NHK朝ドラ「おちょやん」のモデル浪花千栄子さんの壮絶な生涯とは?


今回は2020年12月にスタートした、NHK朝ドラの主人公「浪花千栄子さん」の壮絶な人生をオリジナルのイラストをまじえてご紹介いたします・・・
 
こちらのサイトは「名作.com」ですが、今回のように「注目のドラマ」や「新作映画」など話題作の情報も随時ご紹介いたします。
 

NHK朝ドラと言えば
近年は視聴率だいたい20%前後をとる
NHKの看板番組です。
 
ドラマの題材は
「実在の人物の伝記モノ」「まったくのノンフィクション」

どちらかを交互に作品化しています
 
2020年後期の「おちょやん」は
「『大阪のお母さん』として親しまれてきた
浪花千栄子さんの人生をモデルにしています」

 
と記されている俳優・浪花千栄子(なにわ・ちえこ)さんの
伝記物語かな?と一見思うのですが
 
昨今のコンプライアンス事情では
NHKではとても放送できないような
えげつない苦労を味わったので
だいぶソフトにドラマ化されているのが
今回の「おちょやん」なのです。

 
実際の浪花さんの人生とはどのようなものだったのでしょう?

浪花千栄子さんの生涯


(NHKドラマ・ガイド)

 
1907年(明治40年)11月19日 
・本名・南口キクノ(なんこうきくの)誕生
・大阪府南河内郡大伴村大字板持(現・富田林市東板持町)に
 養鶏業を営む家に生まれる。
 母は早世し父子家庭の貧乏で小学教育を受けられず文盲。
1915年(大正4年)8歳
・道頓堀の仕出し弁当屋に女中奉公に出される。
1925年(大正14年)18歳
・知人紹介で村田栄子一座に入り。舞台に立つようになる。
・不入りが続き、東亜キネマ等持院撮影所に移る。
・芸名、香住千栄子で活動
1926年(大正15年)19歳
・山上伊太郎作『帰って来た英雄』の準主役に大抜擢
・市川右太衛門、市川百々之助に招かれて帝国キネマ入り。
・芸名を浪花千恵子に変える。
・映画出演を続けたが、給与未払いで映画界から足を洗う。
1929年(昭和4年)22歳
・松竹傘下の「新潮劇」に参加。
1930年(昭和5年)23歳
・2代目渋谷天外、曾我廼家十吾らが旗揚げしていた松竹家庭劇に加わる。
・同年、2代目天外と結婚
1948年(昭和23年)41歳
・松竹家庭劇、および天外旗揚げの松竹新喜劇の看板女優として活躍
・天外が新人女優九重京子と浮気。婚外子が生れたので離婚
1951年(昭和26年)44歳
・松竹新喜劇を退団
・芸能界から身を引き、行方不明同様になる。
1952年(昭和27年)45歳
・NHK大阪放送局のプロデューサー・富久進次郎が捜索し
 NHKラジオの『アチャコ青春手帖』に母親役で出演。
 そこから人気再燃し、主に大映、東宝の映画に多数出演
1953年(昭和28年)46歳 
・祇園囃子(大映)で第4回ブルーリボン助演女優賞受賞
・以降、映画は1970年まで、テレビドラマは1973年まで
 多数出演
1973年(昭和48年)12月22日 66歳没
・消化管出血のため死去。没後、勲四等瑞宝章受章。
 

ウィキペディア上ではサラッと女中奉公に出され
離婚の痛手も忘れ女優復帰したように書かれていますが
実はドラマ化できないようなえげつない苦労をしたようです

浪花千栄子さんのきっつい生涯


 
・9歳、父の再婚相手の継母のイジメに弟と逃げ出し
 養豚場の豚のエサを食べる
・小学校には2か月しか通えず、文盲に育つ
・女中奉公は当時、通常12歳で出されるところ厄介ばらいしたいがため8歳で行く
・「おちょやん」の実情は当時の最下層の児童労働者で
 存在価値が低いので休憩は便所で仮眠。
・「おちょやん」時代、何度も自殺未遂し便所で首吊りをしようとした時
 猫がまとわりついてきて断念。 それ以来猫派になる。
・女中のその後、京都のカフェーで女給(ホステス)になり
 18歳のときに紹介された村田栄子一座に弟子入り
・結婚し第二次世界大戦後、松竹新喜劇の看板女優で活躍したが
 かわいがっていた後輩女優に旦那を寝取られる。
・NHKというより花菱アチャコが浪花との共演を熱望し
 関係者が血眼になって千栄子を探し回った。 
・女優で成功し養女をもらい京都で旅館経営、レストラン
 茶屋、蕎麦屋と実業家としても活躍した。
 
 
浪花千栄子さんの苦労話の自伝『水のように』
原作として使えなかったので、一見明るい「おちょやん」が
ドラマとして楽しめそうです。

子供時代から結婚生活にいたるまで
40代まで苦労に苦労を重ねた浪花千栄子さんですが
そのマイナス分を女優としてとりもどし大成功の人生でした。


「おちょやん」とは?
番組タイトルの「おちょやん」は、“おちょぼさん”がなまった大阪ことばで
茶屋や料亭などで働く、小さい女中さんを意味するという。

そういえば、オープニングのイラストも猫が「おちょやん」に
ふんしたイメージキャラクターでした。
担当の方も浪速千栄子さんの伝記を読んで描かずにいられなかったのでしょうか?

「おちょやん」は放送回数は未定ですが来春までの予定です。


Sponsored Link

関連記事と広告


関連記事


サブコンテンツ