「芸能人、俳優、タレント」タグの記事一覧

【そして、バトンは渡された】あらすじ(ネタバレ)と感想文・映画のキャスト

映画「そして、バトンは渡された」 「私には五人の父と母がいる。その全員を大好きだ。」 高校二年生の森宮優子。 生まれた時は水戸優子だった。その後、田中優子となり、泉ヶ原優子を経て、現在は森宮を名乗っている。 名付けた人物は近くにいないから、どういう思いでつけられた名前かはわからない。 継父継母がころ・・・

【キネマの神様】あらすじ(ネタバレ)と感想文・映画と小説の違い

映画「キネマの神様」 『キネマの神様』は、映画を愛する人たちに巻き起こる奇跡を描いた浜田マハさん原作の小説です。 当初、主演予定だったのは、新型コロナウイルスによる肺炎で、この世を去った志村けんさんです。志村けんさんの訃報に世間は大ショックを受け、当時朝ドラにも出演していた最中でしたので本格的な役社・・・

【ドライブ・マイ・カー】原作あらすじネタバレの感想と映画「ドライブ・マイ・カー」との違いとキャスト

映画『ドライブ・マイ・カー』 >村上春樹の短編小説を原作に描くヒューマンドラマ。妻を失い喪失感を抱えながら生きる主人公が、ある女性との出会いをきっかけに新たな一歩を踏み出す。『寝ても覚めても』などの濱口竜介が監督と脚本を手掛け、『きのう何食べた?』シリーズなどの西島秀俊が主人公、歌手で『21世紀の女・・・

【総理の夫】あらすじ(ネタバレ感想)とキャスト紹介・日本初女性総理は実現化するか?

映画『総理の夫』 公開時期:2021年9月23日(木・祝) 出演:田中圭 中谷美紀 貫地谷しほり 工藤阿須加 松井愛莉 木下ほうか 米本学仁 嶋田久作 国広富之 寺田農 片岡愛之助 余貴美子 岸部一徳 監督 河合勇人 脚本 松田沙也 杉原憲明 原作:原田マハ「総理の夫 First Gentleman・・・

『夏への扉』あらすじネタバレ感想と映画『夏への扉 ーキミのいる未来へー』違いと配役

『夏への扉』はロバート・A・ハインラインによる1956年にアメリカで発表された“タイムトラベル”もののジャンルを確立させたSF原点小説です。 “タイムトラベル”の一般的な問題、「自分自身との遭遇」「未来からのタイムトラベルによる過去の変更」「タイムトラベルを使って『将来の出来事』を変えることが倫理的・・・

【2021年・令和3年】今年80代以上の芸能人・有名人まとめ一覧

今年2021年の段階で80代以上の芸能人・有名人の方まとめ一覧です  【1941年(昭和16年)80歳・巳年】 (俳優)小林稔侍 中村敦夫 石坂浩ニ 石橋蓮司 藤竜也 橋爪功 渡哲也(8月10日没)岩下志麻 長山藍子 倍賞千恵子 三田佳子 白石加代子 (ミュージシャン・歌手)アントニオ・古賀 (タレ・・・

【おちょやん・あらすじネタバレ】9週「絶対笑かしたる」と千之助のモデルは誰

Sponsored Link 【おちょやん・あらすじネタバレ】9週「絶対笑かしたる」 2月1日(月) 昭和3年(1928年)夏、千代は4年ぶりに道頓堀へ戻ってきました。 岡安に行った千代はみつえや福富の息子・福助の様子から岡安と福富は相変わらずと思った(が、なんだか2人はソワソワした様子) 芝居茶屋・・・

【おちょやん・あらすじネタバレ】8週「あんたにうちの何がわかんねん!」とウルフルズ・トータス松本・名曲「借金大王」

Sponsored Link 【おちょやん・あらすじネタバレ】8週「あんたにうちの何がわかんねん!」 2021年1月25日(月) 千代が撮影所に来て3年。中堅の女優になった頃、景気が悪くクビになる女優も出てきていた。そこへ突然父・テルヲが撮影所に訪ねて来てまた一緒に住もうと言い出す。 断る千代だが結・・・

【おちょやん・あらすじネタバレ】7週「好きになれてよかった」おちょやんの「太陽の女カルメン」のモデルの映画

Sponsored Link 【おちょやん・あらすじネタバレ】7週「好きになれてよかった」 2021年1月18日(月) 鶴亀撮影所での初日、撮影現場で監督を激怒させる千代。 先輩の大部屋女優からは「新人は早めに来て掃除するものだ!」と怒鳴られたり、嫌がらせでワンサ(エキストラ)の読み合わせにも遅れて・・・

【おちょやん・あらすじネタバレ】6週「楽しい冒険つづけよう!」初恋の人?若葉竜也のモデルは誰?

Sponsored Link 【おちょやん・あらすじネタバレ】6週「楽しい冒険つづけよう!」 2021年1月11日(月) 千鳥の「世話係」に復帰した千代。四つ葉のクローバーを大量に見つけて次第に上手く立ち回れるようになっていき「いつか芝居の稽古をしてもらえる」と信じるが千鳥は怒ってばかりで一向に芝居・・・

サブコンテンツ