「美容」の記事一覧

恵方巻2021【コンビニ】比較・値段・カロリー・種類と各社比較

今年2021年の節分は2月2日火曜日です 2021年・令和3年の節分は 節分とは「季節の分かれ目」の日のことです。 「立春(今日から春)」の前の日が節目となるので、立春に合わせるのが節分もずれるのです。 今年はなぜ立春の日がずれるかというと、いわゆる閏年(うるうどし)のようなもので、1年間を二十四節・・・

【静電気を痛がる人と痛くない人の違い】静電気除去グッズいらず!ゼロ円で静電気を感じなくなる方法

冬 寒くて乾燥した季節になると「静電気」の季節が始まります。 テレビ番組などでも「静電気対策特集」とか静電気除去グッズ などが100円ショップや手作り方法など紹介されます。 管理人は静電気にあまり恐怖はないんです。 だって、そんなに痛くないから・・・ 一方の管理人のダンナは異常に静電気を憎み、そして・・・

【日焼け止め】ノンケミカルは赤ちゃんに安全?日焼け止めの違い

日焼け止めというと 美容に興味のある方は年間使用しますし、美容業界は春からどんどんCMなどで宣伝し始めるものです。 薄着になる春先からはうっかりすると日焼けしてしまいます。そこで毎年悩むのが「日焼け止めの種類がありすぎる」「今年は何にしたら良いだろう」ということです。 「ノンケミカル」日焼け止めが安・・・

海・プールで崩れないメイク方法とおすすめブランドとアイテム

夏!楽しみたいのが海やプール! 「どんな水着買おう!」「どこのプールに行こうかな~(^∇^)」とワクワクするものです。   そこで女子なら考えてしまうのが「プールでのメイクってどれくらいすればいいの?」という問題です。 日焼けしたくないし、メイクもしたいから「ガッチリ厚塗り!」ではやはりあまり海やプ・・・

きれいにグレイヘアを作る方法と移行期間メリット・デメリット

大人になると悩むのが・・・白髪染めを始める時期と白髪染めを止めるタイミングです   管理人の母は70代後半で白髪染めをやめましたが、義両親は80代後半でもまだベタっとした墨汁のような白髪染めをし続けています。続ける人は一生続けるのかもしれない白髪染めですが、顔が老けているのに髪だけ黒々としているのは・・・

白髪をキレイな真っ白・銀髪にする方法

美容には流行り廃りがありますが、最近は白髪をあえて染めない「グレイヘア」というごま塩頭でもいいじゃないか!というオシャレもあります。白髪染めのストレスや頭皮へのトラブル回避から、白髪を受け入れていこう!というスタイルです。 ですが、欲を言うならグレイヘアよりシルバーヘア(銀髪)の方が圧倒的に美しいし・・・

【足裏パック】放置時間や薬剤の違いと足裏パックの選び方(画像)

足裏パックは 「定期的にやらないとガサガサ足が恥ずかしい」 とケアする人も多い商品です。 皮がベロンとむける面白さもありますが 最近では足裏パックでの「化学やけど」 という火傷のような大変な状態になることが 問題にもなっています。 そもそも足裏パックの薬剤は ケミカルピーリングで使われる 皮膚を溶か・・・

【足裏パック】痛い時の対処方法と正しい使用頻度(画像)

人に見られたくない場所の一つに足裏があります。 キレイでカッコイイ人、おしゃれな人ほど 素足がガザガザ、タコやウオノメが できていたら「なんか・・・」 憧れだった人も急に庶民臭く感じて 日頃のガンバリも帳消しどころかマイナスになります。 見えない所こそ、気を抜けない その一つが足裏なのです。 ところ・・・

【足裏タコ・うおの目】できなくなる方法とおすすめ除去方法

足裏のタコ・うおの目   痛くなくても嫌なものですし、女性はハダシの季節になるとうっかり足裏を見られたら…と思うと密かにコンプレックスだったりします。 ある日友人に「電導殻質リムーバー買ったから見てツルツル~」と自慢されたので「え~私もやった方良いのかなぁ~?」と足裏を見せて撃沈させてしまいました。・・・

毛穴の黒ずみは毛抜きOK?毛穴の黒ずみが治らない原因と根本的解決方法

イチゴ鼻という言葉が生まれたのはいつの頃でしょう 10代から鼻の毛穴の黒ずみに悩み まだ正しいケア情報もスキンケア用品も 充実していなかった時代 自分の顔にコンプレックスだらけで 鼻の事は見て見ぬフリで生きてきました。 アラフィフの現在 年齢的に皮脂も激減し悩みは 気にならない程度になりました。 だ・・・

サブコンテンツ