【天皇誕生日・一般参賀】皇居の行き方・服装・混雑状況、天皇はお幾つに?


12月23日は今上天皇のお誕生日「天皇誕生日」の祝日です


  
日本の今上天皇・平成天皇明仁(あきひと)様は2016年12月23日で83歳になられます。今年は「生前退位」のお気持ちもご表明され日本ならず世界中が驚きと天皇制について考える年となりました。

そして今年も天皇誕生日には皇居【長和殿】にて一般参賀が行われます。

一般参賀・・なかなか面白いのです!日ごろ意識しないとなかなか行く事のない皇居内の風景やテレビでしか拝することのできない皇室ご一家。そして一般参賀に当たってのセキュリティの厳重さと右寄りな方たちも訪れる静かなカオス。そして皇室ご一家がお目見えになった時の盛り上がりと沈黙はライブにいったような感覚!行かれた事のない人にはぜひ一度体験していただきたいのが日本の一般参賀なのです!

■こちらでは
————————————————————
【天皇誕生日・一般参賀】行き方と参賀時間
【天皇誕生日・一般参賀】混雑状況と待ち時間は?
天皇誕生日と皇室ご一家のお誕生日は?
————————————————————
をご紹介します。

Sponsored Link

【天皇誕生日・一般参賀】行き方と参賀時間

 
CIMG0210
 

期 日 平成28年12月23日(金・祝)
参入門 皇居正門(二重橋)
(午前9時30分~午前11時20分)
退出門 坂下門,桔梗門(ききょうもん),大手門,平川門,北桔橋門(きたはねばしもん)
お出まし(予定) 天皇皇后両陛下,皇太子同妃両殿下,秋篠宮同妃両殿下,眞子内親王殿下
第1回 午前10時20分頃
第2回 午前11時頃
第3回 午前11時40分頃
【午後の一般参賀(記帳)】
場所 皇居内 宮内庁庁舎前特設記帳所
参入門 坂下門
(午後0時30分~午後3時30分)
退出門 桔梗門(ききょうもん),大手門,平川門,北桔橋門(きたはねばしもん)(閉門:午後4時)
※天皇陛下が,皇后陛下,皇太子同妃両殿下,秋篠宮同妃両殿下及び眞子内親王殿下、佳子内親王殿下とご一緒に長和殿ベランダにお出ましになられます。
※お目見えになる時間は1回5分ほどです

宮内庁新年一般参賀要領より

参賀者は,午前9時30分から午後2時10分までに,皇居正門(二重橋)から参入し,宮殿東庭の参賀会場を経て,坂下門,桔梗門又は乾門から退出することとなります。

【最寄駅】 
・地下鉄千代田線「二重橋前駅」「大手町駅」「日比谷駅」「霞ヶ関駅」
・地下鉄三田線「大手町駅」「日比谷駅」
・地下鉄丸の内線「大手町駅」「東京駅」「霞ヶ関駅」
・地下鉄半蔵門線「大手町駅」
・地下鉄東西線「大手町駅」
・地下鉄有楽町線「有楽町駅」「桜田門駅」
・JR「東京駅」「有楽町駅」
※駐車場の用意はありません

【セキュリティチェック】
参賀者はかならずセキュリティチェックがあり、金属探知機でボディチェックもあります。
大きな荷物は持ち込めないため、預ける事になりますが、手荷物がない人は「手荷物NOチェック」のレーンを通り抜ける事が出来ますので、その分早く長和殿に向かう事が出来ます。

Sponsored Link

【天皇誕生日・一般参賀】混雑状況と待ち時間は?

天皇誕生日は午前中に3回だけのお出ましです。2015年(昨年)の参賀者数は26,627人でした。1回の参賀者数は1万人切っていますので、新年の一般参賀よりも空いています。
ですが!今年はお気持ち表明が合ったので昨年より確実に参賀者数は増える!と予想します!

混雑状況は・・?
最前列で皇室ご一家を拝したいとなると、長和殿の最前列のベランダ前をみなさん目指します。それなりに混んではいます。中ほどから中央前方に行くほど「混雑している電車内」という感じです。
もし「最前列でご拝顔させて頂きたい」と思うなら遅くとも朝6:00頃までには皇居についていたほうが良いです。なぜならば本気の「皇室大好き」「皇室万歳な右より」な方々は当然最前列ど真ん中を狙っていますので徹夜で並ぶからです。
一般の人でも早めの人は1時間前には到着すると思いましょう。

待ち時間は・・?
今年の込み具合にもよりますが例年の参賀者数だと受付から長和殿までは途中セキュリティチェックなどもありますが、スムーズに行くと10分弱で長和殿前にたどり着けます。だいだいどの回も平均待ち時間40分弱という感じです。立ちっぱなしになりますので待ち時間立ち続ける事が出来る体力も必要です。
ただし混雑が激しいと皇居敷地内に入るまでに入場待ちの列でならび、更に長和殿の前でも前方に行くのはほぼあきらめたほうが良い状況になるのもありえます。

一般参賀でのマナーと注意点
 
CIMG0202

・服装・寒さ対策
例年比較的お天気に恵まれるのですが、年末で真冬ですのでかなり暖かい恰好での参加が望ましいです。服装に決まりはありませんし正装でなくとも大丈夫です。ただし途中砂利の坂道を登りますので楽で歩ける靴にしましょう。

・手荷物は小さめが楽で得
セキュリティチェックも同様ですが、長和殿前の立ち位置次第では混雑している電車内のような混雑です。大きな荷物は迷惑になりますのでご注意ください。

・自撮り棒は禁止
途中配られる日章旗以外の旗ざおなどを使用した際は即座に警備の方に排除・連行されます。写真動画撮影は可能ですが、カメラを棒などで高く持ち上げるのは絶対にやめましょう。
  

天皇誕生日と過ごされ方・時期皇位継承されるのは?

今上天皇は12月23日というクリスマスイブの前日が祝日になり、なんともお祝いムードが更に盛り上がるような平成の世です。とはいえ天皇陛下は日本一忙しい83歳でご自身の誕生日である天皇誕生日の一般参賀の後も行事が詰まっております。
 

天皇陛下・天皇誕生日のスケジュール 
     
    祝賀の儀
    天皇陛下が,皇太子殿下はじめ皇族方,内閣総理大臣,衆・参両院の議長,最高裁判所長官から祝賀をお受けになる儀式です。
    宴会の儀
    天皇陛下が皇后陛下とご一緒に,衆・参両院の議長・副議長・議員,内閣総理大臣・国務大臣,最高裁判所長官・判事,その他の認証官,各省庁の事務次官など立法・行政・司法各機関の要人,都道府県の知事,各界代表者とそれぞれの配偶者を招いて宴会を催され,祝賀をお受けになる行事で,皇太子殿下をはじめ皇族方も列席されます。
    茶会の儀
    天皇陛下が皇后陛下とご一緒に,各国の外交使節団の長とその配偶者を招いて茶会を催され,祝賀をお受けになる行事で,皇太子殿下をはじめ皇族方も列席されます。

 
 
実はお誕生日気分で盛り上がっているのは、一般国民だけかもしれません;一般参賀後もスケジュールみちみちで分刻みのスケジュールなのですから・・。国民にかかわってくる事は、天皇誕生日は国民の祝日に制定されるということです。そうなると皇位継承順に注目もあつまりますが天皇陛下になるということは例えると「定年のない公務員になるようなもの」とも言われ大変な重責である事も理解しておきましょう。

現在の皇位継承順位
1位 皇太子徳仁親王 1960年2月23日
2位 秋篠宮文仁親王 1965年11月30日
3位 悠仁親王 2006年9月6日
4位 常陸宮正仁親王 1935年11月28日(昭和10年)80歳 皇弟 / 昭和天皇の第2皇男子
5位 三笠宮崇仁親王 1915年12月2日 (大正4年)100歳

 
※年齢表記はすべて2015年12月23日の天皇誕生日時点での表記
 
ちなみに皇室ご一家のお誕生日は・・
今上天皇皇后・美智子様 1934年10月20日(82歳)
第一皇子・徳仁親王 浩宮様 1960年2月23日(56歳)
徳仁親王妃 雅子様 1963年12月9日(52歳)
徳仁親王第一女子 敬宮愛子内親王 2001年12月1日(15歳)

第二皇子・秋篠宮文仁親王 礼宮様 1965年11月30日(51歳)
文仁親王妃 紀子様 1966年9月11日(51歳)
秋篠宮文仁親王第一女子 眞子内親王 1991年10月23日(25歳)
秋篠宮文仁親王第二女子 佳子内親王 1994年12月29日(22歳)
秋篠宮文仁親王第一男子 悠仁親王  2006年9月6日(10歳)
 
また愛子様は15歳、悠仁様は10歳という事で一般参賀にお出ましになるのはまだ当面先になります。日本のロイヤルファミリーで象徴のご一家ですがやはりお小さいときからお姿を目にすると、ご成長されるお姿を拝するのは楽しくうれしいものですね。

お勤めとは言えご高齢の天皇陛下のご心労も国民としては気がかりなところです。一般参賀ではマナーを守って参賀しましょう。

【一般参賀】皇室ご一家を少しでも近くでお姿を拝するには?


Sponsored Link


関連記事&特集記事


関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ