【GINZA SIX】2019バレンタインおすすめチョコ(男性目線)


GINZA SIX(銀座シックス)のバレンタイン


GINZA SIX
銀座のバレンタインの新定番
※1月上旬~3月中旬まで

セレブな高層複合施設「GINZA SIX」オシャレOLや小金持ちが好む「GINZA SIX」のバレンタインは催事場展開はいたしません。
GINZA SIXのオシャレスイーツ売り場の定番SHOPがそもそも大手百貨店にはあまり出店しないお店ばかりですから「レアなお店からバレンタイン限定のチョコレート」を提供するのがGINZA SIXです。

もちろんそれらは個性的で上質で特別なチョコレート…と内容も価格もワンランク上なバレンタインを提供してくれます。

こちらでは
————————————————————
【GINZA SIX】2019バレンタイン「買い」のおすすめチョコレート5品
  (受け取る側の「男性目線」の解説つき)
————————————————————

Sponsored Link

【GINZA SIX】2019バレンタイン買いチョコレート5品

綾farm ショコラ「華果」

販売店名 綾farm
販売フロア:B2F
価格:1,600円
GINZA SIX限定
販売期間:1月15日~2月14日まで
販売数量:1日20箱限定

プレゼントにはもちろん、自分チョコ、友チョコ、女子会おみやげにもおすすめ!綾farm厳選のカラフルなドライフルーツが乗ったピンクとブラウンのチョコレートはインスタ映え間違いなし♪ピンクは今話題のルビーチョコレートを使用。特徴である独特の酸味や味わいはドライフルーツと溶け合い、至福のときを迎えます。

【男性目線での感想】
見た目がゴージャスなのがいいです。包み紙を開いた際「うわ~」っと女性側の「本気度」が伝わるようなチョコレートだと思います。
・・ちなみに私はこんなチョコレートを頂いたことがありません。。。(-_\)


 

Comptoir du Cacao

販売店名 #0107 PLAZA
フロア:4F
価格:647円
販売期間:1月~2月中旬まで(予定)
販売個数:各24個限定

板チョコにフリーズドライのベリー系をちりばめたチョコレート。風味良いフルーツとルビーチョコレートの組み合わせ、華やかな見た目と食感をお楽しみください。過去フランス サロン ドゥ ショコラでの受賞歴もあるブランドです。

【男性目線での感想】
こちらも見た目がゴージャスなのがいいです。とくにこちらのチョコレートは「うぉ!」っと驚きますね。値段が手ごろなのも贈る側としては嬉しいでしょう。


 

ストロベリーロッキーロード

販売店 PAPABUBBLE
フロア:B2F
価格:722円
販売期間:1月14日~2月14日まで(予定)

イチゴ風味のチョコレートにパパブブレ自慢のベリーマシュマロ(ストロベリー、ラズベリー、ブルーベリーヨーグルト)がふんだんに入ったイチゴ好きのためのチョコレート菓子です。

【男性目線での感想】
形が固定化されていないため「ハンドメイド感」があるため高級感が伝わります。色がピンクというのもハートを連想させいい感じです。


 

PETER BEIER

販売店 #0107 PLAZA
フロア:4F
価格:1,204円
販売期間:1月~2月中旬まで(予定)
販売個数:24個限定

1996年デンマークで創業の高級チョコレート専門店。ひと粒1グラムの小さなチョコは世界各国のカカオ農園から選りすぐりのカカオ豆をとりよせて作られています。たったひと粒でも、素晴らしいブレンドカカオのアロマが感じられ、その小さなひと粒が大きな満足をもたらしてくれます。

【男性目線での感想】
見たことのないパッケージのため特別なチョコレートだとわかります。


 

ルビーの卵

販売店 THE GRAND GINZA
フロア:13F
価格:1,200円
GINZA SIX限定
提供期間:2月1日~3月31日まで

ルビー色のカカオから産まれた赤くてフルーティーな味わいのチョコレートをフロマージュブランの軽いムースとクランベリーとラズベリーの酸味で爽やかな味に仕上げました。

【男性目線での感想】
これがチョコレートなのか?と思えるほどの「匠の技」の結晶。持ち運びが大変そうですが、その点も「わざわざ買ってくれたんだ」という印象になります。


チョコレートマニアの人は大手百貨店やサロンドショコラなどに行きそうで、銀座で義理チョコや夜のお仕事チョコを求める人もGINZA SIXには来そうにない雰囲気です。
「本気の自分チョコ」として楽しみたい人。「本気のバレンタインチョコ」として好きな人とチョコレートを楽しみたい人にはGINZA SIXはピッタリかもしれません。どの商品も「数量限定」で、しかもかなり数が少ないのが痛いところです。気に入ったチョコは「おはやめに」・・・

素敵なバレンタインを!


Sponsored Link


関連記事と広告


関連記事


サブコンテンツ