【彼女の話し方】嫌い・つまらないを乗り切る8つの対処法


カップル・夫婦でまったり時間を過ごす時の楽しいおしゃべり

でも、楽しく思っているのは彼女だけ
なぜなら彼女のおしゃべりを聞くのが苦痛でたまらないから

そんな男性とても多いことでしょう。
お笑い芸人なみのオチや笑いを求めているワケではないにしても、オチもヤマもなくムダに長い。
「で?なにが言いたいの?」
と聞かされている間、男性は苦行に耐えているのです。

こちらでは彼女のロングトークを聞くに当たってどうしたら苦しみを乗り越えられるかの対処法をご紹介します。

————————————————————
【彼女の話し方】嫌い・つまらない理由と内容
【彼女の話し方】嫌い・つまらないが始まった時の8つの対処法
————————————————————

Sponsored Link

【彼女の話し方】嫌い・つまらない理由と内容

 

人の話をだまって聞くというのは、とても忍耐がいる事です。しかも何が言いたいのかよくわからない、つまらない話をさも楽しそうに話しているのでワケがわからなくなり、イライラするもの。

【彼女のつまらない話のパターン】
・起承転結(オチ・ヤマ)のないダラダラした長話
・仕事などの愚痴
・知らない人や女友達の話
・「今日は~をしてねぇ」的、平凡な日常話
・話のポイントが変わる
・何かをしている最中に話かける
・プチ自慢
・解決法のない相談
・結論が出ている相談

だいたい共通しているのは「話が長い」「一人で盛り上がっている」「何が言いたいのか良くわからない」という感じです。

女性は感情の生き物ですから理論的でもなければ結論もなかったりします。そのときどう思ったかの感情を聞いてもらい「よかったね」「悲しかったね」「腹が立つね」など共感してもらい、彼女自身が感じた思いを承認してもらいたいだけなのです。

とは言っても、せっかく2人でいる時間を彼女の長話で埋めていくなんて苦痛極まりないし、イラつくとつい「それで?」とか言ってしまったり、聞いてるフリだけしてゲームやテレビみたりしてしまうものです。そうすると「ちょっとー!聞いてるのー!!」と言われてしまうのがオチになります。
 

Sponsored Link

【彼女の話し方】嫌い・つまらないが始まった時の8つの対処法

 

「彼女が話し始めた!!」と思ったら思いやりをもってスイッチを切り替えて話を聞く覚悟をしましょう。つまらない話でもとりあえず聞き終えてあげたら一人前の男かもしれません。

①カウンセラー気分で聞く
彼女の話の合間に「うんうん」「それで」「なるほど」「●●ということなんだ」「それは●●だったねぇ」などとにかく相槌を入れてあげます。
あなたの意見や感想は返さなくてイイのです。上手くできるようになったら、彼女の話も早く終わりますし、何か作業をしながら対応する事ができます。

②話題のネタを用意しなくて済んだと喜ぶ
好きな女性を喜ばせたいがために「おもしろ話」をしてあげたいのがオトコ心。ですがいつも期待されるのもツライものです。
実は彼女のほうも「彼が喜ぶオモシロ話」のつもりでダラダラ話しているのかもしれません。その心意気を「一応、オレを喜ばせているつもりなんだな」と彼女の思いやりを喜ぶと苦痛も和らぎます。
 
③「優しくて寛大なイケメンなオレ」に陶酔する
寛大なオトコになることは男性ならば人生のちょっとした目標でもあります。彼女は「そんなオトコに育つようにオレを訓練しているのだ」と密かにうけとめ優しくほほえむ練習をしている、そしてそう思える優しい自分に陶酔しましょう。
 
④話の途中でアタマをなでたりハグする
彼女は話を遮られて、とまどいつつもイヤではありません。どうしたの?と聞かれたら、彼女の話の概要から「いや、かわいいなぁと思って」とか「頑張ってるなぁ」とかザックリ一言で話を終らせる事もできます。そしてまったく違う「お腹すかない?」とか「のど渇いた」とか話をすり替えたり、場合によっては押し倒すのも手でしょう。

⑤トイレに逃げる
「ヤバイ長くなりそうだ」と思ったら、何かしら理由をつけてトイレに逃げ込みましょう。彼女からは「なによ、もー!」とは言われますが生理現象ならあきれられるだけです。 
 
⑥話を聞きながら腹筋・腕立てなどトレーニングを始める
適度に相槌はうってあげたほうがイイですが、それぞれ別の事をしながらでも彼女は話をやめないものです。なぜなら女性は「自分の話を準をおってすべて話さないと相手はわからない」と思い出しながら話しているので自分に集中しているのです。文句を言われたとしても「えっ?聞いてるよ?」と言えば大丈夫です。
      
⑦隙を狙って話の主導権をとり話題を変える
彼女の長い話のキーワードから「何か話せるネタはないか?」と聞き耳を立てましょう。そして「そういえば●●と言えば」と自分の話として主導権を奪い取ります。話の腰を折るのは本来マナー違反ですが、つまらない話で時間を拘束するのもマナー違反です。さりげなくやりましょう。                  

⑧思い切って「話長いよ」と言ってあげる
上記6つの対処法も付き合いが長くなるといいかげん手も尽くしますし、ガマンにも限界があります。勇気があるなら彼女の為に「他の人や会社でも話長いの?」と聞いてみたらいかがでしょうか?彼女はまったく自覚していないかもしれませんが実は女同士でも「この子、話し出したら長いんだよね」と辟易している同姓もいるのです。話し方の指導ができるならイイですが、具体的にできないなら「とりあえず結論から言って」と伝えてみましょう。彼女は怒るかもしれませんが、それは本当に彼女の為になります。

彼女に「話長いよ」と教えてあげても、1回で「今後気をつけよう」と改める女性は実は少ないものです。感情が上回るので長話は嫌われる事を忘れてしまうのです。女性はそもそもそういう生き物ですがそれを愛情で乗り切れると思える人なら運命だと思いましょう


Sponsored Link


関連記事と広告


関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ