【告白・湊かなえ/あらすじ・ネタバレ】読書感想文の書き方


こちらでは
「告白」著:湊かなえの「あらすじ・ネタバレ」と読書感想文の書き方のコツ・ポイントをご紹介いたします。
犯人が中学生で復讐するのが中学教師という、かなりセンセーショナルな内容で映画化もされました。何年たっても色あせない問題作ですので読書感想文も読みごたえ・書きごたえがあります。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
【告白・湊かなえ】こんな人にオススメ
【告白・湊かなえ】あらすじ・登場人物・ネタバレ
【告白・湊かなえ】読書感想文の例文と書き方のポイント

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Sponsored Link

【告白・湊かなえ】こんな人にオススメ

【出版社内容情報】
「愛美は死にました。しかし事故ではありません。このクラスの生徒に殺されたのです」我が子を校内で亡くした中学校の女性教師によるホームルームでの告白から、この物語は始まる。語り手が「級友」「犯人」「犯人の家族」と次々と変わり、次第に事件の全体像が浮き彫りにされていく。衝撃的なラストを巡り物議を醸した、デビュー作にして、第6回本屋大賞受賞のベストセラーが遂に文庫化!“特別収録”中島哲也監督インタビュー『「告白」映画化によせて』。

読みやすさ ★★★☆☆
感想文の書きやすさ ★★★☆☆

こんな子におすすめ
・中学生から思春期の人
・親子、家族関係に悩みのある人
・人間の心理描写に興味がある
・イヤミス(ミステリー小説の一種で、読んだ後に「嫌な気分」になる小説)に興味がある  など

【告白・湊かなえ】への総評
おもしろい!でも難しい…何度も読んだら得するイヤミス作品!
読後感は「誰にも救いがない無常観」や「重苦しい悲痛感」が残る実に嫌な作品で、作者・湊かなえ氏の「どんな描写が一番嫌な気分になるだろう」をモットーにして書かれたデビュー作にして最高の作品です。作品のパワーが強いので映画化もされた当時はかなりセンセーショナルな作品だとブームになりました。

登場人物それぞれの告白=犯行にいたるまでの心理経緯が各章でつづられています。
難しいというのは「どうしてそういう思考、反応、行動になるのか?」とそれぞれの身勝手さにうっかりすると「わかるかも」と”同調してしまいそうになる。”もしくは”全く受け付けなくなる”など読者の冷静な理解の範囲を超えてしまうかもしれない危うさがあることです。

ですが折を見て、繰り返し読む事で「犯罪心理に至る動機ってこういうところからか…」と冷静に登場人物たちを読み解くことができるようになれば、人間観察力が上がるような気がします。この作品で「なるほど」と思えるようになれば「思想の幅や人間観察力が上がった」と得した気持になれる作品です。

Sponsored Link

【告白・湊かなえ】あらすじ・登場人物・ネタバレ


※コミカライズ版もあります

【登場人物】
森口 悠子(もりぐち ゆうこ)~第一章『聖職者』第六章『伝道者』の語り部。
S中学校、1年B組の担任・理科教師。恋人・桜宮正義(世直しやんちゃ先生)との間に子供ができたが桜宮がHIVに感染していることが発覚し、未婚のまま一人娘の愛美を産み育てるシングルマザー。
週に1度、愛美を保健室で待たせる日にいなくなりプールで溺れて浮かんでいる娘を発見。これが生徒による殺人であることを知り、綿密に計算した復讐をはたしていく。
森口 愛美(もりぐち まなみ)
悠子の4歳の娘。水曜日だけは学校の保健室で預かってもらっていた。「少年A」こと渡辺修哉の身自己中心的な計画の犠牲者に選ばれ「少年B」下村直樹にプールに投げ落とされ殺される。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
渡辺 修哉(わたなべ しゅうや)~第五章『信奉者』の語り部。
愛美殺害の事件の首謀者森。森口いわく「少年A」。成績優秀でクラスメート達に一目置かれているが、周囲を見下す傲慢で自己愛と自己顕示欲が強い歪んだ性格。幼い頃から母親に電子工学などをしこまれた。母親からの虐待で両親が離婚したがそれも正当化し「世間に注目されたら母親に会える」との歪んだ執着から全てを計画する。
 
下村 直樹(しもむら なおき)~第四章『求道者』の語り部。
森口に告白された渡辺の共犯者「少年B」。
一見、恵まれた家庭に育ったが体裁を気にする母親に優秀であることを求められるが、そうなれない劣等感から卑屈になりつつ、マザコンから抜けられない。
修哉は見下しつつ、その卑屈さを利用され事件の共犯者(目撃者)に選ばれる。が犯行後「人間の失敗作だよ」と罵られたことで、修哉が失敗した殺人を自分が成功させたと愛美殺害の実行犯になる。

下村直樹の母~第三章『慈愛者』の実質上の語り部。
三人の子供を持つ専業主婦。
早くに亡くした両親を「完璧な親」と尊敬し、弟を自ら優秀に育てた自負から溺愛する息子にも優秀であることを無意識に強いる。中学でもモンスターペアレントとして知られ、息子が不登校になったのは森口による告白が原因であると学校に訴え出るだけでなく、事件の発生原因自体を森口の責任と持論を展開する。直樹が立ち直ることを信じて行動してきたが、愛美殺害を告白されると直樹と無理心中をしようとし、激怒した直樹に包丁を奪われて殺害される。

北原 美月(きたはら みづき)~第二章『殉教者』の語り部。
クラス委員長。成績優秀の優等生だが、クラスからは少し孤立し友達はいない。あだ名はミヅホ(「美月(みづき)のアホ」の略)。下村は幼馴染で初恋の相手。下村が不登校になった後、ウェルテルと共に下村の家へノートなどを届ける役目を担うことになる。
少年Aへのクラスメイトの制裁に参加しなかった事からイジメを受け、修哉との距離が縮まり付き合う事になる。
だがルナシー事件に陶酔し、同じ薬品を所持していた事や修哉を「マザコン」と罵ったことで逆鱗に触れ扼殺されてしまう。

————————————————————
寺田 良輝(てらだ よしき)
2年B組の担任になった新米熱血数学教師。自身のあだ名「ウェルテル」と呼ばせたがる。
自身の中学担任だった桜宮正義に心酔し、桜宮を真似する教育方針を取るが思い通りにならない時には不機嫌になる。ただ一人、事件の真実を知らないまま、桜宮の葬儀で会った森口から愚かな性格を利用され、指導方法の提案として下村を貶める行動を取らされ、クラスの情報を伝えていた。
後に美月に「直くんを追い詰めたのは、良輝先生です」と糾弾される。

渡辺 修哉の母・八坂(やさか)
K大学の准教授で修哉の実母。
大学院在学中のスランプの時期に、修哉の父と出会い妊娠・結婚。
だが研究への未練から幼い息子に電子工学を教えつつ、内緒で出した論文が高評価を得て、大学へ戻るよう勧められるも、修哉の存在により申し出を断る。だが思いが断ち切れず「あんたさえいなければ」と修哉に暴力を振るうため離婚し姓を八坂に戻す。DVの経歴から修哉との面会は許可されていないが、瀬口教授と結婚し、子供を授かっていることを知った修哉が絶望させる決定的な事態となり最後の事件を引き起こすきっかけとなる。その目論みも森口の復讐の材料として利用される。

桜宮 正義(さくらのみや まさよし)
「世直しやんちゃ先生」としてメディアで取り上げられる有名な中学教師。
同時に森口のフィアンセだったが、海外での放浪生活で改心し英語教師になった。だがその当時乱れた生活が原因でHIVに感染し子供のために結婚を断念。森口の企みを察し血液入りの牛乳を差し替え「犯人は二人とも必ず更生することが出来る」と言い残し病により死亡した。森口は父親であることよりも教育者としての彼の意見に完全には納得することが出来ず、復讐は実行した。

【告白・湊かなえ】あらすじ・ネタバレ

第一章「聖職者」~森口 悠子の告白
市立S中学校、1年B組。3学期の終業式の日、担任・森口悠子は生徒たちに、間もなく自分が教師を辞めることを告げる。原因は“あのこと”かと生徒から質問が飛ぶ。数カ月前、学校のプールで彼女の一人娘が死んだのだ。
森口は「娘は事故死と判断されたが本当はこのクラスの生徒2人に殺されたのだ」と犯人である生徒2名を匿名で「少年A」と「少年B」と呼び、彼らを告発するが、警察に言うつもりはなく、彼らの飲んだ牛乳にHIV感染者の血液を入れたと宣告して去っていく。

第二章「殉教者」~北原 美月の森口への手紙
あの終業式直後、クラス全員に「B組内での告白を外にもらしたヤツは少年Cとみなす」という謎のメールが送られ、2年生に進級し異様な空気のまま新しい担任「ウェルテル」こと寺田良輝の空気の読めない行いで美月は毎週、「少年B」直樹宅への家庭訪問に付き合わされ、「少年A」修哉への制裁に参加しなかったという理由から自らもイジメの対象にされてしまう。それがきっかけで2人は付き合うようになり、修哉も反撃したのでイジメは終息した。
だがウェルテルが不登校になった直樹を訪問した最後の日、母親を殺す事件が起きた。美月は学校に下村を追い詰めたのはウェルテルだと告発した。なぜなら直樹は美月の初恋の相手だったから。

第三章「慈愛者」~下村の姉・聖美→母の日記
弟が母親を殺してしまった、その事件の背景を知ろうと直樹の姉・聖美が母親の日記を読み始める。そこには、弟が母親を刺殺するまでの出来事が、息子を溺愛する一方的な母の思いと歪んだ価値観がつづられていた。愛美殺害の告白をし、警察への出頭を願う直樹の願いも虚しく、正しく生きる事こそ幸せと信じる母は直樹と無理心中しようとし、逆に殺されてしまう。
弟は壊れてしまい、父は半分くらいうつ病になるだろう。姉は流産しかかった。家族全員のために正当防衛にならないか?心療内科にかかっていたと無罪にならないか?黙っている弟の本心を確認したい。

第四章「求道者」~下村 直樹の幻覚
中学に入ってから常にコンプレックスにさいなまれている直也は修哉からある犯罪に誘われる。結果、見下され利用されただけであり、一番言われたくない「失敗作」いう言葉で侮蔑された事に激情。だが愛美が生きていた事で「修哉は失敗し、自分がそれを成功させる」ために愛美をプールに落とし殺害し、さらに修哉の企みも告発しないことで修哉への復讐を完成させた。
1か月後、森口からは事件を告発しないと言われたが、終業式の日にHIVの血液入り牛乳を飲まされた事で死におびえながら引きこもりになる。週一で訪ねてくるウェルテルと美月、そして母親との攻防に疲れ切り真実を告白したが「(子育てに)失敗してごめん」と無理心中しようとする母親を逆に殺してしまう。
僕は白い壁にそのバカな少年の幻覚を繰り返し見るが、なぜかその気持がよくわかり、僕の姉だという人が「直くんは何もしていないんだからね」と言われバカな少年と同じ名前で呼ばれるのが気に入らなかった。

第五章「信奉者」~渡辺 修哉の母親への遺書
二学期の始業式に自分が書いた作文で表彰されるタイミングで起動させてやろう体育館ステージ中央の演題の中に爆弾を設置した。
すべては母親に自分の存在を知らせるため。
修哉は価値観の基準は母親だと言い、彼女以上に優れた人間に会った事がなく父親も含め他の人間は生きている価値があると思えない。
電子工学専攻の母はそのスランプ時期に父と出会い、修哉を身ごもり田舎の主婦になった。夢を諦めたもののそれをいつも聞かされて育ち、修哉も努力した。
夢をあきらめきれない母が密かに書いた論文がきっかけ大学から復職の誘いをうけたものの、子育てのため諦めざるを得ない状況にフラストレーションで修哉を虐待するようになる。それが理由で離婚となるが「秀ちゃんに何か起これば駆けつける」との言葉だけを頼りに修哉は生きてきた。
父の再婚相手・美由紀とはうまくいってたのは最初だけで妊娠をきっかけに家族として居場所を奪われた。
修哉は成果を上げれば母親が見つけてくれると考え、自分のサイトに究結果を上げてに母からの反応はなく、次にコンクール応募した「びっくり財布」で特別賞を受賞し審査員の一人は母と同じ大学の所属で話が母親に伝わると期待したが運悪く『ルナシー事件』により、世間の注目を集めるには罪を犯すしかないという発想に至る。
愛美殺害は直樹により計画が失敗し、真相に気が付いた森口も警察に話すつもりはないという。一度はHIV感染で母親が会い来るのではと喜んだが陰性の結果にまた落胆する。学校で嫌がらせに美月とキスさせられたが、彼女はHIVにかかっていないと薬で調べ、それを吹聴しない事を尊敬し付き合うようになるものの彼女は『ルナシー』にかぶれるとんでもない馬鹿だった。修哉と直樹を同列に扱い口論となり「マザコン」と言った事で修哉に絞殺される。
すべてに決着をつけるため母親に会いにK大学に行くと、あの審査員が母と再婚し妊娠していた。しかもその後も母親からの連絡は来ない。
母親に抱いていた幻想が打ち砕かれ、修哉はすべての経緯を遺書として自分のサイトに載せ、美月の持っていた薬で爆弾を作り「さらば!」とスイッチを押した。しかし、爆弾は起動せず、携帯電話には非通知で着信が入る。

第六章「伝道者」~森口 悠子の告白
電話は森口悠子からでした。
森口はこれまでの修哉と直樹に対する復讐の流れを話します。
2人を一番残酷な環境に置くべく、クラスで告白した事。
血液に関しては桜宮が阻止し2人は事なきを得た事。だが桜宮の教え子である寺田と知り合いであり、彼に「桜宮であればこうする」とのアドバイスと称して直樹を追い詰めさせることに成功したこと。
修哉へのイジメを助長させるつもりが美月が巻き込まれ修哉が殺した事。
直樹が母親を殺したことも元は修哉の計画のせいであり、復讐する手がかりを知るために常にそのサイトを閲覧し、修哉の弱点がママであると知った事。
すでに美月のことは通報済みで、修哉のもとにもうすぐ警察がやってくること。
そしてママに会いに行き修哉がしたこれまでの事件を全て伝えて、修哉の作った爆弾を解除し別の場所に設置したので、スイッチを押さないことを願ったけど爆弾はちゃんと爆発し、大学が半壊するほど効果があったこと。
後ろではたくさんのパトカーや消防車のサイレンが響き渡ったなか最後に森口は「ねえ、渡辺くん。これが本当の復讐であり、あなたの更生の第一歩だとは思いませんか?」

【告白・湊かなえ】読書感想文の例文と書き方のポイント

読書感想文・書き方のポイント

下記の読書感想文・例文は「読書感想文の書き方のポイント」に合わせて書いています。

本と出会ったきっかけ
本の簡潔な説明
なぜ面白かったのか
心に残ったところ
本を読んでわかった事学んだこと変わったとこ

この本を読んで、自分が感じた事や、似たような経験談、自分の意見も入れると良いでしょう。

【告白・湊かなえ】読書感想文・例文ポイント

【本と出会ったきっかけ】
・映画が強烈で原作では登場人物がどのように描かれているか興味があったから
・一番信頼しているのが本屋さん大賞を受賞した本である。まず受賞作には外れがないのである。

【なぜ面白かったのか】
・登場人物それぞれが実は自己満足を追求してたところ
>牛乳パックをこっそりとりかえた、やんちゃ先生、
>生徒のためにとおもって行動で逆に追い詰めていく寺田先生
>息子のためにと思って行動しているつもりが、追い詰めていた直樹の母親
>HIVを家族にうつさないようにと必死になり精神的に追い詰められ、母親を殺すにいたる直樹
・女性特有のだらだらとしゃべる感じをそのまま文章にした、今まで読んだことのない文体にまず面食らうというか驚いた。最初は読みにくい文だと思っていたが、なぜか読んでいてくせになる文体なのだ。
・内容が衝撃的過ぎるし、小説の書き方も独特でそれぞれの語り部の見たこの事件の世界観の違い

【心に残ったところ】
・小説では森口先生よりも、少女の死に関わった生徒やその家族の姿がとても印象に残りました。
・人は愛する人を奪われるとこれほど残酷になれるのか
・直樹のようなどこにでもいるタイプの子でも加害者になりうる描写は、違った意味でとても怖い。
・嫉妬、欲望、復讐、自暴自棄、被害妄想…いろいろなものが噛み合わさって、こういうのを人間臭さというのかと思いました。

【本を読んでわかった事学んだこと変わったとこ】
・本の中の登場人物のように、独りよがりな行動をせず自分の行動を振り返り確認する機会を持つことは大事だと感じました。
・先生という職業は、聖職者ではなく普通の人間なんだと改めて気が付いた。
・彼女の心には復讐を終えたからといって、娘がいたころの心を取り戻せることはないですし、それ以上に何かを失ってしまっているのではないかと思います。
・違う方法などあったのではないかと思わざるを得ません。
・自分たちの心の中にあるエゴだったりが、登場人物それぞれにあり、共感もできたりイライラ感もしたり、と自己投影や自省もしやすいと思います。

映画化されたでミリオンセラー作品ですので、いろんな感想がありますが「この作品から何を学んだか」しっかりゴールを設定する事が読書感想文を書くポイントです。


Sponsored Link


関連記事と広告


関連記事


サブコンテンツ