【男のムダ毛】処理すべきキモい場所と細く薄く脱毛する10の方法


女性にとっては人生の死活問題である「ムダ毛」問題。最近は男性でもムダ毛を気にするのはもはやマナーの粋に達しています。ですがあんまりツルツルで女子力高いムダ毛処理をしていると、それはそれで引かれます。

「じゃあ!どうしろってーんだ!!」

とお怒りの声はごもっともですが、ムダ毛処理はピンポイントでおこなっても良いのです

こちらでは
————————————————————
【男のムダ毛】ツルツルでドン引きされる箇所はココだ
【男のムダ毛】細く薄くする基本の脱毛方法10
————————————————————
をご紹介します

Sponsored Link

【男のムダ毛】ツルツルでドン引きされる箇所はココだ

「ツルツルすぎて気持ち悪い」は女性にとっては「こいつ、ナルシストか?」「神経質か?自意識過剰か?」「付き合ったらめんどくさそう」と何かにつけて査定されます。でも野放しにしてはいけないのがムダ毛なのです。

やり過ぎない程度の男性のムダ毛処理とは、女性からみて「ムダ毛があってもOKな所以外」なのです。

【あって自然な男性の胸毛】
・すね毛~毛深いのはイヤだけどツルツルなのもイヤ
・わき毛~ないと気持ち悪い
・腕毛や指毛~ツルツルすぎると逆に不自然
・ひげ、眉毛、鼻毛~眉毛が青くて細いと田舎のヤンキーに見える

【あるとビックリな男性のムダ毛】
・耳毛~老化の兆し、将来いしわた金網になる
・眉間~つながってて「こち亀」化してる
・鎖骨毛~なにかの動物か!
・背中毛~ウルバリンか!
・乳首毛~胸毛全体量は少ないのに乳首周りだけ生えていると×
・尻毛~量によります、彼女に言われたら要処理
・ケツ毛~肛門周りの毛の長さを彼女から言われたら要処理

【判断の難しいムダ毛】
・わき毛が長すぎ~腕を下ろした状態でもチラ見えするわき毛は長さをカットしましょう

・陰毛とへそ毛~ブリーフをはいた時にはみ出る毛は処理しましょう。なぜなら「陰毛の延長だわ」と不潔感を感じさせるからです。

・尻毛やケツ毛~裸になるシーン以外で人に見せない部分です。生活面で「ウ●コがついていそう」などの不安や肉体関係にある人の意見で処理の判断を。

男性用の脱毛エステもたくさんありますから、VIOゾーンも脱毛できる時代です。ですが意外とセクシャルな部分のVIOに対して女性は「オトコだし、まぁ生えてるよね…」と(個人的には)思います。それ以外の耳毛や眉間、鎖骨、背中、乳首などにはまったく必要性を感じないから「なんで生えてるの!?」になるのです。VIOに関しては「パンツからはみ出さない程度」「清潔を保てる程度」なら男らしさで突破できると思います。

ですが本当に美意識が高く全身ムダ毛処理したい人は「スポーツをしている(水泳やサッカー、競輪など)」や「カミソリ負けするから髭脱毛するしかなくて」など言うのも良いでしょう

Sponsored Link

【男のムダ毛】細く薄くする基本の脱毛方法


 
エステ
口ひげからVIO処理まで時間とお金がかかります。昔は「永久脱毛」と言いましたが「永久に終らない脱毛」と女性は判断しています。なぜならば毛が減ってくると他の箇所も気になってくるからです。
エステの場合「自分がどの程度の減毛で妥協できるか」を目安にするのも良いでしょう


・脱毛器
各メーカーから「●●脱毛」なんて本当に効くのか?自宅でエステなみの脱毛ができる器械もあります。肌もいためないのは良いのですが、とにかく時間がかかりますし、効果を実感するのが
照射範囲・パワーで選ぶ人が多く人気はケノン、トリアなどです。ソイエとノーノーヘアは脱毛効果に?で人気薄です。購入する場合各種の脱毛方法や効果などよく調べ検討しましょう。


・毛の長さを切る空く
わき毛、陰毛は毛先を切って量を減らすだけでも、スッキリした印象になります。ハサミで切ると断面が鋭くなり、チクチクかゆくなりますのでヒートカッターなどで毛先を焼き切ると先細りの仕上がりになります。
ヒートカッターは処理に少し時間がかかる事と毛の焦げ臭さを感じます。


・除毛クリーム
除毛クリームを塗って数分置くだけで、毛を溶かして処理できます。簡単さがウリなのですがツルツルになるので「毛を残したくないところ」での使用が良さそうです。
ただし除毛クリームはすぐに生えてくる事、肌が弱いとかぶれるので予定があって脱毛したい場合はパッチテストの上で予定の2,3日前に使用しましょう。


・ブリーチで脱色
ブリーチする場合、毛の量があまり多いと「欧米か!」並みに金色の毛がフサフサゆれる印象になります。肌には優しいのですがどちらかというと毛が少なく、日焼けした肌色の人にオススメです。


・100円ショップ脱毛パッド
くるくるするだけで簡単に脇も脱毛できる脱毛パッドは昔からある古典的脱毛器です。
脱毛に時間はかかりますが、仕上がりはチクチクしなくて意外と使えます。目の細かいヤスリで肌をこすっているので使用後の保湿が必須です。
太い毛は残りやすいので減毛するのには向いています。


・脱毛テープ、ワックス
これは男性にオススメできないのは毛が濃くて太いとかなりの激痛だからです。根元からバリッと脱毛できますが毛があまり強いと軽く「拷問じゃないか?」と錯覚するかもしれません。処理すると比較的長い期間毛は生えてきませんが、肌へのアフターケアをしっかりしないと毛穴が広がるなども注意です。


・カミソリ
基本的にカミソリでの処理は肌を傷つけるというのは男性の方がよく知っている事でしょう。カミソリでの処理は肌荒れや埋もれ毛を引き起こす原因だからです。これは肌が敏感な時や汚れている時、カミソリ自体が不衛生であったり、前後の肌ケアが不十分などの衛生面での状況での処理が問題なのだと考えられます。カミソリの場合、次生える毛の脱毛面が太く見えますので脱毛悪循環におちいりやすくなります。
つい簡単なのでカミソリで処理したくなりますが、やはりおすすめしません。カミソリでの処理は衛生的な状況で行いましょう。


・毛抜き
暇な時にモクモクとやってしまう毛抜きでの脱毛。これも良くないのは毛根にバイ菌が入ると吹き出物ができたり、やりすぎると毛根や周囲の肌が痛み、肌がたるんでくる事です。特に顔、眉毛など毛抜きでやってしまいますが、やり続けるとまぶたが下がってきて年を取ると二重も奥二重になってきて目元の印象が小さく弱くなります。

鼻毛は抜くべきか?
マナーとして鼻毛は老若男女飛び出していてはかなりマズい毛ではあります。
最近は鼻毛をワックスで簡単に抜き取る商品も販売されていますが、コレ使い方に注意しないとこまったことになります。
鼻の中にカサブタができる可能性があるからです。
鼻の中の【カサブタ】原因と治療法とは

鼻の中は普通の皮膚と粘膜のはざまにあるようなデリケートな皮膚です。か弱いから鼻毛で守られているのに、鼻の中の皮膚を傷めるような脱毛方法を取ると、傷ついていつまでたっても治らない困った状況になります。

鼻毛は抜くより、飛び出した毛をカットするくらいが健康にはおすすめです。

【男のムダ毛】は太くて猛々しい毛がキモい
毛量も素振りもしなやかさが今風


Sponsored Link


関連記事&特集記事


関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ