【朝ドラ・おちょやん】あらすじネタバレ~第1週「うちは、かわいそやない」


【おちょやん】~第1週「うちは、かわいそやない」

大正5年。竹井千代は大阪・南河内で貧しい農家の家に生まれ。
幼い頃に母を亡くし、飲んだくれの父テルヲと弟ヨシヲと三人で暮らし。
働かない父に代わり、文句を言いながらも弟の面倒、家業の養鶏の世話をし
小学校にも通えず文字も読めない。
金もなくなり、鶏を売りに行ったままやっと帰ってきたテルヲは
「新しい母親だ」と栗子を連れて帰ってきた。
————————————————————

新しい母親、栗子が来たので、これからは小学校に通えると喜ぶ千代。
ところが栗子は、テルヲ以上に朝寝坊で寝ているばかりで、食事も作らず
挙句に、千代が弟ヨシヲに食べさせたくて持ち帰ったおはぎを
栗子が横取りする始末。
これをきっかけに二人は対立を深めていく。
その夜、血相を変えテルヲが「栗子が家出した!」と騒ぎ出します

————————————————————

おはぎ事件でふてくされて出て行った栗子を探しに
テルヲはまた10日ももどらない
戻った栗子に近所のおじさんも説教どころかデレデレするばかり。
おまけに栗子のご機嫌を取るために、唯一の財産、鶏の流星丸を
ガラス工場の社長に売るという。
ところが目利きの社長は流星丸にウンと言わない。
そこで千代の機転で「ウチは貧乏だから流星丸は生きるために大声でよく鳴く」
と、社長に講釈をたれ「ガラス工場ならこれ見ろ」と母の形見のビー玉を見せる
亡き母サエは昔、社長のところで女中奉公していたとわかり
サエに免じて流星丸を買い取ってもらえることになった。

————————————————————

意気揚々と家に帰るとヨシヲがいなく、栗子しかいない。
翌朝から村中でヨシヲの捜索が始まり、千代も大人に混じり探すことに。
千代がヨシヲを見つけることができたが、気付くと千代も行方不明に…
空腹で山の中をさまよっていると、いい匂いのする食べ物が…
そこにあったパンの耳にヨシヲと食いつくとそれは豚の餌だった。
栗子は「子供らを奉公に出すか、自分か選べ」とテルヲにせまる。
千代はテルヲの留守中に栗子を追い出す作戦にかかるが
様子を見に来た小学校担任が罠にかかる。
「自分は普通の子みたいにはいかないから学校もいけない」と話す。
そしてヨシヲが山に入ったのは、具合の悪そうな栗子のために
薬草を取るためだったとわかり、千代とヨシヲで
栗子を見る目に温度差があると気づくのだった。

————————————————————

子どもを授かったので口減らしに栗子は
千代とヨシヲを奉公に出せとテルヲに提案。
憤慨する千代は啖呵を切って出ていくというが
栗子を母としたうヨシヲだけは残してくれと
千代だけ道頓堀に奉公に出ることになった。
出発の日、飛び出すように家を出た千代を追いかけ
テルヲが亡き母サキの写真を「栗子も嫌がるから」と渡す。
千代は憎くまし気に
「うちは捨てられたんやない
うちがあんたらを捨てたんや」と
テルヲに言い放ち二度と戻らなかった。

「おちょやん」第1週みんなの感想

おちょやん第1週の世間の反応はというと
わりとネガティブなものが多いようです。

—-アンチコメント——————————————————–
 
救いがない~薄汚い父親 食べるにも困ってる家に だらしなく入り込んでくる崩れた女。
よくぞあんなのに付いてきたな、というきれいなものやホッとするものが全くない。

朝からしんどい~勝ち気な関西弁で言葉が汚い少女と、だらしない親父。
どっちも正直嫌い。子供時代から入るワンパターン、そろそろやめません?
ここが一番つまらんのです。

「うちは、かわいそうやない」~うん、かわいそうなのは朝っぱらから
こんな野卑な大阪喜劇を見せられる我々視聴者。
こんな下品な朝ドラの制作費に受信料を使われている国民だ。

大人2人見るに堪えない~そもそも テルヲをこんなダメ親父にする必要あったの?
せめてどちらかは良識を持った子供思いな人にしないとまるで”救い”がないよ。
年齢とかじゃなくて、普通の感覚を持っている人には 到底受け入れられないよ。

—-応援コメント——————————————————–
 
なんか~騒がしくて荒っぽいのは相変わらずだけど
なんか悪くない気がしてきたわ。
お父ちゃんが追いかけてきたとき、千代ちゃんちょっと期待したんだよね。
止めにきてくれたんじゃないかって。
お父ちゃんも栗子さんも、本当は心の痛みを感じてる。
千代ちゃんの「うちがあんたを捨てたんや」は色々な複雑なおもいや寂しさを断ち切るため。
千代ちゃんの幸運を祈ります。

千代に泣けた~あれだけやり合ったあとに、栗子にヨシヲのことを頼むと頭を下げていた千代に泣けた! 本当に凄い朝ドラになってきたよな。

泣いちゃった~チヨちゃんの土下座に泣いちゃった。
” うちはすぐ出ていくさかい、ヨシオにだけは、良いお母ちゃんでいてやって! ” ぅわあぁ~ん!
 


明治40年、不作のため困窮を極めた谷村家では、7つのおしんが奉公にだされる事となる。
初めは家族と離れる事に抵抗したおしんだが、母のふじがおしんの手もとに残すために冷たい川に浸かり
お腹の子どもを堕胎しようとする姿を見て、おしんは奉公に出る覚悟を決めるのだった。

世間の「おちょやん」のコメントではひどいひどいと
アンチコメントが多いのですが、伝説の朝ドラ「おしん」最高視聴率62.9%も
父親がひどい人だけど、母親が妊娠して口減らしの為、自発的に7歳で
「オラ、奉公に出る」と旅立つ話です。

 
「おしん」のモデルと言われる人は2人いて
静岡県榛原郡(明治39年生まれ)民宿「丸山」の創業者、丸山静江→奉公あり
神奈川県小田原市〈明治39年生まれ〉国際流通グループのヤオハンの創業者、和田カツ→奉公なし

と、いろんな人のエピソードを混ぜたのが「おしん」でした。

おちよやんのモデル、浪花千栄子さんは
1907年(明治40年)生まれで実際に8歳で奉公に出されていますので
これくらいの年代の貧しい家の子供は「奉公に出されるのやむなし」
だったのかもしれません。
まぁ、そんなにおこらずに「おちょやん」を楽しみましょう。


Sponsored Link

関連記事と広告


関連記事


サブコンテンツ