「冠婚葬祭」の記事一覧

【日本の2022年3月の行事】子供に教えたい伝統行事イベントの意味

日本の暦の言葉には「和風月明(わふうげつめい)」と呼ばれる、和風の呼び名があります。 和風月明は旧暦の季節や行事を合わせたものです。 3月は「弥生(やよい)」 木草弥生い茂る(きくさいやおいしげる、草木が生い茂る)月の由来など諸説あります。 現代とは1~2か月ほどのずれがありますが、「寒さ暑さも彼岸・・・

【お彼岸2022春分の日・秋分の日はいつ?】お墓参りでやる事・必要なモノ・注意事項とは?

お彼岸というとお墓参りする期間です。 お彼岸の期間は 春分の日と秋分の日を中日として前後3日間を合わせた7日間のことをいいます。 春分の日(国民の祝日)に関する法律(祝日法第178号)では 「自然をたたえ、生物をいつくしむ」とされ同様に秋分の日が「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ」と法律で【先・・・

【ぼたもちとおはぎの違い】呼びかたの違いとその理由

お彼岸やお盆の季節   春や秋になると食べたくなるのがおはぎ(ぼたもち)です おはぎ(ぼたもち)って年間通して販売しているものですが「お彼岸やお盆に仏壇にお供えする和菓子」という印象もありますが、そういえば「おはぎ」と「ぼたもち」て何が違うのでしょう?作り方の違い?関東と関西の地域性の違い?なのでし・・・

【餅を喉に詰まらせる死亡事故2022】原因と対処法!応急処置と予防法

謹賀新年 テレビニュースで元旦は特に明るいニュースしか放送しません。 ですが年明け2、3日たつと「餅での死亡事故」の報道があります。 なんと例年12月下旬から2月までがピークで、1月は全国で1300人以上 特に高齢者の方が餅で亡くなっているのです。 高齢者の方がいるご家庭や、自身が高齢者 介護関係の・・・

【インコ・オウム・フクロウなど鳥が死んだ時の対処法】処置と火葬・土葬などお骨や埋葬方法

「ペットロスが一番つらく感じるペットは鳥」と聞くことがあります 鳥はおしゃべりができたり、幼鳥の頃からの飼育ですごくなついたり、オウムなど人間並みに長生きの鳥は意思の疎通も感じるようになり、ペットの枠を超えた存在となりますから亡くなった時の喪失感が大きいと言われます。もちろん簡単に別れるには辛すぎま・・・

【爬虫類(ヘビ・トカゲ・亀など)が死んだ時の対処法】安置方法と処理方法

蛇の寿命はおよそ15~20年(大型は20年とか50年以上とか)トカゲは平均10年、亀は平均して30年~50年と言われます。 ですが蛇もトカゲも亀も、日々の湿度や温度の管理メンテナンスは欠かせませんし、一生懸命ケアしても具合の悪さがわかりにくかったり、治療法が確立されていない病気や、専門病院の少なさも・・・

【熱帯魚・メダカ・金魚】死んだ時の対処方法と土に埋めちゃいけない理由

熱帯魚やメダカ、金魚などのお魚がペットの方は「日々の健康管理」に事欠かない事でしょう。 ですが魚のペットはとても繊細で寿命の短い生き物。 「気がついたら死んでしまっていた」ということも経験すると思います。そんなとき「お墓を作ろう」「かわいそうだから」と庭に埋めたり、川に戻すなどは絶対厳禁です。なぜダ・・・

【ウサギが死んだ時の処置・安置方法】火葬・土葬の選び方・納骨方法のメリット・デメリット紹介

大切なペットのウサギはその家のマスコット。愛すべき守るべき存在でしょう。 飼い主さんとウサギにも、出会いから別れまでの物語があり、そんな愛するウサギとの別れは辛くて苦しいものです。 寿命がのびてきたとはいえ平均寿命の7、8歳にもなると「ならない存在」なのに別れの気配が忍び寄って来て、その時には飼い主・・・

【猫が死んだ時の体の処置と安置方法】火葬・土葬の方法と選び方・納骨方法のメリット・デメリット紹介

ペットとして飼われる動物で日本で一番多いのは猫と言われます どんな飼い主とペットの猫にも出会いから別れまでの物語があり、そんな愛する猫との別れは辛くて苦しいものです。飼い主としてはつらく悲しい事ですが「最大限、安らかに荼毘に伏してあげたい」と願うものです。 こちらでは、ペットが亡くなってしまった時、・・・

【犬が死んだ時の安置方法と体の処理方法】みおくりから火葬・土葬・納骨方法

ペットを飼っている割合は3世帯に1世帯 愛するペットが死んでしまう姿を見ることはとても辛い事です。ですが悲しみの中にいても人間より短い寿命をいつか、みおくるのが飼い主の責任です。こちらではペットが死んでしまった時、どういう状態でペットの体の安置や処置をしたら良いか?ご紹介いたします。 —・・・

サブコンテンツ