【春キャベツ】旬と選び方・普通のキャベツとの大きな違い 


春キャベツ
春はキャベツに特別なネーミングがつく季節。春キャベツは普通のキャベツよりも小さくて軽くて実が詰まっていないけど「甘いから」「柔らかいから」「春だから」みたいな付加価値のある言い方をしているのが「春キャベツ」です。
管理人的には「柔らかいとしても量的に少なくなるから損な気がする」と思ってしまうのですが、「春キャベツ」は普通のキャベツとは違う何か特別な魅力があるのでしょうか?

こちらでは
————————————————————
【春キャベツ】旬(時期)と良い春キャベツの選び方
【春キャベツ】普通のキャベツとの違い

————————————————————

Sponsored Link

【春キャベツ】旬(時期)と良い春キャベツの選び方

 
春キャベツはその名の通り春に収穫されるので別名「春玉」とも言われます。春キャベツは秋に種まきをして収穫されるのが年明け2月以降と言う事です。

春キャベツ旬:2月下旬~5月ごろまで

春キャベツの選び方
・全体的に形が丸い
・鮮やかな黄緑色
・葉と葉の間がゆるくてフワフワしている。
・内部まで薄い緑色(半玉の場合チェック)
・みずみずしく、芯にヒビが入っていないもの

春キャベツはフワッとしているほうがおいしいので、つぶれていたり変色しているものは酸化し古くなっているかもしれません。
 

Sponsored Link

  

【春キャベツ】普通のキャベツとの違い

 


春キャベツ(春玉、新キャベツ)
旬:2月下旬~5月ごろ
大きさ:小さめ
形:丸い
色:鮮やかな黄緑色
重さ:葉と葉の間隔が緩く、ふわっとして軽い
固さ:水分が多く柔らかい


普通のキャベツ(寒玉)
旬:10月~3月
大きさ:普通から大きい
形:楕円形
色:淡い黄緑色
重さ:葉と葉の間隔がギュッと詰まって重い
固さ:(春キャベツより)水分が少なく硬い

キャベツにはいろんな種類があって年間通して出荷される野菜です。
一般に冬キャベツ(寒玉)と呼ばれる種類と春キャベツを比べるとその小ささから「不作だったの?」「まだ育っていないんじゃない?」などと思ってしまいそうです。が、そうではなくて春キャベツはもともとそういう野菜なのです。

またイメージとして「春キャベツは甘い」と思われがちですが、実は甘さに関しては普通キャベツとそう大差ありません。ただ春キャベツは水分量が多く、その食感の柔らかさは「青臭さを感じにくい」「えぐみも感じにくい」ので春キャベツは甘いという印象があるようです。 また逆に一般的なキャベツ(寒玉)はギュッと詰まっているほうがおいしいといわれています。
 
 


 
春キャベツは柔らかさを楽しむキャベツ
冬キャベツとの大きな違いはその食感
まずはサラダで楽しみたいのが春キャベツの特徴です


Sponsored Link


関連記事と広告


関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ