毛穴の黒ずみは毛抜きOK?毛穴の黒ずみが治らない原因と根本的解決方法


イチゴ鼻という言葉が生まれたのはいつの頃でしょう

10代から鼻の毛穴の黒ずみに悩み
まだ正しいケア情報もスキンケア用品も
充実していなかった時代
自分の顔にコンプレックスだらけで
鼻の事は見て見ぬフリで生きてきました。

アラフィフの現在
年齢的に皮脂も激減し悩みは
気にならない程度になりました。

だが、遅すぎる!!
もっと若い頃にキレイになれてたら
人生違ってたカモ?

世の中に毛穴ケアの情報はごまんとありますが
年の功から体感した「やるべき毛穴ケア」を
ご紹介します。

————————————————————
毛穴の黒ずみが何をしても治らない原因
毛穴に黒ずみが出来る理由と根本的な解決方法

————————————————————

Sponsored Link

毛穴の黒ずみが何をしても治らない原因

鼻の黒ずみの角栓とは
肌の古い角質に皮脂が結合して
毛穴の中でチリや埃などと結びつき
黒く凝り固まってしまうことです。
皮脂が肌表面にうまく出ることができれば
ただのテカリ肌で済む現象なのです。

管理人はアラフィフですが2年ほど前に
精密機械級の毛穴用ピンセットでケアするように
なってから毛穴の黒ずみが劇的に減りました。

生きていますからまだ皮脂が出ます
が、もう黒い皮脂はたまりません。
その経験値から言うと
「毛抜きで鼻のケアは絶対NG」と
されていますが、コレ人によります。

<やっちゃいけないとされる毛穴ケア>
・角栓を押し出す(毛抜きや指)
・はがす毛穴シートパック
<おすすめとされる毛穴ケア>
・蒸しタオル
・オイルクレンジング
・オロナイン
・拭き取り化粧水
・収れんタイプの化粧水
・たっぷりの化粧水で水分補給
・食事のバランス(ビタミンA、B2、B6、E)
・ストレスのない生活
・十分な睡眠
・適度な運動

一番悩んでいる若い時は毛抜きで
角栓ケアなんてしなかったし
クレンジングオイルしか使わなかったし
死ぬほどふき取り化粧水で拭いても
黒ずみは取れませんでした。
もちろん規則正しい生活なんて問答無用に無理

何をしても毛穴の黒ずみは改善しない
きれいにならないのですからそりゃグレます。

もうアラフィフだし今さら…と自暴自棄になって
「毛穴開いていても黒ずみなくなればまだマシじゃね?」
と精密ピンセットで黒ずみを抜くようになったら
黒ずみはたまらなくなったのです。

これはなぜか?
管理人の体温が低くて、肌が固くなっていたからです。

Sponsored Link

毛穴に黒ずみが出来る理由と根本的に治す・解決方法


【蒸しタオル】効果的な使い方と注意点・やけどしない確認方法

管理人が何をしても鼻の黒ずみが
きれいにならなかったのは
根本的に化粧品の効果の出にくい
冷たくて固い肌だったからです。

<肌が固くなる要因>
・血行不良(冷え性)
・肌の潤い不足(乾燥&過剰皮脂)
・肌の温度が低い(顔が冷たい)
 
<肌が固いと起きるトラブル>
・化粧水、美容液、乳液などの効果が出にくい
・乾燥肌なのに皮脂が目立つ肌になる
・水分不足なのに皮脂が多いので鼻の黒ずみができる
・洗顔やパックをしても黒ずみが取り切れない
・クマや頬が赤いなど色むらのある肌色になる

皮脂の過剰分泌は、思春期から20代前半ごろまで
また男性ホルモンの影響やストレス
食事による影響も大きいと言われます。
ですが同級生や男子でも肌がきれいな子も
います。

管理人は10~20代にかけて
ニキビ&鼻の黒ずみが目立つ最悪の肌で
冬は動けなくなるほどの極度の冷え性
お風呂で温まってもすぐに体が冷える
PMSで生理の七転八倒の痛み&イラつき&貧血
でした。

これら「体調不良は体質だから」と
放置すると、肌トラブルとして現れて
肌が固い→鼻の黒ずみという弊害が
生み出されていたということなのです。

物理的なスキンケアをしても黒ずみが
取り除き切れないほど肌が固く
悪循環の繰り返しで
結果、ピンセットで強引に皮脂を
押し出さないと黒ずみが取れない肌でした

もちろんシートパックやピンセットは
最終手段ですから誰にでも薦められる方法ではありません。

ですが黒ずみがたまったままの状態だと
いくらスキンケアをしても改善はしにくい
のも事実です。

毛穴の黒ずみを根本的に治す・解決する方法


【蒸しタオル】レンジを使わない作り方と長持ちさせる方法と当てる時間

肌以外の体調不良や体質に気になる点を改善する
思春期~青年期のホルモンバランスによる不調を改善する。
特に女子なら症状や体質に合った漢方などにたよると
体調も肌の調子も改善してきます。

冷え性ならとにかく毎日湯船につかりよく寝る
体を温めて、睡眠時間は多めに取りましょう。
それだけでストレスが減って皮脂のバランスが整います。

栄養バランスが取れないならサプリ
ビタミンCは美肌効果があるのは有名ですが
これが不足するとストレス耐性がなくなります。
つまりイライラしやすくなるということです。
肌やストレスにも効くビタミンCは夜飲むのがオススメです。

洗顔料は夜だけ、思春期は特に洗う回数を増やす
洗顔料はメイクをした時だけで充分です。
なぜなら洗顔料が毛穴から流しきれないことで
毛穴つまりの原因になるからです。
管理人は朝“素洗い”だけにして
毛穴に効果ありと実感しています。
そのかわり、洗顔のすすぎの回数は年齢の数。
肌に触れるのはお湯だけで手でこすらない。
20代までは「年齢数+10回」くらい徹底的にすすぎます。
体温より低い温度の湯で充分です。
肌の透明感が段違いに良くなります。
中高生などニキビが気になる人は、昼休みに洗顔する
習慣をつけるとかなり治ってきます。
逆に泡立てた洗顔料を顔につけていて良い時間は
10秒以内とも言われます。
すすぎにとにかく気合を入れましょう。

必要な保湿はするが、必要以上に保湿しない
洗顔後は肌に必要なスキンケアをすることを
おすすめしますが、必要以上に行う必要はありません。
やり過ぎると“皮膚の触り過ぎ”で肌が炎症する事や
肌は与えられる事になれると、それに甘える性質もあります。

顔に触れる布類はとにかく清潔で低刺激のものにする
顔を拭くタオル、枕や布団のえりもと
マスクやマフラーもとにかく清潔で低刺激のものにします。
マスクの繊維ですら肌を傷つけたり乾燥させ
肌を固くする原因になります。

  

開いた毛穴は戻らない?

よく「毛穴パックをすると毛穴が開く」
と言いますがこれもガセのようです。
そもそも角栓で毛穴がつまってしまった段階で
毛穴はひろがってしまうのでパック使用は関係なく
手遅れなのです。

<毛穴が開く原因>
・角栓で毛穴が詰まる
 角栓を何らかの方法で取り除いても、すでに遅し。
 肌が角栓の大きさに広がった通りに形状記憶するので
 スキンケアでは縮まりません。
・ニキビで毛穴が開く
 ニキビで毛穴が開く状態とは、なかなか重症のニキビです。
 ホルモンバランスの崩れもありますからまよわず皮膚科に
 行く事をお勧めします。
 保険適用で外用薬、ビタミン剤や漢方薬などの内服薬など
 必要な処方が行われてます。 
・乾燥で毛穴が開く
 肌が乾燥してふっくら感がなくなると毛穴が目立ちだします。
 若い人なら保湿で元に戻りますが、肌のハリ次第です。
・年齢によるたるんだ毛穴
 加齢で肌がたるんでくることで毛穴が縦長に開いてきます。
 スキンケアでは閉じません。
  
開いてしまった毛穴は、美容皮膚科での
症状に会った治療法じゃないと(保険無適用)
治すことはできません。
男性芸能人がニキビ跡だらけだったのが
いつの間にかキレイになっているのは
美容皮膚科でのケアです。

【結論】肌の調子は体調を表している


Sponsored Link


関連記事と広告


関連記事


サブコンテンツ