【横浜赤レンガ倉庫2018クリスマスマーケット】日程とおすすめ料理&グッズ


横浜のクリスマスと言えば「クリスマスマーケットin横浜赤レンガ倉庫」です


毎年、クリスマスムードを思いっきり楽しめるのがクリスマスマーケットですが、今年の横浜赤レンガ倉庫は本場ドイツの150か所の中でも特に人気の高い”アーヘンのクリスマスマーケット“をイメージしています。
「アーヘンのクリスマスってどんな感じ?」かは行ってのお楽しみ!

こちらでは

【横浜赤レンガ倉庫2018クリスマスマーケット】日程と点灯式
【横浜赤レンガ倉庫2018クリスマスマーケット】食べるべきおすすめ料理
【横浜赤レンガ倉庫2018クリスマスマーケット】買うべきおすすめ小物
【クリスマスマーケット2018】全国情報一覧

Sponsored Link

【横浜赤レンガ倉庫2018クリスマスマーケット】日程と点灯式


開催日程
2018年11月23日(金・祝)~12月25日(火)
点灯式(プレオープン)11月23日(金・祝)は夕方 ゲストあり
※2017年はゲストにディーンフジオカさん
・11月24日(土)~12月14日(金)11:00~21:00(ラストオーダー 20:30)
・12月15日(土)~12月25日(火)11:00~22:00(ラストオーダー 21:30)
※荒天時は休業することがあります
※イルミネーションのライトアップ 16:00~営業終了まで(ツリーのみ23:00まで)
※物販ブースの営業時間は11:00~21:00です。
点灯式でゲストが誰かは混雑回避のため発表されない事がほとんどです。でも期待して良いと思われます!

アクセス~横浜赤レンガ倉庫
JR・市営地下鉄「桜木町駅」より汽車道経由で徒歩約15分
JR・市営地下鉄「関内駅」より徒歩約15分・みなとみらい線「馬車道駅」または「日本大通り駅」より徒歩約6分「みなとみらい駅」より徒歩約12分


アーヘン・クリスマスマーケットの名物はジンジャーブレッドマンの形をした伝統的なお菓子「プリンテン」がモチーフのプリンテン人形です。横浜赤レンガ倉庫でも会場エントランスに同じ型のプリンテン人形の装飾が登場し、アーヘンのクリスマスマーケットの雰囲気をお楽しみいただけます。もちろん、フードも充実しグリューワインやソーセージや高さ約10mの本物のモミの木のツリーも楽しめます。
  

Sponsored Link

【クリスマスマーケット2018横浜赤レンガ】食べるべきおすすめ料理

クリスマスマーケット2018横浜赤レンガに行くならば「これは食べておいた方がいい」グルメが沢山ありますが特におすすめのお料理をご紹介します。

01 LECKER(レッカー)

雪イチゴとマシュマロのホットミルクカクテル750円

特大マッシュルームのアヒージョ1,300円
この2品はインスタ映えもしてかなり美味しそう!一押し商品だけある間違いなさそうな2品!
  

04 ハッカー・プショール ダイニング

ジビエメンチ~トリュフ塩をまとって~600円
ジビエといっても色々な動物がいるけどいったい何?この価格なのであまり大きくはないメンチでしょう。ジビエに興味のある方、お肉を無駄にしたくないやさしい方におすすめ。

10 あたたか~いホットカクテルのお店

大人のビールプリン800円
ドイツと言えばビールですが、スイーツもビール味にしてみました。温かいカクテルとスイーツが人気のお店です。
 
14 Xmas PLANEN(クリスマス プランヌン)

シュニッツェル \1,400
ドイツの子供から年配の方まで大好きなのがドイツ版とんかつ、洋風に言うとカツレツ「シュニッツェル」です。牛、豚、鶏でもできますが、今回は牛肉のシュニッツェルにクリスマス用にアレンジしました。
ちなみにこのお料理は「札幌第17回ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo」でも出店される人気商品です。
 


クリスマスマーケットは冬のお祭りですから、あたたかいフードもあっという間に冷めて行きます。一応風よけ程度にビニールを貼った飲食スペースもありますが、席をマゴマゴ探しているとお料理は冷え冷えです。願わくば席を見つけてからお料理を頂くことをおすすめします。

  

【クリスマスマーケット2018横浜赤レンガ】買うべきおすすめ小物

A Deutsches Haus(ドイチェス ハウス)

スーハ゜ーミニ クリスマスシュトレン(アップル入り)650円
クリスマスシーズンになったら毎日少しずつ、クリスマス本番がくるのをたのしみにしながらいただくケーキがシュトレンです。木の実やドライフルーツがたっぷりで満足度の高いおやつですが、おいしいのですぐ食べちゃうと思います。
  

J fashy(ファシー)の湯たんぽ

fashy(ファシー) DXデラックス湯たんぽ2,000円~
管理人も使用している、塩化ビニル樹脂のドイツ製湯たんぽです。保温・保冷性に優れ、夏は氷枕としても使えるので病気の時も大助かりです。ネットショッピングでも買えますが、店頭でクリスマス限定のカバー付きなら買いです!
 

ロイデ シンパテックスブーツ10,000円
ドイツ・ロイデ社は健康シューズを作るメーカーです。シンパテックスブーツは防水性・透湿性に優れた素材「シンパテックス」を使用しているので、靴内の蒸れを防ぎ、いつも快適な履き心地です。国内でもあまり流通していないので興味のある方は試し履きを!

【クリスマスマーケット2018】全国情報一覧

全国でもクリスマスマーケットを開催している街が幾つかあります。
それぞれ特徴がありイルミネーションも楽しめるクリスマスイベントになっています。
 

【札幌ミュンヘン・クリスマス市2018】日程と食べた方がいいおすすめ料理
【秋田クリスマスマーケットこさか2018】日程とアクセスと駐車場
【東京のクリスマスマーケット2018】一覧(おすすめ度評価つき)
【横浜赤レンガ倉庫2018クリスマスマーケット】日程とおすすめ料理&グッズ
【埼玉けやきひろばクリスマスマーケット2018】日程オススメ料理&小物
【ドイツ・クリスマスマーケット大阪2018】おすすめグルメと小物
【名古屋クリスマスマーケット2018】日程とイベント詳細情報
【福岡クリスマスマーケット2018】博多&天神見どころ紹介
【クリスマスマーケットin鹿児島2018】日程とイベント情報

  


グリューワインに合うおつまみは何?

ドイツのクリスマスマーケットは、毎年約150か所で開催されます。マーケットは20軒のものもあれば、300軒も並ぶ巨大なものもあり、世界最大のシュトゥットガルトのクリスマスマーケット、世界最古のドレスデンのクリスマスマーケット、世界一有名なニュルンベルクの3大クリスマスマーケットは、特に毎年たくさんの人で賑わいます。
どこに行っても必ずあるのがグリューワインです。
英語圏では「モルドワイン」、ドイツでは「グリューワイン」、北欧では「グレッグ」という名で親しまれている冬のワインカクテルで、おうちで手作り以外にも、ボトルに入ったものを購入するのもポピュラーです。
(日本でいう四季の飲み物の甘酒的な欲し方でしょうか?)

基本的に赤ワインを使って沢山のスパイスやシロップ、レーズンなどのドライフルーツや皮をむいたアーモンドなどのナッツがごろごろ入っている、飲みごたえも食べ応えもあるホットワイン(グレッグ)などもあります。
つまり、その家庭や地域の味もあるのです。

そんなグリューワインを楽しむときのおつまみとして
・オレンジ系フルーツ
・チーズ
・ドライフルーツ
・きのこのバターソテー
・スモークサーモンとクリームチーズ(カナッペなど)
・アップルパイ
・バニラアイス
・チョコレート

グリューワインに入っているフルーツと同じ風味のおつまみやチーズなどの乳製品はもちろん、アイス、チョコレートなど濃厚なスィーツとも相性が良いです。今年はクリスマスマーケットを大いに楽しんでください!


Sponsored Link


関連記事と広告


関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ