【足の小指の爪がない】簡単な小指の爪の伸ばし方


足の小指の爪

おしゃれな人なら足の指にネイルをするでしょうし、最近は男性でも素足で靴を履く人もいるので足のケアに気を使う人もいることでしょう。

そんな足のおしゃれにこだわる人が少し気をつけたいのが足のケア。特に「足の小指の爪がチョビッと」しかないとサンダルでのネイルの足元も格好悪いし「ファッションにはこだわるけど体のケアはおざなりなのね」との印象は途端にだらしない人の位置づけになってしまいます。

管理人には足の小指の爪があります( ̄∀ ̄)v
あるというか、偶然のなせる業?ほじりだして小指の爪を作り出すことができ、もうそのまま小指の爪は健在です。

■こちらでは
————————————————————
【足の小指の爪】生えてこない原因
【足の小指の爪】簡単な小指の爪の伸ばし方
【足の小指の爪】きれいな足・爪を保つ方法とは
————————————————————
をご紹介します

Sponsored Link

【足の小指の爪】生えてこない原因


 
足の小指の爪が埋もれている人にはいくつかの原因があります。

・甘皮に爪が埋もれている
小指の爪は靴に当たりやすく、摩擦から守るために角質が溜まりやすく、甘皮が爪を覆って埋もれていきます。そして甘皮が覆いすぎることで爪が成長しずらくなり、悪循環を繰り返すことになります。

・キツイ靴を履いている
先が細い靴や爪が圧迫されるヒールの靴、サイズの合わない靴を履いていると、当然足の形の変形や爪への負担もかかってきます。ゆるい靴でも指と靴がぶつかり爪の形に影響を及ぼします。

・足が冷え性
足が冷えて血行不良が起こると足の肌の乾燥や爪への成長にも影響を及ぼします。

・歩き方が変
歩き方が変ということは体のゆがみが考えられるかもしれません。ゆがみがあると同時に歩き方にも影響が及ぼしますので、足に合う靴を履いていても疲れやすかったり足の形や爪の形にも影響が及ぼします。

上記に思い当たる事がありそれを無視し続けていると、足の小指の爪だけじゃなく、たこや魚の目、足の形の変形や爪の重篤な症状にもつながりかねませんので、靴選びや足のケアはとても大切になります。
  

Sponsored Link

【足の小指の爪】簡単な小指の爪の伸ばし方

 

小指の爪を伸ばすということは爪を復活させるに等しいことです。チョッピリしか出ていない小指の爪は甘皮に埋もれているだけで潜在的には伸びシロがある人が多いからです。

ちょっとした足のケアと注意で足の爪はとてもきれいになります。

【小指の爪の伸ばす甘皮のケアの仕方】
・入浴し湯船につかり、足の爪や甘皮をふやかす
・入浴中ブラシなどで爪の汚れ(表面や爪の間)をきれいにする
※爪を正しく平行にカット
※爪の表面の凹凸を整える
・足の指から爪に向かいクリームをつけてマッサージする
・クリームをつけたままの状態で甘皮を爪の根元(皮膚)に向かってグッと押し上げる。甘皮が長くあまった場合は清潔なハサミでカットします。ケア後の爪先はふき取りや洗い流して良いです。
・最後に必ず爪の根元から爪全体を保湿します。
(※必要があれば行うケアです)

本格的に爪のケアをするとなると「爪のケアグッズをそろえなきゃならないの?」となりますが、もし上記の過程をふむのが面倒ならば【湯船に長時間つかり十分に甘皮が柔らかくなったところで甘皮を押し上げる】という超省略な方法でも埋もれた小指の爪は伸ばすことができます。
ただし、きれいなお風呂の中で、お風呂を出るときはきれいなシャワーを浴びて、爪に保湿のクリームなどは必ずつけましょう。そして無理はしすぎないのがコツです。


足の爪のケアを日ごろ行っていない人の甘皮はなかなか頑固です。1回のケアで完全を目指すとこれから伸びてくる爪も傷つけてしまいます。なかなか甘皮が取れにくい人はお風呂に入るたびにケアをするようにすると良い爪が伸びてきます。

Sponsored Link

【足の小指の爪】きれいな足・爪を保つ方法とは

生きていれば上記の【足の小指の爪】生えてこない原因に誰しも直面し、どうしても足の裏は硬くなり、爪や足の形にも影響があるものですが、足のきれいさだけじゃなく足の健康も考えるとやはり足に優しい生活とケアは大切になります。

きれいに小指の爪を伸ばすには日ごろの足裏マッサージがおすすめです。

若いときはヒールのあるきれいな靴をかなり無理して履いていて、足裏が血行不良すぎてめまいがするほど体調不良や足の痛みに毎日苦しんでいたので、あまりの辛さに足裏マッサージ機をやり続けていたら足が健康になってきたのです。問題は血行不良と圧迫にあるということです。

きつい靴や履きなれない靴などで足指や足裏の疲れが抜けないと、その痛みを感じた部分が角質化したり足の形が変わってきてしまいます。マッサージで縮こまった足の血行促進させると翌日に疲れを残さないどころか、角質化の防止、小指の爪もなくなることがありません。
なるべくなら足の形にあった靴やヒールの高くない靴がおすすめですが、おしゃれしたい時は帰宅後は足をいたわってあげましょう。足の血行促進が足のきれいさを保つポイントです。


Sponsored Link


関連記事と広告


関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ