「健康・症状・対処法」の記事一覧

【顔をさわる癖】理由と心理・顔をさわるクセをやめる方法

2020年は新型コロナウィルス肺炎で 世界中が混乱の幕開けです。 感染の可能性を上げているのが 目・鼻・口もとなどを 「自分の手で触ってしまう事」 にもあると言われています。 人は無意識に自分の顔をひんぱんに触っています。 その回数、大人で1時間に23回 子供は4時間で女児(6才)が283回、女児(・・・

【新型コロナウィルス】景気減退?中国製品が品切れ?輸入中国製品紹介

新型コロナウィルスの話題で持ち切りの2月 ニュースで毎日あらたな感染者報道され マスクは品切れで手に入りません。 「手洗いが最重要」と言いますが 手を洗う前に鼻や目を触る可能性が高く 人ごみに出てしまったらそんな対策法あてになりません。 日本中が目に見えないウィルスに ウンザリする日々ですが、ほかの・・・

【足裏パック】放置時間や薬剤の違いと足裏パックの選び方(画像)

足裏パックは 「定期的にやらないとガサガサ足が恥ずかしい」 とケアする人も多い商品です。 皮がベロンとむける面白さもありますが 最近では足裏パックでの「化学やけど」 という火傷のような大変な状態になることが 問題にもなっています。 そもそも足裏パックの薬剤は ケミカルピーリングで使われる 皮膚を溶か・・・

【足裏パック】痛い時の対処方法と正しい使用頻度(画像)

人に見られたくない場所の一つに足裏があります。 キレイでカッコイイ人、おしゃれな人ほど 素足がガザガザ、タコやウオノメが できていたら「なんか・・・」 憧れだった人も急に庶民臭く感じて 日頃のガンバリも帳消しどころかマイナスになります。 見えない所こそ、気を抜けない その一つが足裏なのです。 ところ・・・

【足裏タコ・うおの目】できなくなる方法とおすすめ除去方法

足裏のタコ・うおの目   痛くなくても嫌なものですし、女性はハダシの季節になるとうっかり足裏を見られたら…と思うと密かにコンプレックスだったりします。 ある日友人に「電導殻質リムーバー買ったから見てツルツル~」と自慢されたので「え~私もやった方良いのかなぁ~?」と足裏を見せて撃沈させてしまいました。・・・

【花粉症とアレルギー性鼻炎】見分け方とアレルギーが出にくくなる対処法

花粉症は日本の人口の4割ほどいると言われています。 重症気味の花粉症になる管理人は 例年11月から12月に症状がある日突然 激しいくしゃみ鼻水で鼻の中が腫れ上がり 「鼻水に溺れて死ぬんじゃないか?」 「今すぐ鼻をもぎ取りない」 と、かなり重篤と言える病状が出ます。 一般的に花粉症は1月下旬から2月ご・・・

【花粉症2020】花粉症は冬から始まる?今年の花粉の期間はいつまで?

つらい花粉症のシーズン 春と秋の両方、どちらかだけでも症状がある人は実に辛いものです。 重度の花粉症の人はたくさんいるのに 花粉症の薬が今後、医療費削減のために 病院では保険適応外になるという ニュースがあります(開始時期未定) 花粉症の薬が実費負担になるという事です♯ まったくもって腹立たしいので・・・

【花粉症のマスクの正しいつけ方】マスクの種類・最強マスクの選び方

花粉症となるとくしゃみ鼻みずに悩まされている方も多いものです。 花粉症のシーズン中マスクは絶対手放せないものですが、マスクをしていてもどうしてもその症状を押さえきることができないのは「お徳用マスクすぎるから?」とフッと頭をよぎったり・・・ですがもしかしたら何か他に原因があるからかもしれません。 ■こ・・・

【犬の花粉症の症状判断のしかた】対策・散歩/病院/薬はどうしたいい?

辛い花粉症の季節 それはもはや人間だけじゃなくかわいいわが子のワンちゃんも人間みたいに花粉症になる仔がいます。 人間だって辛いのに、人間より体の小さい愛犬が花粉症なのは見ていてとても辛そうでかわいそうです。 花粉症の季節に何か様子がおかしい、体調が悪そうだったらもしかして花粉症かも? また花粉症だっ・・・

【猫も花粉症になる?】症状と判断の仕方・対策や病院・薬はどうしたらいい?

花粉症の季節  もはや人間だけじゃなくかわいいわが子のネコちゃんも人間みたいに花粉症になる仔がいます。人間だってつら~い花粉症。猫の場合特に注意するのは「毛づくろいによる皮膚のケガ」です。 ■こちらでは ——————&#8212・・・

サブコンテンツ