【大根】中が青い!大丈夫?食べられる大根の判断とは「閲覧注意」


買ってから忙しくて台所に2日そのまま放置していた大根が切ってみたら「中が青い!」「表面に黒い点」が発生!

「うわ~カビ?失敗したぁ~」とカビているところまで捨てました。(なぜなら飲食店の人にそう教わった事があったから)

もともと病気な大根だったのか?冷蔵庫に入れなかったから病気になったのか?いずれにしてももったいない事をしました・・ところが!それ病気でもカビでもないかもしれないのです。    

■こちらでは
————————————————————
大根を切ったら中が青いそれは「青あざ症」
大根の賞味期限と食べれるかどうかの判断
————————————————————
をご紹介します。

Sponsored Link

大根を切ったら中が青いそれは「青あざ症」と見分け方その原因

 
大根の中味は白いものという概念がありますから、開けてみて青かったら「ウワッ」って引くのも仕方がありません。

実はこれ「大根の老化」による生理現象の「青あざ症」なのです。

青あざ症とは・・
i320

大根は老化(古くなる)します。大根の老化を引き寄せる原因は・・乾燥・高温(平均気温が25度以上)・過湿・ホウ素欠乏などが原因で発生する生理現象です。参照

大根の青あざ症対策とは・・
大根は本来冬のもの、二月霜が何度かかかると甘く柔らかく美味しくなります。夏場の大根は品種改良でできた青首大根が多く夏場の方が気候的にも青あざ症になりやすい傾向にあります。

大根を購入する際には・・
夏場~真ん中の葉っぱ(芯になる葉)が太い、又他の葉の間から新しい芽が出てきているのはさける。夏場は半分のサイズの購入が無難
冬場・その他の季節~葉の部分がカットされている大根の場合には、切り口の細胞をみて気泡(ス)が入っていないか?をチェック(大根の切り口に隙間・穴があいているかどうか?)その場合は避けたほうがよいでしょう。
カットされた大根~断面図がきめ細かい、スが入っていない

■青あざ症か病気かのチェックするには・・
青あざ症か本当に食べられない大根の病気かの確認する方法は、蒼くなった所より先がカットしてもしてもずっと黒ずみが出るようなら栽培時に土壌や気温や肥料関係の障碍のあった大根です。おすすめしません。

■青あざ症の大根食べても大丈夫? 
青あざ症にかかった大根を食べても食中毒などの危険性はほとんどありません。ただし多少マズくなっていて苦い、筋張っているなどはあります。味は良くありませんので生で食べるよりも炒めたり煮たりの調理法がおすすめです。また「米のとぎ汁」で下ゆですると苦味がやわらぐようです。

 

青あざ症は病気ではなく大根の生理現象であるならば、それを「発生させてしまったのは自分かも?」という心当たりがありました(購入して2日冷蔵庫に入れないで台所でストープ使っていた)

まだ青あざ症も出始めたばかりでしたので・・
発見時・・厚さ3センチくらいの輪切りにし冷凍、2,3個青あざが一部にある状態
2日後・・霊塔から出すとカチカチに凍った全体的に青黒い大根に Σ(゚Д゚lll)
「食べても支障ない」との事で冷凍庫から出して躊躇していたら「溶けてきた青あざ症の大根は白くなったのです!」
ですが、蒼くなっただけでも引いたのに凍らせて青あざが濃くなり溶けると白くなる不思議現象にどうしても精神的に受け付けず、無きものにしてしまいましたm( _ _ ;)m

 

 
閲覧注意・大根の様々な病気

大根は意外と病気になるなる事が多い野菜です。大根は年間通して作られる野菜ですが、季節によりかかる病気の違いや病気になりにくい季節もあります。
大根が良くかかりやすい病気
白さび病・・4~6月、カビが原因で葉の表裏が黄色く変色、根も小斑点を生じる
saie_023X124

萎黄病・・7~9月、病原は糸状菌で葉は黄変し根の導管部は茶~黒褐色となる。
aburana95_iou_c_urusibara

バーティシリウム黒点病・・9~11月、病原は糸状菌。大根の根の維管束の黒変
52de3cb9

他にも様々な病気があり、葉が枯れたり、根が腐ったり、成長が悪いなどの病気があります。ですが購入してから発症している青あざ症の場合その保存状態で発生する事の方が多いようです。購入したその日に切ってみたら青あざ症だったという場合は生産元や販売店での管理の問題かもしれません。食べても支障ないですが受け付けない場合はお店に要相談でも良いかもしれません。
 

Sponsored Link

  
 

大根の賞味期限と食べれるかどうかの判断

 
大根の賞味期限は冷蔵で1週間程度、冷凍で1~2ヶ月程度です。購入時・入手時の大根が「いつ収穫されたものか?」を知るのは難しく厳密な賞味期限はないのですが、新鮮な大根ならこれくらいの期間になります。

大根が「まだ食べれるかどうか」の判断
大根は切って中身を見て食べられるかどうか判断します。明らかに病気の大根は上記のとおり、青ではなく黒や茶、白い斑点などになるようです。

まだ食べれる状態~「いたんでいるカモ?」と思ってもまだセーフな場合もあります。
・全体にシワッとしても断面がシャキっとしている
・青あざ症
・一部変色していても他の大丈夫な部位は加熱すれば大丈夫

食べられない状態
・カビが生えている
・異臭、変なにおいがする
・ぐにゃ、ヌルッとした状態
・ブヨブヨしている
・茶色に変色
・断面が透明
・断面にスが入りパサパサしている
・汁が出ている
 
 
 
大根はその身もしっかりしていますが、しっかりと冷蔵庫で保存しないと足の速い野菜です。上手に保存して美味しく頂きましょう

大根の放置プレイはたくわんのみ


Sponsored Link


関連記事と広告


関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ