【水着】短足体型カバーできる水着とNG水着


短足が気になる人の水着
 

 
洋服と違って肌の露出が多い水着は選び方によっては体型がバッチリ分かってしまいます。

脚が短ければ洋服ならヒールを履けば良いのですが、プールや海に入る時までずっと履いてもいられません。肌が出る水着でも少しでも体型カバーできる水着の選び方とはどのようなものでしょうか?
 
■こちらでは
————————————————————
【水着】短足体型カバーできる水着とは
【水着】短足強調!NG水着とは
————————————————————
をご紹介します。

Sponsored Link

  

【水着】短足体型カバーできる水着とは

 

ウエストを高い位置「ハイウエスト」にする~洋服でもそうですが、短足さんの場合はウエストの位置が高い水着がおすすめです。ピップの位置で
 

 
パレオ~ロングパレオならトップスより押さえたカラー(肌に近い色)や短めなら斜めに切り替えの入ったのデザインがオススメ
 

紐リボン型~銅と脚の境目が細い紐リボンで逆三角形のショーツはハイレグ効果的な脚を長く見せることができます
 

ホルダーネック~やや太めのホルダーネックは視線を上に向く効果があります

  
トップが明るい色のビキニ~明るい・華やかな色~視線が上に行くように胸元から上は明るくて華やかな色の方がおすすめです。また上が明るい色だと縦ラインが強調されて背も高いイメージになります。
 

細かい柄~派手さはないものの上品な印象になり脚がスッとした印象になります。

 

ミックスマッチスタイルビキニ(ブラが華やかカラーの上下別デザイン)ボトムは単色の濃い色~下半身は目立たないように単色の濃い色にするとメリハリがつきます 
  

 
 
 
ビーチで完璧を目指すなら頭からつま先までをトータルファッションとしてとらえましょう。コンプレックスから視線をそらすために顔周りと脚元に視線をそらせる工夫です。
   
ヘアスタイル、髪飾り、帽子、サングラス~顔周りの小物で体から視線を上に持って行きましょう
 
前下がりのサンダル~ハイヒール効果のある前下がり気味のサンダルだと足長効果が期待できます。脚の長さよりも足自信に視線を集める為にはっきりした色、ラインストーンやお花のコサージュなど目立つものがおすすめです。
  

Sponsored Link

【水着】短足強調!NG水着とは

 

スカートタイプの水着~ビキニと3点セットで購入する場合が多いのですが短いスカート・スカパンタイプの場合、足の太もも周辺に目がいってしまいます。また腰の位置がフリルで強調されますので足の長さが分かりやすくなるのです。胴長の人も銅の長さを強調してしまいますのであまりお勧めできません。
 

水着のカラー~白は膨張色、イエローは肌色に近い為、脚がより目立ち長さにも意識が向いてしまいます。
 

 
短足さんは【視線を上にあげる】
視線を上(トップス)と下(サンダル)に分ける


Sponsored Link


関連記事と広告


関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ