ベストヒット歌謡祭&ベストアーティスト2019・観覧募集と応募方法



 
年末の足音が買い超えてくると、大型音楽番組イベントが各局で開催されます。
日本テレビの2大音楽特番は「ベストヒット歌謡祭」「ベストアーティスト 日テレ系音楽の祭典」です。
ぜひ行ってみたいこれらの番組の放送日時や観覧募集はいつ発表するのでしょうか?

こちらでは

【ベストヒット歌謡祭2019】観覧募集と応募方法
【ベストアーティスト 日テレ系音楽の祭典】観覧募集と応募方法
【うんちく】見逃した!再放送がない理由と対策
音楽特番・観覧募集情報まとめ

Sponsored Link

【ベストヒット歌謡祭2019】観覧募集と応募方法

「ベストヒット歌謡祭」は毎年11月に読売テレビが主催し、日本テレビ系列で放送されている音楽特別番組。
『日テレ系音楽の祭典 ベストアーティスト』が11月下旬に放送される場合は、当番組と『ベストアーティスト』が2週続けての放送となります。

ベストヒット歌謡祭
放送日時:2019年11月13日(水)19:00~20:54 会場/大阪城ホール
 過去の放送日時(第3水曜日もしくは木曜日)
 2015年11月19日(木)フェスティバルホール(収容人数2500人)
 2016年11月17日(木)フェスティバルホール
 2017年11月15日(水)フェスティバルホール
 2018年11月15日(木)大阪城ホール
5年に1度の読売テレビ開局記念キャンペーンイヤーにあたる年には、開局記念番組として放送され、規模の大きい大阪城ホールでの開催となりますが、今年も大阪城ホールでの開催となりました。

観覧募集:日本テレビ公式ホームページでスマホからの応募のみ(パソコンからは応募不可※)
※当選チケット転売防止のため

2017年観覧募集
・第1次観覧募集日時~2018年11月1日(木)20時~11月4日(日)23:59
・第2次観覧募集日時~11月9日~11月11日23:59分
応募当選枚数は応募一人につき一名の当選です。(ペアチケットなし)お友達同士て行きたいならお互いに当選できるように頑張って応募するしかないという状況です。

観覧募集期間:11月初旬より募集開始(その人だけが使えるデジタルチケット)席次も抽選になります。

ベストヒット歌謡祭は関西で生放送の音楽特番です。募集は番組HPで開始。
10月下旬よりHPは要チェックです。

Sponsored Link

  

【ベストアーティスト 日テレ系音楽の祭典】観覧募集と応募方法

ベストアーティスト 日テレ系音楽の祭典
放送日時:2018年は11月28日(水)19:00~22:54
例年11月最終火曜日
過去の放送日時
2015年11月24日 (火) 7:00~22:54 幕張メッセ(収容人数 最大9,000人)
2016年11月29日(火)7:00~22:54
2017年11月28日(火)7:00~22:54

観覧募集:「出場アーティスト公式サイト」「FANクラブWEBサイト」からの募集になります。
ベストアーティストの公式サイト
番組観覧プロダクションの公式サイト→ アプローズCRAP&WALK
出場アーティストの公式サイト・ファンクラブ限定

観覧募集期間:観覧募集の応募開始は放送日の10日ほど前。11月10日前後からはHPは要チェックです。当選の連絡は3日前ほどです。

「ベストアーティスト 日テレ系音楽の祭典」放送日時は11月下旬
観覧応募開始は番組のHPで募集。タイトなスケジュールで番組告知、観覧募集、当選連絡しますので、スケジュールに自由がきく方が有利です。

 

見逃した!再放送がない理由と対策

音楽番組の再放送というのは、個々の音楽番組でタレントの権利(肖像権)や楽曲の著作権があるので、出演者が多くていろんな人に再放送の許可を取らなければならない番組は再放送と言うのはほぼありえません。また再放送するにしてもスポンサーとのからみも出てきます。いろいろ面倒くさいのです。

ですが、日テレの再放送をみるには、日テレオンディマンドやHulu(フールー)のような有料のネット番組でなら再放送番組をみることができます。
音楽特番は長時間放送ですから「全部の時間見れない」「好きなアーティストだけ観たい」「忙しくて観れない」という方は録画するなど事前の対策は必須です。ファンの方は頑張りましょう!

音楽特番・観覧募集情報まとめ

【NHK2018音楽特番】紅白・SONGS…NHKの観覧募集8番組と応募方法 
【テレ朝日2018音楽特番】Mステ観覧募集と応募方法
【TBS2018音楽特番】観覧募集と応募方法・裏ワザとは? 
【テレ東2018音楽特番】音楽祭・にっぽんの歌の観覧募集と応募方法 
【フジテレビ2018音楽特番】観覧募集と応募方法・裏ワザ 


Sponsored Link


関連記事と広告


関連記事


サブコンテンツ