【ホワイトデー】お返しをくれない男性心理 と付き合い方はどうする?


ホワイトデーというと

チョコレートをもらった男性はそれぞれの立場で「まぁ、うれしい。」気持はあるものですが男性として立場・年齢に関係なく困るのが「お返しどうしよう」というものです。

女性としては色々考えて手間も暇もそれなりにかけて送ったチョコレート。でもそれに対してまったくお返しがないというのは「えっくれないの?;」との失望感とか怒りとか・・悲喜こもごもです。

■こちらでは
————————————————————
【ホワイトデー】お返ししない男性の心理とは
【ホワイトデー】お返しをくれなかった男性との付き合い方はどうする?
————————————————————
をご紹介します。

Sponsored Link

【ホワイトデー】お返ししない男性の心理とは

 

・うっかり忘れていた!
男性の忙し度にもよりますが、バレンタインに比べるとホワイトデーはやはりイベント力が弱いものです。「忙しくて忘れてた」というのはありがちです。

・めんどくさい
義理とわかってチョコを貰っている場合は特にめんどくささが先行します。バレンタイン自体興味がないのも事実でしょう。

・彼女がいる、脈がない
独身ならば本気でくれるチョコレートに対して、その気がない女性に答えるというのは逆に不誠実であるのも確かにその通りです。

・恥ずかしい、照れクサい…
ホワイトデーだとわかっていても、お返しを買いに行ったり準備する、渡すのがどうも気恥かしいという人もいるものです。

ですがお返しをしない男性というのは、ホワイトデーを全く意識していないか、意識しないようにしているのは間違いありません。それにガッカリするのはチョコレートを上げる側との温度差がある事にちがいありません。

Sponsored Link

【ホワイトデー】お返しをくれなかった男性との付き合い方はどうする?

 
ホワイトデーにチョコレートのお返しをくれなかった場合「あげた時の気持ち」次第で受け止め方は変わってきます。

 

 
好きな人にあげたのにお返しがない

前向きに考えたら「忙しくて忘れているのかも?」になりますが、脈がないだけかもしれません。その場合、潔く諦めるか後日さりげなく気持ちを聞いてみるという青春模様を繰り広げるのも良いでしょう。
 
彼氏、旦那なのにお返しがない

「お返しをくれて当たり前の人が返してくれない」バレンタインで盛り上がっている乙女心が一番傷つくのはこのケースですが伝え方次第ではケンカになりかねません。
一番良く知っている男性が彼氏、旦那なのですから「この人どうして返してくれなかったのだろう?」と想像しベストのおねだりをした方が無難でしょう。一番めんどくさいのは「ホワイトデーあげなきゃいけないのにお返ししなかった」と内心罪悪感を持っているタイプです。このタイプに「お返しくれないの?」と言われると責められている気分になりケンカに発展する場合もあります。

この場合・・
・とりあえず怒らない
・3倍返しを期待すると関係にヒビが入ることもあるので金額にはこだわらない
・来年のバレンタインは適当もしくは止めにする
・ホワイトデーのお返しを自分で用意する「あなたが忙しいだろうから自分で用意したワ!ありがとう!」とそっと請求書を渡すなど・・・WWW

 
会社、仲間内などオフィシャルな関係でお返しがない

The義理チョコで渡したチョコレートでもそのお返しがないのは「ちょっと気遣い足りないんじゃない?!」なんて感じてしまいます。ですが友達でも彼氏、旦那でもない円滑な人間関係の潤滑油をとして渡したチョコレートならそのお返しは期待しないのが心穏やかに過ごすコツです。

なぜならばお返しをくれない場合
・忙しくてお返しを買う暇がない
・忘れていた
・もう来年からいらない!わかってくれ!

 
あなたの思いやりに答える気力も体力もあまりないのがほとんどだからです。しかももらったチョコレートよりもお返しにかかる金額の方が高いと感じている男性は多いものです。とくに少ないおこずかいでやりくりしているお父さん世代の方からのお返しは身銭を切っている場合もありますから、お返しがないとしても日ごろお世話になっている「お中元・お歳暮」のつもりでやり過ごすのが大人の女性のマナーとも言えます

愛されるより愛する方が幸せ

チョコレートをもらうより、相手を思って買いに行ったり作ったりする時間が幸せなのです

見返りを求めないのが愛です


Sponsored Link


関連記事&おすすめの記事

コメントを残す

サブコンテンツ