【松屋銀座バレンタイン2019 】自分用と男性が選ぶ喜ぶチョコ5品&イベント&イートイン


銀座松屋のバレンタイン


銀座松屋
GINZAバレンタイン ワールド
2019年1月30日(水)~2月14日(木)10:00~20:00
会場:8Fイベントスクエア


 
2019のマスコミ向けバレンタインPRをいち早く打ったのが銀座松屋です。
今年の松屋のテーマは今年のコンセプトは「テーマパーク」。

特設会場でイートインや実演販売、イベントを去年の3倍に拡充されるようです。その中でも一番の注目は、「オーダーメイドチョコレート生菓子」。富山県の「引網香月堂」さんによる実演販売を実施されるようです。

1年間のチョコレートの売り上げ約7億円のうち約4割の3億円近くがバレンタインフェアにかかっていて、去年は出店数は多くても売り上げに反映しなかったので「イートイン」で稼ぎたいという予定の松屋さんですが、どのような内容なのでしょうか?
ぎりぎりまでバレンタイン情報を告知しない銀座松屋さん。スタートダッシュも遅く、告知もしない事が敗因じゃないか?と思うのですが購買意欲に添うことができるかこうご期待です。
  
また土地柄としては近隣OLや夜のお仕事の女性、昔からご贔屓のセレブの奥様と差し上げる男性の方に喜んでもらえそうな松屋で販売のおすすめチョコレートをご紹介いたします。

こちらでは
————————————————————
【松屋銀座バレンタイン2019 】自分用と男性が選ぶ喜ぶチョコ5品
【松屋銀座2019】バレンタインイートインイベント内容
————————————————————

Sponsored Link

  

【松屋銀座】バレンタインおすすめチョコレート

マチュー・ビジュー
タブレットショコラ各1枚1728円(各80点限定)松屋銀座限定
左からオランジェノワール・エレールルージュノワール・バジリクエシトロンノワール・アプリコエピニョンエ

バジルヤフルーツのコンフィなど、華々しいあしらいが印象的。1月30日からの限定発売
  
〈テオブロマ〉
クレム ショコラ オ シャンパーニュ4,000円

(※写真はクレム ショコラ オ シャンパーニュ)
テオブロマのおすすめはウィスキーがたっぷり使用した生チョコレートに粉糖をかけた生チョコレート。オ シャンパーニュと同じハートの容器に入れてスプーンもついて4860円

ル ポミエ
ポム・ダムール3024円 

赤いリンゴはカルバドス(リンゴのお酒)のガナッシュ、緑のリンゴはタルトタタン風、りんごのキャラメリゼ味のガナッシュ。

 
 

Sponsored Link

  

【松屋銀座】バレンタイン・イートンイベント内容


バレンタインイベント定番のソフトクリームがそろっています。
今年はゴディバのワッフルやローラン&京子のフォンダンショコラなどがあるので、かなりお腹いっぱいになりそうです。


cacaoのレッドブーケ
フランボワーズのソフトクリーム。ワッフルコーンにもフランボワーズチョコがコーティングされていた🥰フランボワーズにホワイトチョコがミックスされているので、酸味が緩和されて食べやすい味


BABBIのピスタチオソフトクリーム
ピスタチオ&チョコレートのチョココーンで食べる方が多いでしょうが、無類のピスタチオ好きでチョコソフトと一緒に食べるとピスタチオの味が分からなくなるのでシンプルにカップでいただきました。ピスタチオの粒感や香りも楽しめるのでこの食べ方はおすすめです。


絶対飲み物を持参しましょう!
松屋銀座ではイートイン商品は今年沢山ありますが、ウォーターサーバーは用意されていません。
甘いもの好きの方でもさすがにお口直しは必要でしょうから、お水とかノンシュガーの飲み物は持参していく事をお勧めします。

【イベント内容】


「回転ショコラ」~10種類以上のチョコレートが30分間食べ放題!
開催日時:2月6日(水)、2月7日(木)
11:00から/11:30から/13:00から/13:30から/15:00から/15:30から/17:00から/17:30から/19:00から
※各回30分入れ替え制
会場:8階イベントスクエア内特設スペース
定員:各回20名様
参加費:税込1,000円
※回によってチョコレートの内容が異なります。
※各回のチョコレートの内容は1月30日(水)にご予約ページにてご確認ください。
※1月30日(水)10:00受付開始


2018年は「チョコの部屋」という演出でイートインスペースを設けていました。
BABBIのピスタチオ&チョコレートを頂きましたが、圧倒的にチョコレートの味にピスタチオが太刀打ちできない仕上がりでした。イートインスペースは松屋の人も「好きに使ってください」状態であまり清潔感がなく、一人で来てソフトクリームと自撮りするアラフォーSNSな人を見ていると食傷気味にはなりました。

今年はどのようなチョコレートをどういう風に食べ放題なのか?フタを開けてみない事には謎イベントですね。
 

「オーダーメイド上生菓子」~富山県の「引網香月堂」さんによる実演販売

職人さんにリクエストするとその場で作ってくれる自分だけの特別なバレンタイン。
「チョコレートを買いに来てるのになぜ和菓子?」となりますが、お茶などのお稽古事をされている人やアンチバレンタインの方には良いイベントかもしれません。
  

  

今年はバレンタインのデジタルカタログをHPで公開しなかった松屋銀座
どんな商品が取り扱われているのか、行ってみないとわからないという状況になっています。
とは言え、去年とほとんど変わりませんしやはり出店数が減った分すこしスカスカした印象はありました。松屋銀座で購入の際は「松屋銀座限定」の商品がやはりおすすめです。


Sponsored Link


関連記事と広告


関連記事


サブコンテンツ