「心理・性格診断」の記事一覧

【顔をさわる癖】理由と心理・顔をさわるクセをやめる方法

2020年は新型コロナウィルス肺炎で 世界中が混乱の幕開けです。 感染の可能性を上げているのが 目・鼻・口もとなどを 「自分の手で触ってしまう事」 にもあると言われています。 人は無意識に自分の顔をひんぱんに触っています。 その回数、大人で1時間に23回 子供は4時間で女児(6才)が283回、女児(・・・

【部屋】片付け下手な性格vs片付け上手な性格~片付けヘタの改善方法

「片付けても片付けても、片付かない」 「いつの間にかすぐに散らかってしまう」 ゴミ屋敷や汚部屋ではないけど、どうしてもモノが散乱してゴチャゴチャしている。 スッキリとセンス良く清潔感のある部屋作りをしたいのに、捨てる決断ができなかったり、単にモノが移動しただけだったり…。 片付けが上手かどうかは、も・・・

【2019年・亥年】年男・年女と厄年の関係・やった方が良い事悪い事

2019年(平成31年) 今年は亥年 年男・年女だと「今年はオレ・ワタシの年」と何となく主人公になったような特別感があるものです。フューチャーされるくらいだから良い事も期待してしまうものです。 果たして年男・年女は良い年なのでしょうか?そして年男・年女でも厄年の場合はどうなのでしょうか? Spons・・・

【夫の趣味コレクション】捨てる?ケンカ・離婚前の和解仲直り方法

男はなぜ収集癖があるのか? 妻を悩ませる問題のひとつに「夫の趣味・コレクションの収集」があります。 狭い日本の家屋事情で部屋を埋め尽くすほど集められたグッズ それは夫以外の家族には全く興味もないし、価値も分からない。妻からしたら「アレがあるおかげで部屋は散らかるし、無駄に空間を占拠するゴミ同然、第一・・・

【こしあん・つぶあん・小倉あん】論争!違いの本当の理由

あんことと言えば… 「こしあん」vs「つぶあん」論争が和菓子をめぐって日本人を二分する大問題?です。 日本人はなぜか日頃、和を重んじるのに「こしあん」「つぶあん」についてはなぜかその主張を曲げない、曲げられないのです。よく考えるとあんこを代表するのは「こしあん」「つぶあん」そしてつぶあんに似ている「・・・

【ホワイトデー】お返しをくれない男性心理 と付き合い方はどうする?

ホワイトデーというと チョコレートをもらった男性はそれぞれの立場で「まぁ、うれしい。」 気持はあるものですが男性として 立場・年齢に関係なく困るのが「お返しどうしよう」というものです。 女性としては色々考えて手間も暇もそれなりにかけて送ったチョコレート。 でもそれに対してまったくお返しがないというの・・・

【神社】神さまに願いを叶えてもらいやすい人がしている方法

年末年始となると、多くの人が訪れるのが神社です。 「真剣にお参り・お願い事したのに願い叶ったことがない」 「厄払いに行ったけど払えたためしがない」なんていう人も…。 管理人もかつてはそんな感じで「やっぱ神頼みしても厄なんて払えない」と厄年で散々な目にあってからは、後の厄年に厄払いは行かなくなりました・・・

【プレゼント失敗】センスが悪い原因は心理?失敗しない選び方とは

クリスマス、バレンタイン、誕生日、お祝い事に贈り物・プレゼントは必須です 誰かに何かのプレゼント選びは楽しくもあり難しいものでもあります。 「相手の喜ぶ顔が見たい」 そのつもりで選んでも相手の反応が薄かったり、あまり喜んでいなかったり、なんだかガッカリしている様子だったら・・・;もしくはプレゼントを・・・

【プレゼント】でわかる深層心理とNGなプレゼント・成功するプレゼント

クリスマス、バレンタイン、誕生日、お祝い事など 誰かに何かのプレゼント選びは楽しくもあり難しいものでもあります。 「相手の喜ぶ顔が見たい」 そのつもりで選んでも相手の反応が薄かったり、あまり喜んでいなかったり、なんだかガッカリしている様子だったら・・・;もらう側となった時も「ナンでこれくれたんだろう・・・

【うつヌケ】あらすじと読書感想文と批判意見

漫画「うつヌケ」 2017年1月に出版された漫画家田中 圭一氏ががうつ病のトンネルから脱出するまでをマンガで書いた作品です。「2017年ユーキャン新語・流行語大賞」に「うつヌケ」もノミネートされました。 田中圭一氏をうつから救った1冊 主に手塚治虫の絵柄(ほかにも本宮ひろ志や藤子不二雄、永井豪、西原・・・

サブコンテンツ