【成田花火大会in印旛沼】アクセスと駐車場・交通規制・服装は?


成田花火大会in印旛沼


 
ここ数年、徐々に注目を集めている「秋の花火大会」
秋の花火大会が夏と違うのは空が夏よりすんでいるので、より花火が鮮明に見えるということです。また秋は夏よりもイベントが若干少なくなったり、夏に花火大会を見損ねてしまった人には挽回できるチャンスでもあります。
でも数が少ないからアクセスが大変?寒い?なんて気になる点もあります。

■こちらでは
————————————————————
【成田花火大会in印旛沼】アクセスと駐車場、交通規制は?
成田花火大会の服装や持参物は?
————————————————————
をご紹介します。

Sponsored Link

  

【成田花火大会in印旛沼】アクセスと駐車場、交通規制は?

 

 
アクセス:JR成田駅と成田スカイアクセス成田湯川駅の2駅の利用になります。
 
JR成田駅西口【乗り場略図】
GW-00815

浴衣を着ない季節ですから、歩ける格好と靴で行くのがおすすめです
15:30より各駅から臨時バスが出ます。どちらも会場まではバスで15~20分、バス停下車15分・・・とありますがバスはなかなか来ません。そして駅の混雑は乗るまで1時間ぐらい続くと思ってください。帰りは渋滞によりバスに乗るより、50分かかっても歩いたほうが早いという話もあります。(会場まで徒歩50分ほど)
 
JR「成田駅」西口→「ボンベルタ前」下車(\160)
ボンベルダはイオン系の大型スーパーで立体駐車場も1200台そなえています。ただし営業時間が20時までですので、最後まで花火を見なくても良い方はこちらの駐車場を利用するのも良いかもしれません。 
成田スカイアクセス「成田湯川駅」→「吾妻中学校前」下車(\210)
「1番線」吾妻・ボンベルタ経由”JR成田駅西口行き”の乗車になり、「吾妻中学校前」での下車¥210になります。ちなみに「吾妻中学校前」→「消防署前」→「ボンベルダ前」になりますので、何かお買い物がある方はそのままボンベルダまで行かれても良いかもしれません。
  
【駐車場】はどこにある?
会場の交通規制の範囲の手前にボンベルダとウニクス成田(駐車場261台完備)というスーパーが2件あります。どちらの駐車場からも遠目になりますが花火は見ることができ混雑は予想されます。ですが飲食やトイレの完備を考えると大変便利な2件になります。 
また会場に近い成田駅、成田湯川駅、公津の杜駅まで車で来て近くの駐車場に停めるという方法もあります。


  
交通規制の状況は?
この花火大会では立入禁止区域が「前日から翌日までの3日間」会場周辺への規制区域(交通規制)が当日の15時~22時まであります。なお交通規制情報は花火大会のほぼ1か月前9月20日ほどに発表になります。車で行かれる方は必ず確認してから行かれることをお勧めします。
 

 
一般道は4時過ぎると464は田んぼ道ですが渋滞してきます。花火の打ち上げで立ち入り制限区域すれすれの道でちょっとしたスペースに駐車している人がいますので、6時過ぎたら動かないし逃げ道もなくなります。51号は夕方は成田市役所からイオン付近は週末は必ず混む道です。
 

Sponsored Link

 

成田花火大会の服装や持参物は?

 

 
秋の花火大会ですので夏よりも肌寒い気温です。また昼と夜の温度差ややや風も吹く場合もあります。ちなみに2015年の成田花火大会のお天気は・・・

天気:くもり
最高気温:20.5℃
最低気温 :15.9℃
風速:2m/s
    でした。

 
花火大会は夜ですが昼間から行動することになります。気温20度とは「少し肌寒い」夜の気温15度とは「冬服に着替える目安」です。【今日の服装】気温での目安とは
また風速:2m/sの風の強さは「顔に風を感じる。木の葉が動く。風見も動きだす。」くらいの強さの風です。
寒がりの人は風が冷たいと感じるかもしれませんので、当日の天気や気温をチェックし薄手のコートなど来てもよいかもしれません。
 
これは持って行ったほうがいい持参物とは?
上記のお天気にもある通り、夜は意外と冷えます。特に注意するのは「座ってみるならお尻も冷たい」ということです。有料席を購入の方でも椅子席でない場合はお尻が冷えない服装もしくは段ボールなどあるとずいぶん楽です。(携帯用の椅子が持ち込める区域は限られています)また屋台なども出ていますが、お祭り価格です。暖かい飲み物なども水筒に入れて持っていくと良いかもしれません。

こちらもおすすめ
【成田花火大会in印旛沼】日程と穴場6選・有料席販売はいつから?


 
成田花火大会は意外と歩く、そして意外と寒い
 


Sponsored Link


関連記事と広告


関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ