【殺し屋ですのよ/星新一】あらすじ・ネタバレ読書感想文の書き方・例文


こちらでは【星新一】の「殺し屋ですのよ」の
・「あらすじ・ネタバレ」
・読書感想文の書き方のコツ・ポイント
をご紹介いたします。

星新一というと、短編集をたくさん書く作家さんです。
読むのが簡単なので、読書する時間はないけど
自分の考えや意見がある人なら
読書感想文をピッタリの作品です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「殺し屋ですのよ」あらすじ・ネタバレ・こんな子にオススメ
「殺し屋ですのよ」読書感想文・書き方と例文 
うんちく・読書感想文の書き方の“こたえ”

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Sponsored Link

「殺し屋ですのよ」あらすじ・ネタバレ・こんな子にオススメ

「殺し屋ですのよ」あらすじ・ネタバレ
大きな会社の経営者であるエヌ氏は
ある週末の朝に別荘の近くの林の中を散歩していた。

するとエヌ氏に、虫も殺せそうにない若い女が声をかけて来た。
エヌ氏は誰かたずねると女は「殺し屋ですのよ」
「私に(商売がたき)G社の社長の暗殺をやってあげましょうか?」
と言う。

しかも
「暗殺は事故などではなく、病死によって行ないます。
 そのため警察に疑われることも一切ありません」
「報酬も、前金無しの成功報酬のみで構いません。
 3ヶ月・・余裕を見て6ヶ月以内には成果を上げてご覧に入れましょう」
N氏は、成功しても失敗しても自分に不利になることが一切ない
という理由から、女と契約した。

それから4ヶ月後。
本当にG産業の社長が心臓発作で亡くなったニュースが流れ
エヌ氏は業績が上がると喜び約束通り女にお金を渡した。

女は後をつけられないよう注意し自宅に戻り
着替えて仕事に行き、白衣に着替え看護婦姿になった。
そして、医者から死にそうな患者の余命を聞き
本人や家族に言わないよう念を押された。

もちろん、その患者にうらみを持っている人や
商売がたき以外には言わない。

  

【殺し屋ですのよ】
読みやすさ ★★★★★ 読書時間3分
感想文の書きやすさ ★★☆☆☆
こんな人にオススメ
・読書が苦手
・アイデアと企画の仕事に興味がある
・人間心理に興味がある

「殺し屋ですのよ」は星新一短編集の中の一話です。
簡単に読むことができます。
「殺し屋ですのよ」の口調が今どき使われない
お上品で古風なモノだが、それと“殺し屋”という
残忍な相反する職業を名乗るので、タイトルからして
興味をひかれる作品です。
種明かしとして詐欺だったというのが
えげつない大人の世界の印象がありますが仕事には
こういう発想力が必要なんだな、と考えさせられます。

Sponsored Link

『殺し屋ですのよ』読書感想文・書き方と例文

読書感想文・文字数
・小学校低学年の部(1、2年生)本文 800字以内
・小学校中学年の部(3、4年生)本文1,200字以内
・小学校高学年の部(5、6年生)本文1,200字以内
・中学校の部 本文2,000字以内
・高等学校の部 本文2,000字以内

原稿用紙は1枚400文字です。
小学校3年生~6年生は3枚
中学生・高校生なら5枚になります。

感想文を起・承・転・結の4段落で書くとして
各段落を何文字ずつ書くか?割り振りしてみると
書きやすくなります。

 読書感想文の書き方

    ・この本を選んだきっかけ
     ↓
    ・簡単なあらすじ
     ↓
    ・感想、疑問点など
    (特に面白かったところ、感情が動いたところ)
     ↓
    ・自分の意見、似たような経験談
     ↓
    ・本を読んでの意見
    (本を読んで学んだこと、自分の意見、今後の生活に生かしていく。など)

あらすじは簡単でもいいですが
・自分がどう感じたか?
・本を読んで何を感じ、今後にどう生かすか?
・自分の意見
は重要です。
また「似たような経験」の自己開示がある感想文は
なぜか評価が高いです。

—–感想文書き方ヒント—————————————
【感想、疑問点など】
・看護師のちゃっかりした発想力にビックリ
・情報戦略的なビジネス
・個人情報保護とは悪用する人がいるからとわかる作品

【自分の意見、似たような経験談】
・殺人犯や殺し屋という非現実的だからこそ、逆に信じてしまうのかも?
・自分もいなくなって欲しい人を殺すと言われたらどうするだろう?

【本を読んでの意見】
・仕事のアイデアは一つ見て十考える人が生み出す
・モノの値段の価値観って、
・誰も不幸にならない見事な結末
 

「殺し屋ですのよ」読書感想文・例文1333文字

~冒頭(この物語を選んだ理由)~
荒唐無稽という熟語は「根拠がなく現実性がないこと。でたらめ。」の
意味ですが、時々あまりにもありえないような事を言って
お金を巻き上げる詐欺師が捕まったなどのニュースを
聞くことがあります。
「なんでそんなのに騙されるの?」と被害者の人の
迂闊さにびっくりしたりするものですが
もし自分の目の前に「殺し屋ですのよ」なんて
現実にいるのかわからない人が現れたら
絶対騙されない!と言い切れるモノなのでしょうか?

~あらすじ紹介~
この物語はある休日、エヌ氏の目の前に
「殺し屋ですのよ」と名乗る女性があらわれて
自然死のようにライバルを殺す事ができるので
依頼しないか?と言ってきました。
リスクも少なく、成功報酬で良いと言うし
うまくいけばエヌ氏も事業が上手くいくようになる。
半信半疑だったが本当に見事な手腕で4か月後
ライバルを自然死で殺してくれ、よろこんで
報酬を支払います。
殺し屋はその足で職場の病院に行き看護婦の
制服に着替え、医者に患者の余命期間を聞き
その患者を恨んでいる人か商売がたきをしらべるのです。

~感想~
おちを知ると、殺し屋の正体は看護師で詐欺師だった。
という事になります。
エヌ氏はまんまと騙されたわけですが彼の中では
達成感と殺しを依頼したという一生の秘密を
抱えた(つもり)でいるので、この件を
誰にも口外する事がないでしょう。
看護師は誰も損しない「戦略的なビジネス」を
したという事になり、詐欺師ながら
アイデア商法だなと感心しました。

~疑問~
彼女はこの仕事をどうして思いついたのでしょう?
「なにかおもしろい話ない?」とか「なにかいいアイデアない?」
などを急に振られると人はなかなか困るものです。
お笑い芸人とかは「ネタ帳」をつけると聞きますが
常日頃のおもしろい話をノートに書いておいて
ネタとして使えるかどうか?ためておくと言います。
おそらくアイデアというのは、何もないところから
下りてくるわけではなく、仕事の事を四六時中
考えるうちに別々の案件を結びつけることで
新しい発想が生まれるのではないかな?と思います。
でもそれができる人というのは、仕事を真剣に考える人で
あって、この看護師は多くの患者さんの人と成りを
観察しているうちに「この人、性格悪いな」
「この人、大企業の社長だから亡くなったらイロイロあるな」
など一人の人から社会が見えて殺し屋をはじめたような
気がしました。

~本を読んでの意見~
ふつうの人は憎い相手がいても殺したりしません。
現実に殺して捕まる方が何倍も損ですし、倫理観もあります。
「絶対わからない、捕まらない方法で確実に殺します」と
言われ、お金があって殺してくれる方がメリットがあれば
自分はどうするだろうか?
この看護師は人の心理や弱さというもの知っていて
そこに付け入る人心掌握術ができたということかもしれません。
オレオレ詐欺のように高齢者の不安につけ込んだり
投資や儲け話の詐欺のように、お金に目のくらんだ人を騙したり
あぶない新興宗教なども、人の不安な心を利用するモノです。
そう考えると世の中には「人の心」を利用する商売が
たくさんある事に気が付きました。
もちろん殺し屋の誘いには乗りません。
「騙すより騙される方がいい」というのも違う気がします。
人は生きていくうえで、自分の心を律することが
いかに大切かハッキリ気がついた思いがしました。

  
 星新一は何話かまとめた感想文でもOK!

「殺し屋ですのよ」だけでも感想文は書けますが
どうしても1話だけじゃ感想文が書けない場合は
星新一の本1冊の中から
「○○と○○が印象的でした、なぜなら」とか
「○○と○○の話に共通点または真逆だと感じたました」
などで感想文を書くのも面白いでしょう。

  


読書感想文の書き方は経験者から学ぶ!

読書感想文の書き方にも“正解”があります。

入賞作は審査員が気に入る読書感想文は
まじめで真剣に本のテーマを考えている
「とても正しい優等生な意見」が書かれています。

それを「読書したうえでの学習効果が感じられるか?」
と先生方は判断するからです。

自分なりの意見があっても反抗的だったり
「いいと思います」「すごいと思います」などの
単純な感想ではいい点数をつけてくれません。

何をいいと思うのか?
前年の課題図書の読書感想文全国コンクールの
入賞作品を参考にすると書き方のコツが身につきます。


Sponsored Link


関連記事と広告


関連記事


サブコンテンツ