロ・・他からの災いです。ホクロやアザは生まれ持った縁
シ ミ・・シミは特定の相手への不快感ですから、気持ち次第で消失

  
赤いホクロは毛細血管の浮き出たものですので、ほくろでも傷でもありませんが、傷・ホクロ・シミも含めて「出来た部分が示す意味を弱める事」につながりますので「その部分の意味に気をつけよう」という心がけを持つと良いのかもしれません。
信じるか信じないかはあなた次第です。

ほくろというのは良性のモノならばあっても問題ないものですが、気分的にイヤというコンプレックスにつながったりする事もあるものです。無くなることで気持ちが楽になるならば「安全な方法」で「よく調べたうえで」取り除くのが良さそうですね。


Sponsored Link


関連記事&特集記事


関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ