【おいしいイチゴの見分け方】白いイチゴはどう見分ける?


イチゴ大好き!
クリスマスから春にかけて店頭に良く出回るイチゴ。春になればいちご狩りもたのしみですし、甘酸っぱいイチゴを堪能できる季節です。

とは言え、食べてみたイチゴが「あれ?まだ熟してないカモ」という事があると過ごしガッカリです。
ですが、店頭で売っているパックイチゴは他の果物と違い、イチゴは一度刈り取られてしまったものはもうそれ以上甘くなることはないのです ガ━━ (゚Д゚|||) ━━━━━ン !!!!

イチゴを買うのは実は失敗しない為にも、おいしいイチゴの見分け方を覚えておきましょう

こちらでは
————————————————————
【おいしいイチゴ】の見分け方
【おいしいイチゴの見分け方】白いイチゴはどこで判断する?

————————————————————

Sponsored Link

【おいしいイチゴ】の見分け方

おいしいイチゴは見た目でわかります。
熟している状態をおぼえておけば、買いに行った時もいつもアタリのイチゴを手に入れることが出来ます。

「色」
・イチゴ全体がつぶつぶまで真っ赤(ヘタの周辺まで赤い)
・鮮やかでムラがなく、光沢があり、ツブツブが立っている
・先端が白っぽいピンク色のものは完熟の一歩上をいく甘さ+酸味も乗っている食べごろ
・ツブツブを覆うほど身が盛り上がっている
・いちごのツブが終わってから、ヘタのついているところまでの距離が長い。
・ヘタが反り返っていたら超完熟

「鮮度」
・表面に産毛のようなものが生えていると新鮮
・ヘタが深い緑でキレイな色


「形と大きさ」
・根元が引き締まってイチゴの形がひし形
・同じ種類のイチゴなら小粒より大粒のイチゴを選ぶ
・形がいびつなイチゴは一番最初に実り栄養が集中するため形がいびつになり、いちばんおいしい


イチゴ狩りに行くとひと房でいくつかのイチゴが実っていますが、最初に花が咲いて、実になった「一番果」は形は悪くても大型で甘みが一番強くて美味しいのです。

スーパーで売っているパックのイチゴは粒の大きさがそろったものが売られていますが、よく見ると大きくていびつなイチゴも粒の大きさをそろえて売っています。

また上記の写真で
「全体が赤いイチゴ」と「根元が白いイチゴ」で食べ比べてみるとやはり赤いイチゴの方が甘くて、根元が白いイチゴは甘みが弱く(味が薄い)多少芯があるような固さも感じました。
イチゴも冷静に食べ比べてみるとひとパックの中でもアタリハズレがあるので、よく考えながら味わってみると面白いですよ。
  

Sponsored Link

 

【おいしい白いイチゴの見分け方】白いイチゴはどこで判断する?

最近、見るようになった「白いイチゴ」
赤いイチゴよりお値段もお高くて、贈答用というイメージがあります。「だも、高いし赤いイチゴよりおいしいんじゃない?食べた事ないけど」
実際、赤いイチゴと白いイチゴではどう違うのでしょうか?

「赤いイチゴと白いイチゴの違い」
白いイチゴはご家庭用というよりは、赤いイチゴとセットで贈られる贈答用として販売されることが多いようです。日本の愛でたい時の紅白幕的な位置づけということです。
贈答用商品は何でも高いです。高級スーパーなどでは白いイチゴだけのパック販売もあるようですが、通常の赤いイチゴの2倍の値段です。
また、肝心の味ですが「赤いイチゴと変わらない、またはアッサリ?」でお値段どおりの味とはいかないようです。

「色」
白イチゴが白い理由は 赤いイチゴは光に当たることによってアントシアニンという色素が発現、それによって赤く発色するのですが、白いちごは品種改良中の突然変異でアントシアニンを合成できないモノができて生まれました。
とはいっても白いイチゴも品種によって、うっすらピンク色の感じに差があります。色味で甘さを測ることは出来ませんが、香りが強いと食べごろであるのは間違いありません。

「鮮度」
赤いイチゴだと透明の産毛が生えていると新鮮ですが、白いイチゴでは確認するのがなかなか難しいです。ですが、ヘタは白いイチゴも緑色なので、キレイな緑色をしているかチェックしましょう。また白いイチゴは香りがとても良く、桃やパイナップルのような香りの品種が多いのが特徴です。

「形と大きさ」
これは、色が白いというだけでイチゴのおいしさを表す形と大きさの特徴は同じです。
小さめの粒のそろったものより、大きくていびつな形のイチゴを選ぶ方が確実かもしれません。


イチゴの旬は12月から6月が赤も白も一般的です。
農産物はドンドン品種改良をしてよりおいしさや珍しさを目指していますが、韓国にイチゴの品種を盗まれたりする被害もありますので、新しくて良いものを作り続けなければいけないのかもしれません。

ですが白いイチゴは今のところ、珍しさが先行して高額でありながら、味優先でもなさそうなので、言うほど需要があるのか?農家も生産しなくなる日が来るかもしれません。

どんな味か経験しておきたい人はお高めでも食べてみておくことをお勧めします。


Sponsored Link


関連記事と広告


関連記事


サブコンテンツ