【蒸しタオル】効果的な使い方と注意点・やけどしない確認方法「画像」


蒸しタオル美容法というと手軽に作れてスッキリ、綺麗になれそうと人気のお手入れ方法です。
 

毛穴を開きたい場合は「なるべく熱い」と毛穴がしっかり開きそうな気がしますし、血行も良くなってますます綺麗になれそう( ^ ^ )な気がしますが実は間違った使い方をすると逆にお肌を傷めたり、肌トラブルを悪化させる可能性もあるのです。

■こちらでは
————————————————————
【蒸しタオル】やけどに注意!温度確認と注意事項
【蒸しタオル】やけどしないための温度の確認方法と顔への乗せ方
【蒸しタオル】効果的な使い方とオススメの人と向かない人とは
————————————————————
をご紹介します。

Sponsored Link

【蒸しタオル】やけどに注意!温度確認と注意事項

 
毛穴のポツポツが気になっていた管理人は「少し熱めの蒸しタオルの方が毛穴が開きそう」と何回も蒸しタオルをレンジでチンして思考錯誤していた記憶があります。
 

コレ、毛穴は開いたのかも?しれませんが顔の皮膚全体にはかなり酷なお手入れだったかもしれません。

お風呂だって50℃だと熱湯風呂になります。蒸しタオルも熱過ぎたりやり過ぎたりすると弊害が起きる事もあります。
蒸しタオルは、皮膚の油分や角質を取り除く効果があります。温度が高かったり、保湿をしっかりしないと肌は刺激に敏感になって逆に乾燥を招いてしまうこともあります。蒸しタオルをする際に注意するのは温度の確認です。
 

Sponsored Link

 

【蒸しタオル】やけどしないための温度の確認方法と顔への乗せ方

 
蒸しタオルの温度を計る時は・・

①感覚が鋭い腕の内側
 
CIMG0160
手の平よりも腕の内側の方が温度に敏感です。こちらで先に温度を確認する
 
②広げた時にあごの先に少しふれ温度を確認
CIMG0162
 
③熱すぎる場合は、タオルを全体的に広げ空気を含ませてるように冷まします

蒸しタオルは「特に顔」は人肌程度の温度で十分気持ちいいと感じる事ができます。それ以上だと肌へのダメージにつながります。体に使用する場合は少し熱めのお風呂ぐらいの温度でも大丈夫です。
 
蒸しタオルの顔の乗せ方
 
①蒸しタオルは縦半分に折ったもので使う
CIMG0137
写真下のようにタオルは縦に半分に折ります  
【蒸しタオル】レンジを使わない作り方と長持ちさせる方法と当てる時間
 
②蒸しタオルを開き、輪を上にして持つ
タオルは半分に折った輪を上にして持ちます
 
③蒸しタオルを開き、温度を確かめる
上記のとおりタオルの温度を腕の内側かあご先で確認します。 

④蒸しタオルの中心を鼻の下~あご~耳の前を包み込むように当てる
CIMG0150

CIMG0152
 
⑤内側に折り鼻の上~額にかけて顔に乗せる
 
CIMG0154
 
CIMG0156
鼻は呼吸ができるようにふさがないようにしますが、鼻の毛穴が気になる場合は呼吸できる範囲でタオルでおおいます。 

エステなどで一般的な蒸しタオルの当て方です。
自分ひとりでする場合でももたれかかる場所があるならこの方法で大丈夫です。鼻で呼吸できますのでタオルが冷めないかぎりは当て続ける事が出来ます。
  

【蒸しタオル】効果的な使い方とオススメの人と向かない人とは

 


 

蒸しタオルの効果とは・・
     
    ・毛穴を広げ肌を柔らかくする
    ・肌を温め血行促進されむくみが取れる
    ・リラックス効果 

 
他、クリームやパックなどの上から当てて浸透を高めたりなどにも効果的です。特に顔に使用する場合、美容効果やリラックス効果を求めるものですが、それらを高めるためには・・

・耳やあご下も包み込むようにする
エステでは蒸しタオルをする時、鼻の下→耳前→あご→頬→額を包み込みます

・蒸しタオルを当てた時ツボを押さえ、圧を加える
蒸しタオルで蒸しながらつぼを押したり圧を加えると大変気持ち良くリラックスできます。ある程度重さがかかる方が気持ち良いのでスポーツタオルなど少し大きめのタオルを使用するのも良いでしょう。
 
・首やデコルテも蒸しタオルを当てる
顔だけじゃなく首やデコルテも蒸しタオルで温める事で血流が良くなり美容効果が高まります。

・蒸した後に冷水で軽く引き締める
温めた後は冷やす事でより血管の収縮を促進、より血流が良くなります。蒸しタオルの次は冷水で引き締めたり、冷やした化粧水でのローションマスクなどするとむくみ対策や肌がひきしまります。

・頭もマッサージする
顔も地肌も皮一枚でつながっています。地肌もマッサージすると美容効果や疲れも取れます。
 
・蒸しタオルが終わったら即スキンケアをする
蒸しタオルが終わったらすぐにスキンケアで保湿します。上記にある通り蒸しタオルは肌の汚れと共に潤いも取り除くので意外と肌が乾燥します。肌が温度で柔らかくなっている時はスキンケアも入りやすくなっていますのですぐにスキンケアしましょう。 
 

 
蒸しタオルはスペシャルケア的に取り入れるのが一番のオススメです。あまり長い時間当てなくても美容やリラックス効果は得られます。逆にひどいニキビや炎症している、肌が薄く敏感な時は状態を悪化させる逆効果になる事もありますので、おすすめしません。蒸しタオルは血行不良気味、角質肥厚でゴワついているなどの人がやるのに向いています。お肌と相談しながらやってみましょう。


Sponsored Link


関連記事&おすすめの記事

コメントを残す

サブコンテンツ