【マスク】でニキビが悪化!対策と予防方法は?


ニキビというと「若さの象徴」なんていいますけど、出来た当人としてはうんざりしますよね


 
管理人も学生から20代過ぎまでメチャクチャニキビだらけでしたのですごくコンプレックスでした。

最近はマスクでニキビを隠す事も出来ますが、実はそのマスクでニキビは悪化するって知っていますか?

■こちらでは
————————————————————
マスクでニキビが悪化する理由は?
ニキビがある人のマスクの選び方と付け方
マスクをつけた時のニキビ対策と予防方法は?
————————————————————
をご紹介します。

Sponsored Link

マスクでニキビが悪化する理由は?

マスクとニキビの組み合わせは間違いなく悪い組み合わせです。
 

職業柄マスクをしなければいけない方もいますが、治らないニキビや次々ニキビができるのはマスクのせいかもしれません。

なぜならば・・
・マスクによる物理的な刺激
マスクは肌に触れるもので、わずかでも肌を傷つけているのです。ニキビができやすい肌の時は新陳代謝が活発で刺激に反応しやすい敏感な状態なのでマスクの刺激は良くないのです。

・マスクのムレで雑菌の増加
ニキビができている状態とは、炎症していたり、ニキビ菌が詰まっていたりと肌が不衛生な状態と言えます。マスクをすると肌が蒸された状態になりますからよりニキビのある環境が悪くなるので治りにくくなるのです。

あぁ、悪いのは分かるけどでも「恥ずかしいから」「仕事だから」とマスクを外せない人もたくさんいると思います。ではどうすれば良いのでしょうか?
  

Sponsored Link

ニキビがある人のマスクの選び方と付け方

 
マスクを使わなければならない仕事や季節(花粉・インフルエンザ・風邪など)の時なるべくニキビが悪化や増えないためにはどうしたら良いのでしょうか?
 

結論から言うと・・なるべく肌の清潔を保てるマスク(状態)にするという事です。
 
その1/使い捨てマスクの使用期限を守る
「マスクは1日1枚」と思っていませんか?実はこれ大間違いです。
マスクは実は外すたびに新しいものに交換するものなのです。自分の呼気でマスクは湿気を含みますがこれがニキビにとってすごく悪いのです。なるべくサラサラなマスクをつけるようにしましょう。
【インフルエンザ】予防接種受けない時の予防方法とは・・マスクの使用期限は?2枚重ねは効果的?

その2/大きくて立体的なマスクを選ぶ
最近は様々なマスクがありますが、ニキビがあるなら「大きくて、柔らかくて、立体的なもの」がベストです。
なるべく肌に触れず刺激を与えないためです。
病気感染予防に関してはジャストなサイズが良いので状況により選び分けましょう
【マスク】眼鏡がくもる理由とくもり対処法「マスクの選び方」とは?
 
その3/香りつきマスクは厳禁!
爽やかな香りつきマスクは付けていて気分がいいものですが、マスクにはお勧めしません。なぜならば香りの元がニキビへの刺激になる可能性があるからです。敏感な肌状態ですので刺激は避けましょう。
 
その4/マスク効果のある付けないマスク

「マスクは付けたくないけど衛生的に必要」という方にはエアマスクというものがあります。顔につける紙のマスクではなく、首からぶら下げる社員証や胸ポケットに入れるペンタイプのものがあり、二酸化塩素薬で顔周りにウイルスや花粉を寄せ付けない顔につけないマスクです。
  

マスクをつけた時のニキビ対策と予防方法は?

「やっぱりマスクをつけなければいけない」そんな時のニキビ対策と予防方法はどうしたら良いのでしょうか?
  

その1/洗顔は1日3回
思春期の学生さんや屋外活動など若くて皮脂が過剰、顔が砂埃などで汚れやすい人は1日3回の洗顔がおすすめです。なぜなら不衛生な状態が長時間続く事の方が問題だからです。洗顔しすぎで肌が乾燥する可能性から「洗顔は1日2回まで」が定説とされますが、それは清潔な環境で乾燥肌なのにニキビのある人向けです。管理人は中学生の一時期昼休みに洗顔していたら見る見るニキビが引いて行った時期がありました。若さで過剰な皮脂が出てニキビの人には洗顔はお勧めです。

その2/ニキビを触らない、スキンケアしすぎない
ニキビができやすい刺激に弱い状態の時は気になってもなるべく必要以上に触らないが基本です。何とかしたいとスキンケアしすぎがニキビの原因になる事もあるからです。管理人は社会人になって金銭的に余裕もあったのでニキビのスキンケアに毎日入念なクレンジング、マッサージ、パックなど頑張りましたがまったく完治しない。「頭キタ!」とキレて最低限の事以外一切やめたらスーッとニキビが消えました。触りすぎ、やりすぎは禁物です。
 
その3/ニキビが治る食べ物を取る
管理人のニキビに効いたのはビタミンCです。ただしビタミンCは体内に摂取しても壊れやすい難点もあります。管理人はスキンケア用品もビタミンC入り商品を使っている時は生理前に1個だけできる大きなニキビもできませんでした。もちろんビタミンC以外にも肌に良いビタミンA・ビタミンB2・ビタミンB6・コラーゲン・ミネラルもバランス良くが大切です。
 
その4/皮膚科に行く
今ではニキビで皮膚科は普通の事です。あれこれニキビを気にするよりも皮膚科に行く方が一発で治る人もたくさんいます。
  

 
ニキビを治すために基本的な「食生活や運動、睡眠」そんなのわかっているよ!それでも甘いもの食べたいんだモン!という方お気持ちお察しします。食生活がニキビをより悪化させているとしたら、その食欲自体なにか原因があるかもしれません。【痩せたい!でも食欲が止まらない】原因は栄養不足かも?

年を取れば確かにニキビは出来にくくはなりますが、ニキビの傷跡はいつまでも残ります。ニキビっ子だった大人としては「なるべく作らない方が大人になった時やっぱ得」とお伝えします

キレイに育てば、キレイが保つ


Sponsored Link


関連記事&特集記事


関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ