【東京都内開催クリスマスマーケット2021】おすすめ5会場と混雑予想


12月になると楽しみなのがクリスマス!
今年はコロナへの安全対策に考慮しながら開催されるクリスマスマーケットをご紹介いたします。


東京クリスマスマーケット2021 in 日比谷公園
六本木ヒルズクリスマスマーケット2021 
六本木・東京ミッドタウン クリスマス 
赤坂 アークヒルズ クリスマス
北欧屋台 クリスマスマーケット
【東京クリスマスイベント】混雑状況と注意点 

Sponsored Link

東京クリスマスマーケット2021 in 日比谷公園


東京クリスマスマーケット2021 日比谷公園
2021年12月10日(金)~25日(土)
初日16:00~22:00(L.O21:30) 全日11:00~22:00(L.O21:30)
入場料:1,000円(大人チケット特典:オリジナルマグカップノベルティ)


入場チケット購入方法
     
    事前予約制・入場人数&時間制限(最大120分)を導入
    入場料:1000円(大人)500円(小学生以上中学生未満)※事前予約・オンライン決済
    ・時間帯ごとに定員を設けての入場としております。お早めのご予約をお勧めいたします。
    ・空いている場合は当日受付可能の場合もあります。
    ・事前予約は、当日入場時間の2時間前まで受付しております。 
東京クリスマスマーケット日比谷公園のおすすめ度
     
    デート☆☆☆☆☆ → 夜の雰囲気ヨシ
    ファミリー☆☆☆☆
    フード☆☆☆ → 高い&並ぶ
    マーケット☆☆☆☆ → 飲食16店舗、雑貨11店舗充実
    クリスマスムード☆☆☆☆☆


クリスマスマグは細い!容量は少なさそう!帰宅後は鉛筆入れになりそう
 

リンツのフォンダン・オ・ショコラ 600円はアツアツのうちに食べないと固まって普通のチョコ化まったなし!

日比谷のメインは高さ14mの巨大木工芸品「クリスマスピラミッド」です。
子供向けのコーナーやワークショップ、ステージイベントを開催する大きなテントがありますが、コロナ対応で密にならない対応となります。リンツ(Lindt)のブースが今年もガンバリ人工的に雪を降らせる「スノーモーメント」の仕掛けで、クリスマスマーケットを美しく彩ります。

クリスマスマーケット2021日比谷公園 混雑予想
     
    混雑する:✕ ほどほど:△ 空いている:〇

    12月10日(金) △
    11日(土) ✕ 
    12日(日) ✕ 
    13日(月) △
    14日(火) 〇
    15日(水) △
    16日(木) △
    17日(金) △
    18日(土)
    19日(日)
    20日(月) △
    21日(火) △
    22日(水) ✕
    23日(木・祝)
    24日(金) ✕
    25日(土) ✕ 

日比谷公園のクリスマスマーケットは期間が16日間とあまり長くなく、仕事帰りの方もいらっしゃるのでクリスマス直前の夜はかなり混雑します。混雑回避されたい方はイベント開催されてから早めに行かれるのが良さそうです。

【会 場】 日比谷公園 噴水広場 
【最寄駅】
日比谷線または千代田線 日比谷駅 A14出口より 徒歩約1分
丸ノ内線 霞ヶ関駅 B2出口より 徒歩約5分
都営三田線 内幸町駅 A7出口より 徒歩約5分
JR東京駅 丸の内口より 徒歩約20分
JR有楽町駅 日比谷口より 徒歩約10分

六本木ヒルズクリスマスマーケット2021


六本木ヒルズクリスマスマーケット
11.27(土)〜12.25(土)11:00〜21:00
大屋根プラザ:11.27(土)〜12.25(土)
ヒルサイドテラス:11.30(火)〜12.5(日)

六本木ヒルズクリスマスマーケット
     
    入場料:なし 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、入場制限を実施いたします。土日等繁忙期は整理券配布を行う可能性がございます 
六本木ヒルズクリスマスマーケットのおすすめ度
     
    デート☆☆☆☆ → ちょっとしたデートにヨシ
    ファミリー☆
    フード☆☆☆ → 高い
    マーケット☆☆☆ → 飲食雑貨7店舗
    クリスマスムード☆☆☆☆


六本木ヒルズの半屋外「大屋根プラザ」で開催される老舗クリスマスマーケットです。
会場は屋根付きで雨や寒さを防げそうですが、逆に真冬のビル風が寒く、飲食は座るところは少なく長居する感じではありません。クリスマスオーナメントの収集している方やサラッとクリスマス気分を楽しみたいカップルなどにはおすすめです。

六本木・東京ミッドタウン クリスマス


ミッドタウン クリスマス
     
    2021/11/18(木)〜12/25(土)
    ・スノードーム型イルミネーション
    ・期間限定で登場するクリスマスツリー
    ・アイススケートリンク
東京ミッドタウン クリスマスのおすすめ度
     
    デート☆☆☆☆ → 夜の雰囲気ヨシ
    ファミリー …
    フード …
    マーケット☆☆ → 雰囲気ショップ
    クリスマスムード☆☆☆☆☆


デンマークの妖精「Nordika nisse (ノルディカニッセ)」期間限定ショップ:2021/11/9(火)〜12/5(日)


クリスマス・インテリア雑貨を取り扱う「ハルモニア」期間限定ショップ:2021年12月7日(火)~12月25日(土)
広大な敷地にきらめく、幻想的な光イルミネーションで勝負のミッドタウンです。
クリスマスマーケットはありませんが、インポートの本格的クリスマスグッズを扱うお店があります。大人の空間と言う感じです。
 

赤坂 アークヒルズ クリスマス

アークヒルズ クリスマス2021
     
    2021年11月19日(金)~12月25日(土)
    イルミネーション点灯時間
    8:00~23:30(アークヒルズ)7:00~25:00(アークヒルズサウスタワー)
    クリスマスコンサート:12月の毎週土曜日に開催!
    12月4日(土):首都圏の音大生による吹奏楽団「粋吹」
    12月11日(土):玉川学園
    12月18日(土):『武蔵野音楽大学』金管五重奏
    12月25日(土):『東京音楽大学』打楽器アンサンブル
    赤坂蚤の市毎月第4日曜日に開催。:”ヨーロッパの蚤の市”のような雰囲気
    2021年11月28日(日)12月12日(日)11:00~17:00
赤坂 アークヒルズ クリスマスのおすすめ度
     
    デート☆☆☆☆ 
    ファミリー☆☆☆☆
    フード☆☆☆
    マーケット☆☆☆☆ → → 蚤の市が2回しかないのが残念 
    クリスマスムード☆☆☆☆

アークヒルズはイルミネーション自体はにぎやかしほどなので、おすすめは定期的に行われる蚤の市です。クリスマスカテゴリとしてこの時期は量産型クリスマスマーケットにはないアンティークの家具や雑貨、古着やジュエリー、ライフスタイルを彩るクラフトアイテムや作家作品など、さまざまなジャンルの商品のならぶ蚤の市はいるだけでオシャレ気分です。

北欧屋台 クリスマスマーケット

北欧屋台
     
    開催日時・店舗
    ●ランドマークプラザ1F フェスティバルスクエア 2021年11月17日(水)~ 12月16日(木)各日11:00~20:00
    ​●ジェイアール京都伊勢丹 ​10F 催物場 2021年12月15日(水)~ 12月24日(木)
北欧屋台クリスマスマーケットのおすすめ度
     
    デート☆
    ファミリー☆☆☆☆
    フード☆☆☆
    マーケット☆☆☆☆☆ 
    クリスマスムード☆☆☆☆☆

イベント型 期間限定ショップ「北欧屋台」は主に横浜を中心にデパート催事場などでフィンランド・デンマーク・ノルウェー・スウェーデンなどのブランドの木製製品、テキスタイル製品、アクセサリー、ヴィンテージの食器、北欧のフードなどを販売するお店です。年間通してどこかで開催されていますが、この時期は特にクリスマス雰囲気満載ですので北欧グッズやクリスマス雰囲気が大好きな人、手芸好きな方やお友達同士が楽しそうです。

  

Sponsored Link

  

【東京クリスマスイベント】混雑状況と注意点

もし、クリスマス(イベント)マーケットに行くとしたら、イベント開始早々の早い時期に行くのが一番楽しめます。

コロナで三密を避けるため、入場制限や入場料を取る会場もありますが、それでもクリスマス直前は毎年混雑しますしゆっくり見るのが大変になります。特に夜は尋常じゃない混雑ですので、時期的にはクリスマスイベントは開始期間中は早めに行くことをお勧めします。

クリスマス(イベント)マーケット混雑し過ぎると…
     
    ・前に進めないくらい、会場が混雑している
    ・会場はゆっくり見れない
    ・フードを買うのに長蛇の列。そして品切れだらけ
    ・フードを買っても座れるスペースを見つけるのが困難
    ・買ったフードもどんどん冷めていく
    ・クリスマス前後の年末ギリギリはメチャクチャ寒い

  
イベント会場で販売しているグッズ、特にフードは混雑しすぎて座って飲食も難しくなることもあります。席が取れたころにはお料理冷え冷えなことも…暖かい服装で日暮れ前の夕方くらいから行って席を確保するのがよさそうです。

関連記事と広告


関連記事


サブコンテンツ