【犬の花粉症】症状と対策・散歩/病院/薬はどうしたいい?


辛い花粉症の季節 それはもはや人間だけじゃなくかわいいわが子のワンちゃんも人間みたいに花粉症になる仔がいます。

人間だって辛いのに、人間より体の小さい愛犬が花粉症なのは見ていてとても辛そうでかわいそうです。

花粉症の季節に何か様子がおかしい、体調が悪そうだったらもしかして花粉症かも? また花粉症だった場合の対処法や薬などはどうしたら良いのでしょうか?

■こちらでは
————————————————————
【犬の花粉症】症状の出方と判断の仕方
【犬の花粉症】花粉症になった時の対策「散歩やケア方法
【犬の花粉症】病院での診察や薬は?
————————————————————
をご紹介します。

Sponsored Link

【犬の花粉症】症状の出方と判断の仕方

 
犬の花粉症の症状は、人間と同じような症状もあればそれ以上に大変な症状もあります。
 

【目やに・涙目・目の充血】
・目やにの量が増えている、涙目
・白目が充血している
・目をかゆがる
・目の周りが腫れぼったい
・顔も腫れぼったい
・目が小さくなったように見える

【皮膚症状】
・赤く発疹が出てかゆがる
・耳、目、口の周りを気にしている
・体を床や柱などに頻繁にこすりつけている
・掻き過ぎて毛が抜ける(ひどいと膿んでしまう)
・皮膚が炎症している
・おしりを噛んだり床に擦り付ける

【体調】
・元気がない
・外へ出たがらない
・ダルそう
・億劫そうにしている

くしゃみ・鼻水・鼻づまりは?
花粉症の季節にワンちゃんが主に「くしゃみ・鼻水・鼻づまり」が出る仔もいますが、鼻炎や風邪かもしれません。
なぜなら犬の花粉症の場合「皮膚症状」が一番強くでるからです。
「皮膚症状」は人間と同じ様に皮膚の柔らかくて弱い所の「脇、四肢の先端・屈曲部、下腹部、口・眼の周囲、耳」などになります。

Sponsored Link

  

【犬の花粉症】花粉症になった時の対策「散歩やケア方法」

 
上記にもある通り、犬が花粉症になったら数ヶ月間とてもつらい思いをさせてしまいます。まずは早く気がついてあげて対策や防備してあげましょう。
 
花粉症になった時の対策のポイント
「皮膚を傷めないように、花粉から防備する」です
花粉症対策はワンちゃんも人間と同じです。皮膚症状が一番現れやすい犬にとって花粉の季節は散歩もブラッングも症状を悪化させる行為になりますので、日ごろのケアも少し見直す期間になります。

【散 歩】

・花粉の飛散が少ない早朝・夜間にする
(昼前後(14時)と夕方(18~19時)が花粉が多く飛びやすい。)
・花粉飛散の多い日、風邪の強い日、気温の高い日は散歩を控えたり回数を減らす。
・散歩ルートも考慮する
・花粉がつきにくいツルツルした生地のウェアを着せる
・体の表面の毛だけじゃなく足の裏もふき取る

【ブラッシング】
・花粉症の季節ブラッシングは厳禁、毛の奥に花粉が入り込みます
・散歩から帰ってきたら不織布などで毛並みのそってふき取る

【シャンプー】

・やっても週2回まで
・洗いすぎで肌の潤いを取り過ぎない
・ドライシャンプーは毎日OK

【室内の環境】
・空気清浄機、加湿器の利用で症状が軽くなります
・外飼いの場合、この季節は室内に入れてあげる
  

【犬の花粉症】病院での診察や薬は?

 
花粉症の季節にそのような症状が出た場合やはり「花粉症」もしくは「アレルギー性皮膚炎・アトピー性皮膚炎」の可能性で診断されます。
 

花粉症の診断をしっかりしたい場合は厳密なアレルギー検査をしなければ診断はつけられません。

【犬の花粉症の問診】
・犬種
・症状が出始めた年齢
・皮膚症状の場所
・痒みは一年中か季節性か
・生活環境および食事内容

【犬の花粉症検査内容】・・人間のアレルギー検査と同じ感じです
・血液検査
・皮内反応(パッチテストのようなもの)

花粉症の季節に疑わしき症状が出た場合は検査費用もかかりますのであまり検査は勧められる事はありません。ですが検査をする事でその重症度の判断ができます。花粉症ではなくアレルギー、アトピーを疑った場合や断定する為もしくは薬を使用するかどうかの判断の目安にはなります。
 
【犬の花粉症の薬】
・皮膚に塗る薬はステロイド
・飲み薬は免疫抑制剤(ステロイド、抗ヒスタミン薬と同様に症状を抑える薬)ノバルティス社「アトピカ」

●アトピカの特徴
・ステロイドと併用もしくは単独で症状緩和
・比較的高額
・効果の判定に1か月かかる
・高齢の場合は他の皮膚疾患を治してからの投与
・軽~中程度の食欲不振、嘔吐、軟便、下痢などの胃腸障害を誘発することがある
・免疫抑制効果なので外の病原菌への抵抗力も低下するので注意

病院での検査や薬の投与は飼い主側も注意が必要です。またワンちゃんの散歩時に着せるナイロンの洋服などは比較的効果があると言われます。

ペットが花粉症の元凶?!
ワンちゃん自身は花粉症じゃなくても、人間が花粉症ならば「ワンちゃんが花粉の元」になっているかもしれません。なぜならば散歩をしたら全身に花粉を背負って帰って来るからです。この季節、花粉症の方は散歩から帰ってきたらワンちゃん人間ともども健康に過ごすために毛は毎日拭いてあげるのが良さそうですね。


Sponsored Link


関連記事と広告


関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ