【東京オリンピック】岐阜県の聖火リレーコースと芸能人聖火ランナー予想



hanabi-650
東京オリンピック競技大会
岐阜県の聖火リレー
2020年4月4日(土)~4月5日(日)
hanabi-650


2020年の話題はオリンピック・パラリンピックで一色です。

そんなオリンピックの話題は聖火リレーが始まる2020年の3月から始まります!

ご存知の通り「復興五輪」の意味もある今回のオリンピックでは日本では聖火リレーが福島県楢葉町・広野町「ナショナルトレーニングセンターJヴィレッジ」にてグランドスタートし、岐阜県は5番目に聖火リレーとなります。

東京2020オリンピック聖火リレー各都道府県実施日一覧
1 福島県 2020年3月26日(木)~3月28日(土)スタート
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
4 長野県 2020年4月2日(木)~4月3日(金)
   ↓
5 岐阜県  2020年4月4日(土)~4月5日(日)
   ↓
6 愛知県 2020年4月6日(月)~4月7日(火)
‥‥

聖火リレーランナーとして参加したい人
聖火リレーランナーをサポートする人
聖火リレーランナーを応援したい人

【東京オリンピック聖火ランナー】募集開始・応募方法と倍率予想

岐阜県は1日だけの聖火リレーになりますが、オリンピックを生で見る事なんて人生でそうそうありません。また聖火リレーランナーには地元出身の芸能人・著名人なども参加します。

そこでこちらでは気になる
————————————————————
【東京オリンピック】岐阜県の聖火リレーコース・ルートはいつどこを走る?
【岐阜県聖火リレー】ゲスト芸能人・有名人聖火ランナー予想
————————————————————
を、ご紹介したいします

Sponsored Link

【東京オリンピック】岐阜県の聖火リレーコース・ルートはいつどこを走る?

 

聖火リレーのルートの基本的な考え方
「日本全国47都道府県を回り、できるだけ多くの人々が見に行くことができるルート」
「安全かつ確実に聖火リレーが実施できる場所」
「地域が国内外に誇る場所や地域の新たな一面を気づかせる場所」
「聖火が通ることによって人々に新たな希望をもたらすことができる場所」

上記の条件から「次の県とつながる県境の公道」を走るのでは?と通常は考えられます。
 
【群馬県 聖火リレーコースの予想】

4 長野県 2020年4月2日(木)~ 4月3日(金) …1日
  ↓
5 岐阜県 2020年4月4日(土)~ 4月5日(日) …1日
  ↓
6 愛知県 2020年4月6日(月)~4月7日(火) …1日   

聖火リレーでは岐阜県から1日で愛知県に向かいます。最短距離を調べてみると以下のルートになります。

【岐阜県内を横断する聖火リレー最短のコースの予想】

 

 
組織委の聖火リレールート作成にあたっての条件
「1人の走者の走行距離は約200メートル」
「走者は1日約80人」
「時間は1日につき8時間」

以上の条件からグーグルの地図検索で岐阜県から愛知県へ向かうのに、岐阜県の観光都市を通過し、次の愛知県に向かうルートは113㎞と導き出されました。
8時間で通過するとなると時速14,1 (km/h)で走らないとたどり着けません。

オリンピックのマラソン選手は42、195キロを男子は約時速19.5㎞、女子は約時速17.5㎞位で走りますから、これはオリンピックに出れそうななかなかの走りです。
ですが聖火リレーは通常、数百メートルの「聖火リレーキャラバン隊」と呼ばれる車列を伴いなかばディズニーパレードに近い形式になるものです。

したがって、岐阜県内をまともに横断するルート説はどう考えても難しいです。
おそらく「今日の聖火リレー」的なテレビ局TV中継も入り、観光名所などを通過するのではないか?と考えられます。

聖火リレーコースの発表は、大会がまじかに迫った頃じゃないと一般には報道されないと思われます。いち早く知るには、自ら聖火リレーにランナー・ボランティアなどの形で参加することにつきます。

わかり次第掲載いたします。
 

Sponsored Link

【岐阜県聖火リレー】ゲスト芸能人・有名人ランナー予想

オリンピックの聖火リレーには、そのランナーの中に必ず地元出身の芸能人が参加します。
ランナーとして走ってもらう方には、知名度がある方、そこそこ走れる体力のある方、クリーンなイメージの方などが選出されると思われます。また長野県の観光大使などされた芸能人の方も候補にあがりそうです。

●文化人
朝井リョウ『桐島、部活やめるってよ』
池井戸潤『下町ロケット』
北川悦吏子『半分、青い』
黒丸『クロサギ』
山本寛斎
雷句誠『金色のガッシュ!!』

●歌手・シンガーソングライター・アーティスト
黒夢~清春(ボーカル)、人時(ベース)
野口五郎
Aqua Timez~太志(ボーカル)
LiSA

●俳 優
敦士
綾野剛
伊藤英明
岡田義徳
酒井敏也
田中邦衛
寺脇康文
松原智恵子
酒井敏也

●タレント・アイドル・モデル
熊田曜子
鈴木ちなみ
近藤サト
Mr.マリック
村尾信尚(ニュースキャスター)
さとう宗幸
ドーキンス英里奈

●お笑い
神無月
清水ミチコ
流れ星
松田大輔「東京ダイナマイト」

●スポーツ選手
高橋尚子(マラソン)

【岐阜県の観光大使】
・飛騨・美濃観光大使一覧
鈴木ちなみ、流れ星、勅使川原郁恵(元五輪スピードスケート)、高橋尚子、野口五郎、五木ひろし、熊田曜子、石原詢子(演歌歌手)
・多治見市観光大使
鈴木ちなみ、柴田武、杉浦誠司、森晴義
・水の都おおがき親善大使
飯沼祐月、木下有理佳、桑原茉未、川地優、村瀬梨佳、椿井愛美 –

観光大使は岐阜県出身者以外でもなることが出来ます。
 

1964年の東京五輪聖火リレーは10万人で走破

1964年の東京五輪の聖火リレーでは、8月にギリシャで採火式が開かれた後、中東や東南アジアを経由し、9月、日本に返還される前の沖縄に到着した。その後、鹿児島、宮崎、北海道の各ルートに分かれて47都道府県を巡り、東京へ向かった。

地上リレーの総距離は6755キロ、リレー総区間4374区間、参加走者は10万713人でした。

10万人と聞くと、何らかの形でも聖火リレーに関われそうな気がしてきますね。興味のある方は募集要項を待ちましょう。


Sponsored Link


関連記事と広告


関連記事


サブコンテンツ