「犬・猫・ペット」の記事一覧

【インコ・オウム・フクロウなど鳥が死んだ時の対処法】処置と火葬・土葬などお骨や埋葬方法

「ペットロスが一番つらく感じるペットは鳥」と聞くことがあります 鳥はおしゃべりができたり、幼鳥の頃からの飼育ですごくなついたり、オウムなど人間並みに長生きの鳥は意思の疎通も感じるようになり、ペットの枠を超えた存在となりますから亡くなった時の喪失感が大きいと言われます。もちろん簡単に別れるには辛すぎま・・・

【爬虫類(ヘビ・トカゲ・亀など)が死んだ時の対処法】安置方法と処理方法

蛇の寿命はおよそ15~20年(大型は20年とか50年以上とか)トカゲは平均10年、亀は平均して30年~50年と言われます。 ですが蛇もトカゲも亀も、日々の湿度や温度の管理メンテナンスは欠かせませんし、一生懸命ケアしても具合の悪さがわかりにくかったり、治療法が確立されていない病気や、専門病院の少なさも・・・

【熱帯魚・メダカ・金魚】死んだ時の対処方法と土に埋めちゃいけない理由

熱帯魚やメダカ、金魚などのお魚がペットの方は「日々の健康管理」に事欠かない事でしょう。 ですが魚のペットはとても繊細で寿命の短い生き物。 「気がついたら死んでしまっていた」ということも経験すると思います。そんなとき「お墓を作ろう」「かわいそうだから」と庭に埋めたり、川に戻すなどは絶対厳禁です。なぜダ・・・

【ウサギが死んだ時の処置・安置方法】火葬・土葬の選び方・納骨方法のメリット・デメリット紹介

大切なペットのウサギはその家のマスコット。愛すべき守るべき存在でしょう。 飼い主さんとウサギにも、出会いから別れまでの物語があり、そんな愛するウサギとの別れは辛くて苦しいものです。 寿命がのびてきたとはいえ平均寿命の7、8歳にもなると「ならない存在」なのに別れの気配が忍び寄って来て、その時には飼い主・・・

【猫が死んだ時の体の処置と安置方法】火葬・土葬の方法と選び方・納骨方法のメリット・デメリット紹介

ペットとして飼われる動物で日本で一番多いのは猫と言われます どんな飼い主とペットの猫にも出会いから別れまでの物語があり、そんな愛する猫との別れは辛くて苦しいものです。飼い主としてはつらく悲しい事ですが「最大限、安らかに荼毘に伏してあげたい」と願うものです。 こちらでは、ペットが亡くなってしまった時、・・・

【犬が死んだ時の安置方法と体の処理方法】みおくりから火葬・土葬・納骨方法

ペットを飼っている割合は3世帯に1世帯 愛するペットが死んでしまう姿を見ることはとても辛い事です。ですが悲しみの中にいても人間より短い寿命をいつか、みおくるのが飼い主の責任です。こちらではペットが死んでしまった時、どういう状態でペットの体の安置や処置をしたら良いか?ご紹介いたします。 —・・・

【東京2月22日猫の日2022】おすすめイベント情報

2022年 猫の日2月22日(火)   猫大好きな人にとってちょっと気になる「猫の日」 猫の日はいつも以上に「猫に感謝し、猫の幸せを祝う日」です。 猫の日とは 猫の日(ねこのひ)は日本の猫の日実行委員会が1987年に制定した記念日で猫の鳴き声の「にゃん」「にゃん」「にゃん」に語呂合わせ全国の愛猫家か・・・

【犬の花粉症の症状判断のしかた】対策・散歩/病院/薬はどうしたいい?

辛い花粉症の季節 それはもはや人間だけじゃなくかわいいわが子のワンちゃんも人間みたいに花粉症になる仔がいます。 人間だって辛いのに、人間より体の小さい愛犬が花粉症なのは見ていてとても辛そうでかわいそうです。 花粉症の季節に何か様子がおかしい、体調が悪そうだったらもしかして花粉症かも? また花粉症だっ・・・

【猫も花粉症になる?】症状と判断の仕方・対策や病院・薬はどうしたらいい?

花粉症の季節  もはや人間だけじゃなくかわいいわが子のネコちゃんも人間みたいに花粉症になる仔がいます。人間だってつら~い花粉症。猫の場合特に注意するのは「毛づくろいによる皮膚のケガ」です。 ■こちらでは ——————&#8212・・・

【キャットタワー爪とぎ修理】100均と麻縄で出来るロープ交換&リメイク

猫オーナーの方なら必ず買ってあげたい キャットタワー いろんなデザインのタワーはありますが 必要なのは「爪とぎ」部分がある事です。 我が家は7匹の多頭飼いですから 爪とぎ部分もたくさんあるのが良くて 猫たちがストレス解消できると うれしいのですが、頭数が多いと ボロくなるのもメチャクチャ早いのです。・・・

サブコンテンツ