【ひな祭りイベント2022】神奈川県・ひな人形展示のある会場一覧 

ひな祭りイベント

こちらでは神奈川県で見れる「ひな祭りイベント」をご紹介いたします。神奈川県のひな祭りイベントでは、貴重なひな人形の展示やご家庭から集まった大量のひな人形展示イベント、流し雛の祭礼なども開催されます。

こちらでは
————————————————————
【ひな祭り2022横浜市】横浜人形の家「ひな人形展」
【ひな祭り2022北鎌倉】北鎌倉古民家ミュージアム「おひなさま展」
【ひな祭り2022開成町】瀬戸屋敷ひなまつり
【ひな祭り2022芦名】 淡島神社祭礼「流し雛」
【ひな祭り2022小田原市】小田原雛の道中~「清閑亭の雛祭り」
【ひな祭り2022南足柄市】「雛の館 森のひなまつり」
【ひな祭り2022大井町】郷土資料館「お山のひな祭り」

————————————————————

Sponsored Link

【ひな祭り2022横浜市】横浜人形の家「ひな人形展」


横浜人形の家「ひな人形展」
会 期 2022年2月5日(土)~3月13日(日)9:30~17:00 ※最終入館受付16:30
今回のひな人形展では、当館が収蔵する立雛や古今雛などの貴重なひな人形をはじめ、モンチッチやメルちゃんといったキャラクターのひな人形を展示いたします。
会 場 横浜人形の家3階 企画展示室
観覧料 大人(高校生以上)600円/小中学生300円 ※入館料(大人400円/小中学生200円)含む、未就学児は入館および観覧料無料
休館日 毎週月曜日
関連イベントのご案内
ひな祭り関連イベント
■【事前申込】ちりめん細工のフクロウをつくろう
つるしびなで使用するちりめんを使って、6㎝ほどの可愛らしいフクロウをつくります。※針を使用します
日 時 2022年2月11日(金祝)  ①10:30~ ②13:30~
参加費 2,000円 ※別途入館料が必要 ※申込制
定 員 各回10名(中学生以上)
講 師 宮城朝美(つるしびな教室 ―遊布―主宰)
■【事前申込】ミニチュアひな人形づくり
ミニチュア作家をお招きして、和紙でミニチュアのひな人形をつくります。
日 時 2022年3月6日(日)  ①10:30~ ②13:30~
参加費 1,300円 ※別途入館料が必要 ※申込制
定 員 各回10名 (中学生以上)
講 師 竹中久榮(日本ドールハウス協会)

【ひな祭り2022北鎌倉】北鎌倉古民家ミュージアム「おひなさま展」


北鎌倉古民家ミュージアム
2021年12月23日(木)~2022年5月8日(日)10:00~16:00
江戸時代のお雛様を中心に明治・大正・昭和までの各時代のお雛様を展示しております。 鎌倉市内で発掘された日本最古のお雛様(レプリカ)や座り雛の初源の形である「寛永雛」、大形で見ごたえのある江戸時代を代表する「享保雛」、公家や大名家に好まれた「次郎左衛門雛」「有職雛」、今日のお雛様の形式を確立した「古今雛」などを中心に時代による変遷や関東・関西による違いなど興味深い展示となっております。

入館料:大人500円、中高生300円、小学生200円 幼児は無料
会 場:北鎌倉古民家ミュージアム 神奈川県鎌倉市山ノ内 392−1 北鎌倉駅より徒歩2分

【ひな祭り2022開成町】 瀬戸屋敷ひなまつり


開成町 瀬戸屋敷ひなまつり
2022年2月19日〜2022年3月3日 10:00〜17:00 冬 最終入園は16時30分
開成町の重要文化財・300年の歴史ある名主屋敷で江戸時代の古民家「瀬戸屋敷」約1800坪の屋敷内の茅葺の母屋に瀬戸家収蔵の雛人形や享保雛、婦人会手作りの色とりどりのつるし雛(7,000個以上)が飾られます。
会 場:あしがり郷「瀬戸屋敷」
神奈川県足柄上郡開成町金井島1336
入園料:500円(中学生以下無料)

  

【ひな祭り2022芦名】 淡島神社・礼雛祭(雛流し)


芦名淡島神社祭礼「流し雛」
3月3日正午より
毎月3日・13日・23日は淡島さまの御縁日。
それに合わせて毎年3月3日は「流し雛」が行われます。持ち込まれた人形の供養の一環で神職・巫女(みこ)が船に乗り込み、流し雛(びな)を行います。毎年恒例の行事なのにHPすらありませんので問い合わせ自体も難しいのが現状です。
ですがひな祭りの日は市内や遠方からたくさんの人がきます。流し雛の前に社殿で祭礼があり、船に乗ったお雛様たちが階段を降りてきます。これもまた見ものです。実際には人形ではなく「水に溶ける身代わりのお札」を海に投げ入れて雛様たちはそれを見守るように引かれた小舟に乗って湾内を回ります。人形供養などご希望の方は直接お問い合わせください。
淡島神社
神奈川県横須賀市芦名1-18-19
アクセス:京浜急行新逗子駅から長井方面行きバス「市民病院行」「長井行」他(約25分)「芦名」バス停下車、徒歩約15分
駐車場:無し
  

Sponsored Link

【ひな祭り2022小田原市】小田原雛の道中~「清閑亭の雛祭り」


おだわら雛の道中
2022年2月23日祝日~3月6日(日)
小田原雛の道中~「清閑亭の雛祭り」地元の愛好家・秋山基子さんが集めたお雛さまを中心に、多彩な雛人形が並びます。
毎年、小田原市内の数か所でひな人形展示のイベントが開催されます。会期中は市内の31の店舗や施設でお雛さまをご覧いただけます。会期中「ナックガーデンプレイス」「清閑亭」「板橋 内野邸」「大長院・集会舎」「ゲストハウス侍御宿」では各種イベントを開催いたします。
会場:清閑亭  神奈川県小田原市南町1-5-73   


【清閑亭(旧・黒田長成別邸)とは……】
清閑亭は黒田長成侯爵(軍師・黒田官兵衛の直径の子孫。14代目の福岡藩主家当主)の別邸として1906年に建てられ、平成17年に建物が国登録有形文化財に、平成18年に敷地が国の史跡に指定され、平成20年より小田原市の所有となりました。また令和4年(2022年)3月31日(木)をもちまして現在の一般公開を終了し、同年4月1日(金)より休館となります。雛祭り展示も今年で最期となります。
■その他のイベント
・正絹ちりめん布で作るお雛さま
日時:2月25日金曜日10時00分~15時00分
定員:8人・申込先着順
費用:4,500円(材料費込み) 
持ち物:裁縫道具、筆記用具、昼食
講師:飯田和世さん(NHK文化センター青山講師)
・沖縄三線と篠笛コンサート
梅の香かおる清閑亭から、お雛様の彩りと北原白秋の童謡などを三線の音色にのせてお届けします。
日時:3月5日土曜日14時00分~15時30分
定員:25人・申込先着順
費用:2,000円(茶菓子付き)
出演:吉田和恵さん(三線)(南ぬ花三線クラブ主宰)大川琢也さん(篠笛)

申込み:清閑亭
【電話】0465-22-2834
場所:清閑亭(南町1-5-73)
10時00分~16時00分開館 ※火曜休館
               
                                                                   
                                                                   
                              

【ひな祭り2022南足柄市】「雛の館 森のひなまつり」


「雛の館 森のひなまつり」
2022年 未定 
会場:南足柄市郷土資料館~神奈川県南足柄市広町1544
開館時間:午前9時~午後4時30分まで
入館料:大人300円 中学生以下は無料2月17日(土)~3月31日(土) 午前9時~午後4時30分
無料シャトルバス:共同開催をする開成町「瀬戸屋敷」を結ぶ無料シャトルバスを運行します。

郷土資料館収蔵の雛人形80組を館内全体に展示。さらに桃飾りの廊下、小物類、そして竹の細工を配置し、ひなまつりの空間を賑やかに演出します。 また、和紙雛人形や、あらたに豆雛、変わり雛なども展示します。50組の段飾りを中心に展示されています。会場では甘酒のサービスもあり、見物に訪れる人に大変好評です。
  

【ひな祭り2022大井町】郷土資料館「お山のひな祭り」


「お山のひな祭り」
2022年 未定 
会場:大井町郷土資料館 
神奈川県足柄上郡大井町柳248大井町郷土資料館・お山のギャラリー
  
町内の家庭に眠っていたおひなさまを譲ってもらい、のどかな里山の雰囲気が薫る会場内に展示します。
大小さまざまなおひなさまが皆さんをお迎えしますが、中にはひょうたんで作った少し変わったおひなさまもあります。ぜひ探してみてください。

    
愛知県から始まったお雛さまを現代風にコスプレ化させた「福よせ雛プロジェクト」ひな人形の7段飾りは近年ではなかなか一般家庭では所有しにくいものですが「元祖ミニチュア」「ドールハウスの始祖」という観点からお雛様を現代風刺して第二の人生を楽しむイベントが全国にひろまりつつあります。    

関連記事と広告


関連記事


サブコンテンツ