「冠婚葬祭」の記事一覧

【熱帯魚・メダカ・金魚】死んだ時の対処方法と土に埋めちゃいけない理由

熱帯魚やメダカ、金魚などのお魚がペットの方は「日々の健康管理」に事欠かない事でしょう。 ですが魚のペットはとても繊細で寿命の短い生き物。 「気がついたら死んでしまっていた」ということも経験すると思います。そんなとき「お墓を作ろう」「かわいそうだから」と庭に埋めたり、川に戻すなどは絶対厳禁です。なぜダ・・・

【ウサギが死んだ時の処置・安置方法】火葬・土葬の選び方・納骨方法のメリット・デメリット紹介

大切なペットのウサギはその家のマスコット。愛すべき守るべき存在でしょう。 飼い主さんとウサギにも、出会いから別れまでの物語があり、そんな愛するウサギとの別れは辛くて苦しいものです。 寿命がのびてきたとはいえ平均寿命の7、8歳にもなると「ならない存在」なのに別れの気配が忍び寄って来て、その時には飼い主・・・

【猫が死んだ時の体の処置と安置方法】火葬・土葬の方法と選び方・納骨方法のメリット・デメリット紹介

ペットとして飼われる動物で日本で一番多いのは猫と言われます どんな飼い主とペットの猫にも出会いから別れまでの物語があり、そんな愛する猫との別れは辛くて苦しいものです。飼い主としてはつらく悲しい事ですが「最大限、安らかに荼毘に伏してあげたい」と願うものです。 こちらでは、ペットが亡くなってしまった時、・・・

【犬が死んだ時の安置方法と体の処理方法】みおくりから火葬・土葬・納骨方法

ペットを飼っている割合は3世帯に1世帯 愛するペットが死んでしまう姿を見ることはとても辛い事です。ですが悲しみの中にいても人間より短い寿命をいつか、みおくるのが飼い主の責任です。こちらではペットが死んでしまった時、どういう状態でペットの体の安置や処置をしたら良いか?ご紹介いたします。 —・・・

【日本の2021年9月の行事】子供に教えたい伝統行事イベントの意味

日本の暦の言葉には「和風月明(わふうげつめい)」と呼ばれる、和風の呼び名があります。和風月明は旧暦の季節や行事を合わせたものです。 9月は長月(ながつき、ながづき) 名が付きの由来は夜長月(よながづき)稲刈月、(いねかりづき)稲熟月(いねあがりづき)が略されたものという説がある。 寝覚月(ねざめつき・・・

【日本の2021年8月の行事】子供に教えたい伝統行事イベントの意味

日本の暦の言葉には「和風月明(わふうげつめい)」と呼ばれる、和風の呼び名があります。和風月明は旧暦の季節や行事を合わせたものです。 8月は 葉月(はづき、はつき) ・落ち葉が始まる季節であることから「葉落ち月(はおちづき)」が短縮され「葉月」となった説 ・葉が赤や黄色に色づき始めるので「はづき」 ・・・・

【日本の2021年3月の行事】子供に教えたい伝統行事イベントの意味

日本の暦の言葉には「和風月明(わふうげつめい)」と呼ばれる、和風の呼び名があります。 和風月明は旧暦の季節や行事を合わせたものです。 3月は「弥生(やよい)」 木草弥生い茂る(きくさいやおいしげる、草木が生い茂る)月の由来など諸説あります。 現代とは1~2か月ほどのずれがありますが、「寒さ暑さも彼岸・・・

【日本の2021年2月の行事】子供に教えたい伝統行事イベントの意味

日本の暦の言葉には「和風月明(わふうげつめい)」と呼ばれる、和風の呼び名があります。 和風月明は旧暦の季節や行事を合わせたものです。 2月は「如月(きさらぎ)」 衣更着(きさらぎ)とも言います。まだ寒さが残っていて、衣を重ね着する(更に着る)月の由来など諸説あります。 ですが、現代とは1~2か月ほど・・・

【ぼたもちとおはぎ】呼び名の違いとその理由

お彼岸やお盆の季節   春や秋になると食べたくなるのがおはぎ(ぼたもち)です おはぎ(ぼたもち)って年間通して販売しているものですが「お彼岸やお盆に仏壇にお供えする和菓子」という印象もありますが、そういえば「おはぎ」と「ぼたもち」て何が違うのでしょう?作り方の違い?関東と関西の地域性の違い?なのでし・・・

お赤飯はいつ食べる?赤ちゃん・高齢者・産後は大丈夫?

お赤飯というと「おめでたい時に食べる昔ながらの伝統的なごちそう」というイメージがありますが、お赤飯を食べると言って著者が一番最初に思いつくのが女の子の初潮の時やお食い初めというイメージです。 ちょっとした疑問ですが、日本には四季の行事が沢山あるのになぜ祝い事だけなのでしょう? こちらでは お赤飯の由・・・

サブコンテンツ