【マスク】眼鏡がくもる理由とくもり対処法「マスクの選び方」とは?


春は花粉症、冬はインフルエンザ対策、思春期の若者と芸能人の必須アイテム、それはマスクです。

ですが眼鏡をかけている人にとって困るのは、マスクをすると曇る事です。

管理人もメガネっ子なのでレンズが曇ってしまうと不便もありますが「なんかコントみたいでダサい;」と少し恥ずかしくなります。

■こちらでは
————————————————————
マスクで眼鏡がくもる理由と自分に合ったマスクとは
マスクで眼鏡がくもるのを防ぐ方法
「マスク美人」になるには?
————————————————————
をご紹介します。

Sponsored Link

マスクで眼鏡がくもる理由と自分に合ったマスクとは

 
「マスクをして眼鏡がくもるのは私の顔が変だから?;」
例えば鼻が低いとか丸顔すぎるから?と、眼鏡がくもるのが恥ずかしくて妙にネガティブに考えてしまった管理人ですが、くもる理由とはなぜでしょうか?

一言で言うと・・マスクと鼻のすき間から息が漏れているから です。

お風呂の鏡や冬の窓は空気との温度差で鏡、窓が曇りますよね。それと同じで眼鏡のレンズと自分の吐いた息の温度差がマスクのすき間からもれてくもるということです。

それに眼鏡がくもると言う事はその隙間から花粉やインフルエンザのウィルスも入ってくるという事で防備しきれていないという事。なんと実際には73%がマスクを正しく使用できていないそうです。【インフルエンザ】予防接種受けない時の予防方法とは・・マスクの使用期限とは

「それって鼻が低いから?」とまた落ち込みそうですが、要はマスクがしっかり顔に密着すれば良いわけです。また他にも方法はいくつかあります。
また単純にマスク自体が大きすぎるからかもしれません。子供用と女性用のマスクは少し小さめにできていますしサイズ感の違いがくもる原因もありえます。男性でも小顔の人もいますし「やだっ!顔小さかったからなのね」という事もあるかもしれません。

【マスクサイズ選び方と計り方】

GW-01465
日本衛生材料工業連合会参照

利き手をまずグーに握ったら、親指と人指し指を立ててください。次に親指の先端を耳のてっぺんに、人差し指の先端を鼻の付け根に当ててください。親指から人差し指までの長さを測れば、それがサイズの目安になります。

●9~11cm・・・子ども用サイズ
●10.5~12.5cm・小さめサイズ
●12から14.5cm・普通サイズ
●14cm以上・・・大きめサイズ

管理人も計ってみたところなんと12.5cm・小さめサイズ! ぶははははっ!なんとなく勝利宣言です!
ですが、眼鏡がくもるのも気になりますが隙間があるという事は花粉や風邪、インフルエンザから体を守れないという事です。
 
【用途によるマスクの違いと選び方】
実はカップ部分のフィルター性能が違います。
カゼ用マスク・・0.1〜0.3μのウィルスの侵入、飛沫防止の考慮から高いバリア性
花粉用マスク・・20〜30ミクロンの花粉粒子の侵入は防ぎながらも薄くて通気性に優れ付け心地が良い

もし兼用するのであればカゼ用マスクがお勧めです。

Sponsored Link

マスクで眼鏡がくもるのを防ぐ方法

マスクで眼鏡がくもるのはサイズが合っていないからというのはわかりましたが「合わないサイズのマスクがまだたくさんある!」場合はサイズ調整をして隙間を埋めなければいけません。
 

その1/マスクのヒモを短くする

単純にマスクの密着度を高めて解消するかもしれません。

耳にかけるマスクのひもを1度交差させてからかける。もしくはマスクのひもを切って顔に密着する長さで縛る方法です。単純ですがすぐにできる方法です。
 
その2/マスクの上部を外側に折り込む

マスクの上部1センチくらいを外側に折り込みます。そうすると上に抜ける空気がいっぺんに出て行かなくなるので曇りにくくなる、という理由です。

その3/鼻の部分にテッシュをはさむ

マスクの鼻の部分に何度か折り返したテッシュをはさむだけです。
手間がかかりますが、お金はかかりません、隙間を減らす意味では同じですが上手に鼻とマスクの間に挟まないと「ティッシュが落ちてくる」可能性も。両面テープでつけると確実でしょう。

その4/眼鏡に曇り止め

マスクに手間暇かけるのがめんどくさい人は、単純に曇り止めで対応します。
曇り止めを買うのがもったいない人は中性洗剤でレンズをふき取るという方法もありますが、レンズには良くないです、

その5/くもり止めマスクをする
 

なんと99%のメガネの曇りをカットしてくれる効果のあるマスクも販売されています。やはり鼻のところにクッションが付いているので吐いた息が眼鏡に行かないというものです。

その6/くもらない眼鏡にする
 

マスクの加工もめんどくさい、眼鏡の曇り止めもめんどくさいという人は、もともとが曇りにくい眼鏡の使用がおすすめです。
最近は普通の経常の眼鏡でも曇りにくいのが特徴のものもありますし、スタンダートだと「花粉眼鏡」です。
花粉眼鏡と言うと花粉が目に入らないように肌に密着する作りになっています。肌への密着度が高い花粉眼鏡ですからマスクから漏れる息もレンズには入りません。

花粉眼鏡にそんなメリットがあったのか!と思えば堂々とかけられそうですね。
 

「マスク美人」になるには?


 
マスク美人コンテストというものがあるようですが、マスクというと病気以外にははずがしがり屋さんや目立ちたくない人には必需品です。女性なら目力のあるメイクをするといろんな意味で自信も持てます。また最近はマスク自体カラフルなものも多く真っ黒いマスクが男性には流行っています。

ですがマスク美人になるにはメイクやマスクの色形だけにこだわるのではなく、やはりサイズが合っている方が美人に見えます。それはジャストサイズの方が横顔のEラインがはっきりし、横顔美人になるからです。

マスクをつけても美人でいたい方は横顔も意識して美人度を上げましょう!


Sponsored Link


関連記事と広告


関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ